易の世界 (中公文庫)

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 加地 伸行 
  • 中央公論社 (1994年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122020917

易の世界 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 目次:
    はじめに―易入門(加地伸行)
    第一章 易をめぐって
    『易』のイメージとシンボル(山﨑みどり)/易の文章(山川英彦)/日本人と易(山中浩之)/中国人と易(余 崇生)/西洋人と易(ジョン・メイカム)/易と数学(武田時昌)
    第二章 易の理論と歴史
    易の理論(山口久和)/宗教的な占卜―殷周時代を中心に(大川俊隆)/神秘的な易―漢代を中心に(花崎隆一郎)/哲学的な易―六朝時代を中心に(塘 耕次)/体系的な易―宋代を中心に(佐藤一好)
    第三章 易占い(湯浅邦弘/滝野邦雄/竹田健二)
    易占いのしかた 易のことば/『易』の故事成語
    〔実占家の易断の例〕
    あとがき/文庫版あとがき/執筆者略歴

  • 小難しい内容のくせに、実践できるようにとかって、お手軽易占いが出来るようになってたりする面白い本。
    コンピュータの原理に陰陽思想(陰と陽はつまり0と1だという)がヒントとなったとか、数学的だったり呪術的だったりする易は、難しいけど魅力的だ。

全2件中 1 - 2件を表示

易の世界 (中公文庫)はこんな本です

易の世界 (中公文庫)の単行本

ツイートする