シュガータイム (中公文庫)

  • 1736人登録
  • 3.31評価
    • (62)
    • (176)
    • (409)
    • (53)
    • (12)
  • 218レビュー
著者 : 小川洋子
  • 中央公論社 (1994年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122020863

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 弘美
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

シュガータイム (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 季節の描写がものすごく美しくて、はかなげで淋しい感じがした。
    多感な年頃って、いったいいつのことを言うのだろう。
    人間って淋しい生き物なんだなぁって思う。
    真由子の友情が健気で、優しい。

    決して力強い文章ではないのに、何だか勇気づけられる。

  • ある日突然果てしない食欲に駆られ始めた大学生のかおる。過食症ではないし、どれだけ食べ続けても太るわけでもないという不可思議な症状に見舞われた彼女は、奇妙な日記をつけ始める。
    親友の真由子、恋人の吉田さん、そして身長が伸びない難病に冒されている弟の航平。
    かおるの残りわずかな大学生活を綴る不思議な青春小説。

    小川洋子さんの小説の主人公(女性が多い気がする)は、どんな大変な事態に見舞われていても、大抵淡々としている。
    自分に起きていることなのに、どこか俯瞰で見ているような。
    この小説の主人公のかおるも、突如異常な食欲に襲われて悩んでいるはずなのに、どこか冷めていて、その事態をとりあえず楽しんでみているようにさえ感じられる。

    孤独、という言葉が読んでいる間ずっと頭の片隅にあった。
    親しい人たちに囲まれ、ふれ合うことで日々生きているのだけど、基本的に人はひとりだという、そういう感じ。
    とくにかおると吉田さんの関係は儚く、淋しい感じがした。
    そして難病を抱えつつ毅然と生きる航平の清廉さにも、孤独という言葉がつねにつきまとっているように思った。

    透明で、現代の物語なのにどこか浮世離れしていて、童話を読んでいるような気にさえなる小川洋子ワールドがやっぱり好きだ。すべてにその雰囲気が共通しているなんて本当に見事だと思う。
    熱くない青春小説。そういうのもたまには、いい。

  • 心の隙間を埋めるものは色々あるけれど、大切な人とのあたたかい食事はなにものにもまさるのではないでしょうか。

    主人公の膨大に膨れていく際限のない食欲は、主人公が気づいていない心の隙間を埋める代替手段に感じる。

    一人で食べる食事の風景は普通にみたらグロテスクなのに、この小説の中ではむしろ静かでとても美しい。喉を滑り落ちて胃の腑に落ち着く食べ物たち。異常な状態なのに、病的でないところが物哀しさを感じさせる。

    弟との小さな食事会を開く主人公。自分のためだけにしていた食事と明らかに違う食事の風景。そこには特別なものはなく、ありふれた食器を使い、ワインも高級なものではない。

    しかしそこに至るまで共に食事をする弟のことを思いながら献立を考え、テーブルを飾り付け準備をし、あたたかな食事会を作り上げる。そこで二人で静かな、満たされた食事をすることにより、一人で膨らんでいた暴力的な食欲から主人公が解放された。それは一人でも食べ物でも埋められないものを、見つめ直す時間でもあったように感じる。

    心の隙間は自分でみつめなければならないものである。埋めてみたり、そのままで放って置いたり人によって向き合い方は違う。けれど、辛いときは人に支えてもらってもいいじゃない。解決の糸口は他者との交流から生まれることも多々あるのだ。

  • モヤっとした読了感...

    主人公が吉田さんを神聖化しすぎてて共感ができなかった。
    航平が物語の中で唯一現実的だったような気がする。

  • 奇妙な日記が野球場できらきらと紙吹雪になって舞う終わり方が好き。良いことにも、悪いことにも、いろいろなことに終わりが来たんだなって。

  • 読み始め…06.11.22
    読み終わり…06.11.24

    小川洋子さんの小説は私にとってビタミン剤の薬のようななもの。たった一行読んだだけで身体の中にすーっと溶け込むように流れ込んで一ページ目が読み終わる頃には身体中に浸透してしまう・・。まるで魔薬です。

    この際ストーリーなんてどうでもいい・・。といってしまっては大変失礼なことかもしれないのですがほんとにそうなのです。

    小川さんのフレーズに酔い
    溺れることが快感。

  • あとがきの
    「この小説はもしかしたら、満足に熟さないで落ちてしまった、固すぎる木の実のようなものかもしれない。」
    というのが、小川洋子らしい気がしていい。

  • 村上春樹色強い
    弟の瞬きの美しさが伝わってきて
    それだけで弟を好きになってしまう
    青春小説と言われれば、小川さんの他の作品より
    確かにそうだ

    物語の感想
    ネタバレ↓

    どうにもこうにも吉田がひどい
    勝手すぎる
    主人公をおいて帰ったり
    最後の別れを手紙だけにしたり
    他の女の存在を、彼にとってどんな存在かまで書いて
    挙句の果てに「傷つかないでほしい」とか
    どんなけ勝手やねんっていう
    二度と読まない

  • おもしろい。けど、主人公やその友だち、恋人とのやりとりが好きになれない。話し言葉がていねいすぎて、、そして、口に出すにはちょっとキザすぎるんじゃないだろうか、という台詞があって、馴染めなかった。
    中途半端な印章が残る作品。
    後から知ったが、小川洋子、初めての長編らしい。後に書いた作品の方がだんぜん好きだー!
    あとがきで、林真理子が「締めくくりはあきらかに余計である」「この最初の長編小説を書いていた頃、小川洋子は自分のヘンにまだ腹をくくっていなかったに違いない」と、突っ込んでいて、そこがとてもよかった。

  • 青春小説と言われて、ああ、そうだったんだ、と読んだあと気づいた。ただ、小川洋子の小説として読んでいたので。吉田さんからの手紙では、息がつまるかと思った。静かでとても美しい。オーロラの中での二人の生活は、どんなものか想像してしまう。

  • なんだろう、いまいちぱっとしなかったなあ、という感じ。嫌いじゃない、嫌いじゃないけど、違うかなあ。うーん。

  • 異常な食欲に取り憑かれた大学4年生女子の話。
    (体重が変わらないようなのがうらやましい…。)

    小川洋子の小説は怖い。

    「物語にして残しておきたいと願うような」「奥深い何か」を小川洋子らしい「しつこさ」を持って書き付ける。
    ただひたすらに、観察し、描写する。
    それを読む私は焦れる。
    その「奥深い何か」の正体については語られないからだ。
    国語のテストのように「奥深い何かとは何か」と聞かれれば、敢えて答えることはできそうな気がする。
    でもそれは言い当ててはならない禁忌のような気もするのだ。

    だから彼女の小説はホラーなのだ。

  • よくわからなかったけど、小川洋子さんらしさってのが出ていた。
    僕、そして友達はずっと同じ毎日を過ごしているようで、終わりなんて考えない。でも心のどこかでは思っていていつかはみんな変わっていく。
    その時を仲間で過ごせたら、すごく幸せだと思う。

  • どこか遠い日の記憶がほろりと零れ落ちてきたようなそんな物語。
    日々、ざわざわしたことが起きているはずなのに、淡々と物語は進む。しんと静かな時がさらりと、でも確実に積み重ねられていくような・・・。こういう静けさが漂う物語に身をゆだねられている時間が今、いちばん心安らぐ。

  • パウンドケーキを作ってひとりでこっそり食べたくなりました。

  • 異常食欲。
    「わたしたちのシュガータイムにも、終わりがあるっていうことね」とか言っちゃうこの青さ、は、ともかく、これは好きだ。
    たとえ「サンシャイン・マーケット」が、ばななみたいだなあと思ったとしてもだ。

    ところでこの小さい弟は、小川洋子のほかの短編の、腕が下がらなくなってしまった背泳ぎの選手を思い浮かべるなあ。

  • 読み始めてすぐに意外な感じを受けた。
    主人公のかおるが異常な食欲に襲われるとか、彼女の弟が背が伸びない難病を患っているとか、“小川洋子的”要素は備えながらも、かおるは女子大生で、試験があり大学野球のリーグ戦があり…いわゆる普通の日常が綴られている。
    ただどんなに登場人物たちが若々しく活動しようとも、静止画のような静ひつな空気は相変わらず流れている。そこはやはり不思議だなぁと思う。
    シュガータイムをとっくに終えてしまった身としては、その静けさに救われ、安心してかおるに寄り添うことができた。

  • 最近食欲が異常。
    目に映るもの、というか身近に有るものすべて食べたくなるし、
    一度食べ始めたら満足するまで食べ続けちゃう。ちょっと摂食障害かも。
    この本の主人公もそんな症状の人。すごく共感できた。
    作者の小川さんはこの本にどうしても"残しておきたいと願うような何か"
    を書いたとのことだけど、それはもうこの症状のことなのかと
    思うしかないくらいには共感した。
    小川さんの文章らしい、事実を無表情な感じで積み重ねてく文は好き。
    ウソや飾りがもなく、純粋な感じがして好き。

    その純粋な感じによる信頼感が、
    軽いようで重い気持ちを込めた言葉を
    淡々と積み重ねて表現されてる最後の夕食会の一部始終の
    静謐で神聖な感じを引き立てるのに
    大きな効果があったんじゃないかなって思った。

    結構感動した。

  • 小川“ノワール”洋子の恋愛小説。
    明るくなくて、ちょっと痛い感じがなかなかよいです。

    異常な食欲を持つようになった女子大生、かおる。
    いたって健康で太ることもなく、その日食べたものを全て日記につけている。
    よき理解者である友人の真由子、大学院で金属の研究をしている恋人の吉田、そして特別な存在である「小さな弟」の航平。
    ハタチ頃の甘さとほろ苦さと、何かを突き破れないもどかしさ。

    青春恋愛小説、でありながら、食べ物の生々しい描写、不可解な病気、病院での診察、などを織り交ぜて、小川ワールドを展開。
    初期の作品のせいか、ノワール度が中途半端だし、「ここは特にいらないんじゃないかな」とか思う箇所もあったりする。
    なので、「博士の愛した数式」と比べると構成力、洗練度では劣る感じ。
    ただ、その不器用な率直さが、青春時代の恋愛という雰囲気にあっている、とも思いました。

    ちょっと痛い、という感じ、思い出したいときにはいいかもしれない。
    ノワール洋子ファンにはやや物足りない、かな。

  • やわらかく流れていくような小説だった。
    でもやはり、食べ物の描写がグロテスク。そこもいいところなのだけど。

  • 小川作品らしく登場人物全員が優しく 少しずつ世間とはずれている。
    最後が唐突だったので「あれれ?」と思いつつ読了。
    あとがきにも「余計」と書かれていたもののその「余計」な部分が
    初期の小川さんの照れみたいな ものだったんだなと納得できました。

    1991年、26年前の作品。就職氷河期前。作中の最初のほうで
    主人公は大学4年生になるものの就職については一切出てこず、
    就活してる様子もなく、2017年現在では書かれることのない小説なんだろうなぁ。

  • 突き刺さるような悲しみも 身体に起こった異常な変化も さらさらと美しく丁寧に語られ淡々とした低い温度で流れて行く。
    重たくてやり切れない思いは静かにゆっくりとしか進んでくれない。
    大袈裟に騒ぐことなく美しさと少しの毒をもって描かれる小川さんの物語
    この感じが自分にとてもしっくりくる。

  • 奇妙や異常が普通や平常として入ってくる。

  • 静かに淡々と物語が進んでいく。
    文章の美しさの中に毒があり、何とも言えない不思議な気持ちになる。

全218件中 1 - 25件を表示

シュガータイム (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シュガータイム (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シュガータイム (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする