空海の風景〈下〉 (中公文庫)

  • 741人登録
  • 3.67評価
    • (49)
    • (79)
    • (101)
    • (10)
    • (3)
  • 64レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 中央公論社 (1994年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (417ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122020771

空海の風景〈下〉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 空海と最澄とのやり取りは緊張感を伴うものだ。読者としては空海に肩入れしており、最澄の密教に対する教えの乞い方は、偶然同じ船団で渡唐した時の差別的扱い等も伏線になり、反感を覚えざるを得ない。最澄なりの考えがあればこそ天台宗が平成の現代でも受け継がれているのだろうが。平安期、日本よりはるかに進んだ世界(長安とそこに居住する外国人のいる文化)を見て帰国した空海の、日本を見る目とそれに伴う孤独もイメージされる、人間・空海への理解が深まる良書で、真言密教にも興味が湧いた。我が住む街も真言宗の寺院が多いな~

  • 下巻は、なんだか夢中になって、あっという間に読んでしまった。
    唐から帰国し、密教の確立に奮闘する空海。生真面目っこ最澄との確執。
    空海の超人的な面と、アクの強い人間味溢れた面と、どちらも納得する司馬遼太郎の解釈(妄想?)でした。

    信仰の対象としての「お大師さん」も、それはそれでなんだかあったかくて親しみやすい人物像だったのだけれど、これからは、人間だったんだなぁという奇妙な安心感を持って受け止められそうな気がします。

    大安寺、高尾寺、乙訓寺、東大寺真言院、東寺そして高野山…初めてのお寺もお馴染みのお寺もあるけど、今度、空海がいた時代の風景を意識してお参りしてみようと思います。

  • 空海最澄

  • 1977年刊行。司馬遼太郎が描く空海の人物評伝の下巻。唐からの帰国から日本での真言密教の開始・発展。そして空海の死に至るまで。◆空海が世に出てきたこともあり、下巻の方が面白い。薬子の変の模様、嵯峨天皇との関係、密教を欲する最澄との関係と確執、高野山開祖の点等々。また、真言密教の影響を受けた東大寺の有り様も同様か。◆空海評伝からは外れるが、やはり著者の博覧強記と叙述の広大さ、それを基礎づける取材と調査の濃密さにしてやられる。

  • 小説、ではあるのかもだけど、司馬遼太郎が空海の小説を書くための手帳であり、絵コンテであり、下書きだったり、時々本稿だったりする。適当な言葉を探せば、その過程をライブで見るような、ロードムービーとも言えるんじゃないだろうか。集中して一気読みする類ではなかったので、他の小説読む合間にちょこちょこ読んでたら、読み終わるまで半年以上かかってしまった。しかし、読み終わっても、密教なるものの定義がやっぱり未だにわからない。。あれ?そもそも仏教なのこれ?って疑問は残ったまま。高野山の風景はもちろん仏教のそれなんですけど。んー、わからんが、密教自体に興味はないので、まぁ、よしです。

  • 解説書のような読み難さに耐えつつ、何とか上下巻読了。

    空海が凄い天才であった事はわかりました。ただ、人として好きになれたかは・・微妙ですね。(あくまでこの小説を読んでの、ある意味、キャラとしては。ということですが。)
    個人的には、最澄に“不憫萌え”です。

  •  司馬節炸裂の一書。知的な歴史世界に誘ってくれる歴史随筆の体をとりながら、主人公・空海と格好のライバルとなる最澄という人物像を豊かに描いた小説でもある。当時の時代背景を、日本にとどまらず中国、インドまで広げてとりあげながら、それを材料にして、まるで塑像をつくるように、空海と最澄という対照的な人物の特徴を少しずつ顕わにしていく手法は見事と言う他ない。
     以下、本書を読んで、私が抱いた「最澄」像、「空海」像。最澄は、渡来系の家に生まれ、仏僧になるべくなったというコースを青年期に過ごしていく。嫌みのない秀才であり、合理性と率直さを合わせ持った好人物であった。しかし、秀才の視点は合理的であるがゆえに、時代の変異に目が向きにくい。最澄にとって一番大切だったことは奈良仏教の学問的宗教を本当の意味での宗教として再生することであった。時代が密教を求めていることに気付かないわけではなかったが、自分の論理にこだわった。
     空海は、「土着系」であり、当時のいわゆる国選コース(朝廷の選んだ仏僧)に入ることなく、私度僧として、ときには修験者のような生活を送ってきた。そのときの経験が空海を密教に引きつける。最澄同様、論をつくることに優れてはいるが、空海の場合その根本に直観がある。理詰めの哲学者であると同時に、神秘性を秘めた宗教家であった。それが時代の要求に合った。入唐までは、最澄が空海を圧倒していながら、帰国後、力関係が大きく逆転してしまうのは、そのためだ。
     二人の後半生を見れば、空海は大成功を収めた。最澄を贔屓にしていた桓武天皇が死んで、空海の文才を高く買った嵯峨天皇に交代したという事情も運命の反転に影響を与えている。しかし、もう少し歴史を下った時点から眺め直してみれば、最澄が興した天台宗は、比叡山をいわば仏教の総合大学のように運営することによって、次々と名僧を輩出したが、空海の真言宗は開祖が偉大すぎたからか、教学の点では天台宗に及ばなかったのではないか。それも、この二人の偉大な宗教家が交錯した歴史の一場がもたらした結果である。

  • 空海と最澄の関係も描かれていきます。
    知らなかったことばかりです。
    真言宗と空海のことが、だいぶわかってきました。
    それにしても、司馬遼太郎の資料の読み込み力、調べる力は相変わらずすごいです。

  • 死を感じ、五穀を断つ。自分にはできないだろう。密教を仏教の一つと思っていた38年間が恥ずかしい。

  •  密教とは何ぞや、現世を否定する釈迦の仏教に対して「現世という実在もその諸現象も宇宙の真理のあらわれである」いうことを密教の創始者は考えた。そして宇宙の真理と交信するために魔術、呪文、マジナイのたぐいを利用した(P104~参照)現世のご利益にあずかる趣旨の神社(土俗)風なものとわたしは思える。この密教が当時の政権に大いに受け入れられる。

     南北朝時代の真言立川流って何、詳しく知りたいかたはググってね(笑 そして何よりもあの有名な、空海が弥勒菩薩とともに下生するといわれた56億7千万年という数字が銀河の一回転(ニネヴェ定数)とかかわりがあるらしい、なにかと謎の多い空海であった。

全64件中 1 - 10件を表示

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

空海の風景〈下〉 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空海の風景〈下〉 (中公文庫)の作品紹介

大陸文明と日本文明の結びつきを達成した空海は、哲学宗教文学教育、医療施薬から土木灌漑建築まで、八面六臀の活躍を続ける。その死の秘密をもふくめて描く完結篇。昭和五十年度芸術院恩賜賞受賞。

空海の風景〈下〉 (中公文庫)の単行本

空海の風景〈下〉 (中公文庫)のKindle版

空海の風景〈下〉 (中公文庫)の単行本

ツイートする