奇食珍食 (中公文庫)

  • 108人登録
  • 3.19評価
    • (2)
    • (7)
    • (24)
    • (4)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 小泉武夫
  • 中央公論社 (1994年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122020887

奇食珍食 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 虫や鳥、爬虫類から哺乳類、果ては灰に至る世界のあらゆる食べ物を紹介している本。
    あとがきでも述べているが、「いかもの食い」や「悪食」の観点で書いた本ではないので、料理や食文化をこき下ろすような事は書かれていない。

    魯山人の本を読むと思わず涎が垂れてくるが、こちらはさらっと書かれているので肩に力を入れずに読むことが出来る。

    ちなみに本書に出てきた新宿『朝起』は行ったことがある。
    山椒魚の黒焼きと豚の睾丸の刺身を食してみたが、黒焼きは味がほとんどなく魚の骨を齧ってるような感覚。
    刺身のほうは、脂が乗ったとても濃厚な味で、歯ごたえもありレバ刺しを食べる感覚に近い。

    次は渋谷にある『元祖くじら屋』に行ってみたい。

  • 虫食いの章がやはり面白い。「もやしもん」等の奇食作品の元ネタがゾロゾロと出てくるので、そちら方面の方は必携の1冊。故佐々木侃司氏の表紙のイラストも最高。小泉さんの話と合うんだよね。別の意味で(?)。

  • 世界の変わった食べ物、食べ方の本。

    しかし、食べる材料、品種では中国でも及ばないという日本食が一番ゲテモノ食いだと言う本。興味深々で面白かった。

  • 以前,泊まり込みの生態調査でご一緒した方と話をしていて,
    勧められた一冊.

    確かに,奇食珍食だ.
    でも,日本の食文化も,海外から見たら奇食珍食なのかもしれない.

    「食」に関する著作が多い著者だけれど,ある意味,この本は別格
    なのかもしれない.

    食に興味のある方は,一度どうぞ(笑)

  • 日経新聞で小泉武夫さんが連載してらっしゃるのですが、それがあまりにも幸福であまりにも美味しそうなので、別の著書を買って読んでみました。

  • 蚊の目玉スープからカミキリムシの蛹、オタマジャクシ、ヒルのソーセージまで、昆虫であろうと爬虫類両生類であろうと灰であろうと食べつくす、世界津々浦々の珍しいしかも理にかなつた食の生態。「食の冒険家」が自分の舌で取材したうんちくレポート。

  • 上品な語り口とあふれる含蓄。うまいものもいかものも全て食いもんだ。
    非常に面白い。

  • 一番心惹かれた「蚊の目玉のスープ」がアミのような小さなエビの子の目玉とネタバレされてちょっとガッカリでした。
    いわゆる「いかもの食い」ではない、作者の食への探究心はやっぱり面白いです。

  • 何を食べるか、考える。

  • ご存じ小泉武雄教授の発酵食品エッセイ.
    氏の発酵食品系エッセイの中で,僕はこれが一番好きである.
    本作も材料別に食品を紹介しているが,魚や動物肉以外にも,灰などの特殊食材(?)も登場しており,なかなか興味深い.
    作中にいくつか伝聞情報のみで実際には食していない食材も登場し,恐らく今後食す予定もないのだろうが,同一人物による多様な経験・評価をウリにしているだけに物足りなさを感じる.

    ※<a href="http://osakanabanashi.seesaa.net/article/105301291.html" target="_blank">当方ブログの蔵書目録コーナー</a>には,ブクログに登録できない古書・洋書・珍書リンクなどもありますので,もし魚本倉庫に興味をお持ちの方は,<a href="http://osakanabanashi.seesaa.net/article/105301291.html" target="_blank">こちら</a>も併せて御覧ください.

全14件中 1 - 10件を表示

小泉武夫の作品

奇食珍食 (中公文庫)に関連する談話室の質問

奇食珍食 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

奇食珍食 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

奇食珍食 (中公文庫)の作品紹介

蚊の目玉スープからカミキリムシの蛹、オタマジャクシ、ヒルのソーセージまで、昆虫であろうと爬虫類両生類であろうと灰であろうと食べつくす、世界津々浦々の珍しいしかも理にかなつた食の生態。「食の冒険家」が自分の舌で取材したうんちくレポート。

奇食珍食 (中公文庫)はこんな本です

奇食珍食 (中公文庫)の単行本

ツイートする