風塵抄 (中公文庫)

  • 207人登録
  • 3.61評価
    • (17)
    • (15)
    • (33)
    • (6)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 中央公論社 (1994年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122021112

風塵抄 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  産経新聞に概ね月1回の頻度で連載されたエッセイ。1986年5月から1991年9月まで。簡潔・明瞭な文体なので、中高生でも味読可能と思う。なお、続編に「風塵抄(二)」あり。

  •  縄文人の平均寿命は27、8歳だったらしい。狩猟社会はある意味自由ではあるが、大きな展望(現代人が考える将来設計)がないために生きる気力が落ちて、早死にすると著者は言う(P219参照)それにくらべて、農耕社会は自由は失ったが法ができ宗教ができ国家ができて食うことに困らなくなった。そして、人々の寿命は延びたとある。生き方を選択できるのならあなたならどちらを選ぶ・・・

  • 2014.1.25 読了

  • 歴史小説の、休憩、合間、同時に読むのに最適。

  • 「風塵抄」は、昭和61年から産經新聞に連載された随筆である。
    文庫本にして一編が4〜5頁程度で、とても読みやすい。
    但し、鋭敏な感覚、歴史観、世界観などを持ち合わせていないと文章の奥底まで理解するには至らない。その部分を持ち合わせていない小生は、海面上だけ分かったとしか言いようがないが、氏の随筆は、どれを読んでも小説に劣らず流石だなと思わせてくれる。

  • 司馬氏の徒然草のようなもの。
    元号変わる時のがないなと思っていたが、最後に収録。
    昭和がなくなるときに司馬氏が思ったこと等。

  • 司馬遼太郎の新聞に掲載されていた、時事随筆?のようなかんじ。「他国を侵略するな、自国民に対する専制をやめろ、他国から金を借りれば必ず返せ、過剰な軍備をするな」このルールを世界中が守れば平和になる、と司馬遼太郎は記している。その四つに当てはめると日本は当てはまっているかもしれないと感じる。平和かどうかといえば平和だ。いいか悪いかは別にして。

  • 昭和末期から平成初期にかけて産経新聞に月一で掲載された司馬遼太郎のエッセー集。時代を感じさせる。

  • 歴史観ではなく日常の些末なことに思いを巡らすエッセイ集。国家、戦争、石油など重みのあるネタもあれば、都会と田舎、オトナとコドモなど誰でも一度は考えるような話題もある。言いたいことを読者にくっきりはっきり分からせる構成力と文章力はさすが。面白かった。

  • これを読んだのは2004年。
    司馬遼太郎の最後のエッセイ集、の一巻。

    昔から、うちの床の間に「忠恕」と書かれた色紙があって、ある時ふと父親にその言葉の意味を尋ねたら、「思いやりのこと」だと一言。
    そういえば、「忠恕のみ」という一編があるのもこの本だったか。

    一編が短いからすんなり読める。
    しかし、頭の中に残るものはすんなりとはいかない。
    自分の感性、思考法の大筋は、もしかしたらこの本に拠るのかもしれないな、などと思ったりする。
    いやけっこう、そうかもしれない。

    どれもこれも覚えている話ばかりだけれど、もし一編を挙げるのであれば、「悲しみ」かなぁ。

全19件中 1 - 10件を表示

司馬遼太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
司馬 遼太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

風塵抄 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風塵抄 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風塵抄 (中公文庫)の作品紹介

一九八六-九一年、身近な話題とともに、日本の土地問題、解体した「ソ連」の将来にのこる問題にいたる、激しく動く現代世界と人間を省察。世間ばなしのなかに「恒心」を語る、珠玉の随想集。

風塵抄 (中公文庫)の新書

ツイートする