真昼のプリニウス (中公文庫)

  • 340人登録
  • 3.68評価
    • (38)
    • (39)
    • (66)
    • (6)
    • (3)
  • 41レビュー
著者 : 池澤夏樹
  • 中央公論社 (1993年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122020368

真昼のプリニウス (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 火山学者である頼子は、広告の仕事をしている門田と出会い、彼にある嫌悪感を抱く。門田はあまりにも軽率に言葉を濫用している。彼の仕事は頼子に言わせれば「贋の物語、贋の神話を作って、それを新製品にもったいぶってくっつけること」であり、彼自信が言葉や妄想で真実や本当の気持ちを覆ってしまい、ずいぶんと不誠実な人間だと頼子には思えた。しかし、彼に対するこの嫌悪感はすぐに頼子自信に返ってくる。彼女もまた科学という権威ある神話の中で安穏と生活をしている。火山が噴火するメカニズムは解けても、真に迫りくる脅威としての火山は知らない。頼子もまた閉じられた神話の中で生きていたことに気づく。そして、世界の真実に迫るために科学の外部へと一歩を踏み出すところで小説は終わる。

    たまには世に溢れかえった情報から逃避して、からっぽの状態で世界に向き合うことのススメ。

  • 科学的な思考で鍛えられた女性教授が、弟を介して門田という男と出会い、彼の「非実用的な」事業を聞く。彼の事業は後に易と関わりを持ち、彼女はいつしか、科学的・合理的な思考を越えたものに誘われ、単身で浅間山を目指す。

    門田の事業だけでなく、メキシコにいる壮伍という男との手紙のやり取り、天明三年の浅間山噴火を生き延びた女性の手記と彼女との
    「架空の対話」など、興味深いエピソードをうまく配して、主人公の感性の変化を描く。

    池澤夏樹氏の小説は、文体も物語もさっぱりしていて、読後感も非常に心地が良い。海外で暮らされていたことが一因としてあるのかもしれないですね。

  • 本を読むときに、作家がどのレベルで人間を見ているかということを感じるのはとても重要で、そのレベルがわたしと一致しているかわたしの求めるものでない限り、読書というのは多かれ少なかれ空虚なものになりがちだとおもう。池澤夏樹の人間に対する向き合い方はすごく好き。好感が持てる。それに加えて、この本では自然の描き方もとても素敵だった。自然に向き合ってきた人の書き方だと、体感ゆえの書き方だと、だからこんなに迫ってくるものがあるのだとおもう。理系の煌めきをぎゅっと文学に凝縮するものの、物語としての魅力を失わせないストーリーテラーとしての才能。好きすぎる。真昼のプリニウスだと、読み終わったあとに思わず呟いてしまう。上手すぎる。

  • 女性火山学者が主人公のお話。
    学問でも生き方でも、この頃、私たちは情報や理屈などに頼りすぎている。
    言葉や考えはそれほど頼りになるものではないよ。
    と池澤さんが考えておられるのを文中から感じました。
    作家だからよりそう感じるのかもしれません。

    あっちに世界があって、こっちに人がいて…ではなく、人があってこそ世界があるのではないか。だから人の数だけ、異なる世界があってもよいし、もっと感覚的に自分が真実だと思う世界を探そうとする心がけが必要なんじゃないか。そんなことを考えました。

  • 世界を理解するためにはどのような態度をとるべきかのヒントになる。自らに都合のよい部分を切り取ってつくりあげた物語や神話に(宗教もそうかも)、居心地の良さを求めるか、あるは己の好奇心を原動力とする自然科学的探究の行動を実践するのか。後者を選ぶときにはプリニウスや野ウサギの運命のような過酷さを受け入れる覚悟が必要だということ。その覚悟をきめ、行動することを選ぶ火山地質研究者・頼子の逞しさ。

    頼子の意識が、ハツの手記、壮伍の手紙、戸井田教授、神崎、門田との交流を通して研ぎ澄まされていくのが、この小説の醍醐味だろう。浅間山が舞台となる印象的な終幕。読後の余韻が深い。

  • 言葉にしたらすべて嘘になってしまう。くっきりと輪郭を持ってしまうと除外されていくものがある。嘘にしたくない。なにも除外したくない。全部知りたい

  • 女性火山研究者の世界の見方、生き方と迷い。

    理系的な池澤夏樹の世界観。

  • 人は、なぜ手紙を書くのか。

  • 読みやすい中に熱いなにかが潜み隠れてる気がする。当たり前だが・・読了後にゆるく静かに熱く語りたくなる一冊オールドクロウ飲みながら・・

  • やや青臭さを感じ、そこに好感を覚えた。

全41件中 1 - 10件を表示

池澤夏樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

真昼のプリニウス (中公文庫)に関連する談話室の質問

真昼のプリニウス (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

真昼のプリニウス (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真昼のプリニウス (中公文庫)の作品紹介

私はここまで来た。この山に、この身に、この心に、何が起こるかを見に来た-。浅間山頂の景観のなかに、待望のその時は近づきつつある。古代ローマの博物学者プリニウスのように、噴火で生命を失うことがあるとしても、世界の存在そのものを見極めるために火口に佇む女性火山学者。誠実に世界と向きあう人間の意識の変容を追って、新しい小説の可能性を示す名作。

真昼のプリニウス (中公文庫)の単行本

真昼のプリニウス (中公文庫)のKindle版

ツイートする