シュガータイム (中公文庫)

  • 1724人登録
  • 3.31評価
    • (62)
    • (173)
    • (410)
    • (53)
    • (11)
  • 215レビュー
著者 : 小川洋子
  • 中央公論社 (1994年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122020863

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シュガータイム (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 静かに淡々と物語が進んでいく。
    文章の美しさの中に毒があり、何とも言えない不思議な気持ちになる。

  • 文章が美しい。描写が丁寧で生き生きとしていて、読んでいて楽しめた。

  • モヤっとした読了感...

    主人公が吉田さんを神聖化しすぎてて共感ができなかった。
    航平が物語の中で唯一現実的だったような気がする。

  • 奇妙な日記が野球場できらきらと紙吹雪になって舞う終わり方が好き。良いことにも、悪いことにも、いろいろなことに終わりが来たんだなって。

  • 終始食欲が絡みついていた。
    吉田さんのいう、人と人が互いに含まれあっているって、どんな感じだろう。
    うきうきと心はずむような感情ではなくて、哀しみに近い、愛しく哀れで、涙さえ滲んできそうな感情というのは、分かる気がするけれど。

  • 哀しみをしっかりと味わう。

    食欲のとりこになった主人公。そこから離れ、ソ連まで旅立つ恋人。血の繋がらない小人の弟は祈りと精神性が凝縮している。

    晩餐の場面がとてもいい。

    解説の林真理子のこの部分は余計だ、の指摘がズバリだ。おかげで本作は文学になれた。

  • ある日突然果てしない食欲に駆られ始めた大学生のかおる。過食症ではないし、どれだけ食べ続けても太るわけでもないという不可思議な症状に見舞われた彼女は、奇妙な日記をつけ始める。
    親友の真由子、恋人の吉田さん、そして身長が伸びない難病に冒されている弟の航平。
    かおるの残りわずかな大学生活を綴る不思議な青春小説。

    小川洋子さんの小説の主人公(女性が多い気がする)は、どんな大変な事態に見舞われていても、大抵淡々としている。
    自分に起きていることなのに、どこか俯瞰で見ているような。
    この小説の主人公のかおるも、突如異常な食欲に襲われて悩んでいるはずなのに、どこか冷めていて、その事態をとりあえず楽しんでみているようにさえ感じられる。

    孤独、という言葉が読んでいる間ずっと頭の片隅にあった。
    親しい人たちに囲まれ、ふれ合うことで日々生きているのだけど、基本的に人はひとりだという、そういう感じ。
    とくにかおると吉田さんの関係は儚く、淋しい感じがした。
    そして難病を抱えつつ毅然と生きる航平の清廉さにも、孤独という言葉がつねにつきまとっているように思った。

    透明で、現代の物語なのにどこか浮世離れしていて、童話を読んでいるような気にさえなる小川洋子ワールドがやっぱり好きだ。すべてにその雰囲気が共通しているなんて本当に見事だと思う。
    熱くない青春小説。そういうのもたまには、いい。

  • 病気の弟を最初に見た時(この子について何も感じないでいることは絶対に無理だ)と直感した主人公。その後彼女は過食になる。症状は違えども他人から見たら異常なふたり。それは"お互いに含まれあっている"ということなのだろう。主人公の彼氏も同じように、何も感じないでいることができない人と出逢ってしまう。"僕たちはお互いに、含まれあっているのです。""僕は彼女に、彼女は僕に。"主人公が彼をゆっくり失っていくのが胸を抉られるように辛かった。

  • 読み始め…06.11.22
    読み終わり…06.11.24

    小川洋子さんの小説は私にとってビタミン剤の薬のようななもの。たった一行読んだだけで身体の中にすーっと溶け込むように流れ込んで一ページ目が読み終わる頃には身体中に浸透してしまう・・。まるで魔薬です。

    この際ストーリーなんてどうでもいい・・。といってしまっては大変失礼なことかもしれないのですがほんとにそうなのです。

    小川さんのフレーズに酔い
    溺れることが快感。

  • あとがきの
    「この小説はもしかしたら、満足に熟さないで落ちてしまった、固すぎる木の実のようなものかもしれない。」
    というのが、小川洋子らしい気がしていい。

  • 小川さんの読んでいない小説が図書館にあったので、借りて読んだ本。なかなか良かった。精神的に参ってるときに空腹感が常にある(もしくは無い)感覚を知ってる人なら、共感できる気がする。

  • 主人公の中で何かが死んで、何かが生まれたお話。

    あとがきにて作者が書いているように、
    後の作品の基盤になっている小説だと思います。

  • 言葉選びがすごく丁寧で、読みやすい物語だった。
    所々の描写はリアルで、頭にかおるが思い浮かべてるであろうものときっと同じものが浮かんだ。

    大学生になって、たまに過食したくなることがあるので、かおるの気持ちがわかるような気がしたけれど、総括してこの物語に出てくる食べ物は、過食というフィルターを感じさせない。透明で、原点のような、素直に美味しそうな食べ物。
    いくつかの原因が重なり、食べることがオーバーヒートしていても、食べることがわたしたちに齎すものが丹念に伝わる。
    航平と、真由子の存在が心地よく安心してページを捲れた。
    わたしの身の回りにも何人かいる、絶対安心できる存在。
    いろいろなことを重ねて、さらりと考えたくなる話だった。

  • 砂糖菓子みたいにもろいから
    余計にいとおしくて、
    でも独り占めにしすぎると
    胸が苦しくなるの。

    とてもお腹がすきます 笑

  • サンシャインマーケット

  • 94年に出版された本なんですね。
    登場人物に年齢と名前が付いていたので驚きました。
    ちょっと物足りない。

  • 一言で説明すれば、失恋を描いた青春小説ということになるのでしょうが、こんな描き方があったのか!というくらい独特で魅力的な作品です。
    一度目に読んだときは、主人公におとずれる体の変化のほうに関心がいっていたのですが、何度も読むうちに、主人公の弟や女友達とのつながりのほうに感動を覚えるようになりました。
    作者の小川洋子さんは、以前エッセイかインタビューで、自分の経験をそのまま作品の中で描いたことは1度しかないとおっしゃっていましたが、この作品を読んでいると、作者がどんな学生時代を送ってきたのか少しですが想像できるような気がします。

  • 何が何だかよく分からない小説だった。

  • おもしろい。けど、主人公やその友だち、恋人とのやりとりが好きになれない。話し言葉がていねいすぎて、、そして、口に出すにはちょっとキザすぎるんじゃないだろうか、という台詞があって、馴染めなかった。
    中途半端な印章が残る作品。
    後から知ったが、小川洋子、初めての長編らしい。後に書いた作品の方がだんぜん好きだー!
    あとがきで、林真理子が「締めくくりはあきらかに余計である」「この最初の長編小説を書いていた頃、小川洋子は自分のヘンにまだ腹をくくっていなかったに違いない」と、突っ込んでいて、そこがとてもよかった。

  • ドーナツおいしそう。
    最後が無理にまとめたみたいで変。

  • 一言であらわすなら、奇妙な感覚にとらわれるゆったりとした物語。
    読む人によってとらえ方が全然違うと思う。
    誰かが語る感想や内容を聞くよりも、自分で読んで感じたことを大切にしたほうがいいな、と思えるようになる一冊。

  • 運命の人には勝てないんだ
    自分にとっては運命の人でも相手にとってはそうじゃない、別に相手がいるなんて信じたくない
    吉田さんの手紙ののところに変に共感した

  • 食べ物の描写がおいしそうで、目に浮かぶほど。
    恋愛の部分はよくわからんちん。
    こういう関係も、こういう別れもあるんだろうとは思うけれど。

全215件中 1 - 25件を表示

シュガータイム (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シュガータイム (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする