散華―紫式部の生涯〈上〉 (中公文庫)

  • 56人登録
  • 3.43評価
    • (4)
    • (3)
    • (12)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 杉本苑子
  • 中央公論社 (1994年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (567ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122020603

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

散華―紫式部の生涯〈上〉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  •  副題の通り、紫式部の生涯を現代小説として綴った作品。

     今更くどくど言うまでもなく、平安時代の女性の生き様というのは表に出てこない。、千年の時間に耐えうる文学作品を醸した女性作家の名前すら判然としないというのが現状なので、これを「小説」として書く際は、どうしてもかなりの部分を資料からの推測と、個人の想像(創作)で補うこととなる。
     もちろん読み手はそうした作家の個性の差異を味わい、楽しんで読めばいいのであるけれど ――― 個人的な感触だが、やはり女性作家の一生は、同性の作家の手になるほうが、より面白く共感ができる内容に仕上がっている気がするのだ。
     
     というわけで、これは、杉本苑子の手になる「紫式部の一生」のお話となる。
     歴史小説家として定評のある彼女だけあって、時代考証もしっかりしており、書かれていることを鵜呑みにしても恥をかくことはないはず。
    (まあ、清少納言と式部がリアルに出会っていた、という創作面ではさておいて(笑))
    文体も読みやすく、式部の人柄も「地味で誠実」な感情移入しやすいタイプとして設定されているので、スムーズに平安時代に入っていけるのもよい。出版後に「この時代、女性はどうやって髪を洗っていたのか」「洗濯は?」「食事の支度は?」という質問が多く寄せられた = 自分たちの生活と身近に感じることが出来た、ということでも、この小説の価値は示されていると思います。

全3件中 1 - 3件を表示

散華―紫式部の生涯〈上〉 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

散華―紫式部の生涯〈上〉 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

散華―紫式部の生涯〈上〉 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

散華―紫式部の生涯〈上〉 (中公文庫)はこんな本です

散華―紫式部の生涯〈上〉 (中公文庫)のハードカバー

ツイートする