京都インクライン物語 (中公文庫)

  • 14人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 田村喜子
  • 中央公論社 (1994年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (330ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122021365

京都インクライン物語 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 田辺朔郎の熱い想いが伝わってくる作品。インクラインという言葉には全く馴染みがなく、何なのだろうと思っていた。是非一度訪れたい場所の1つになった。、

  • 哲学の道を歩いた経験を持つ人は多々いると思う。
    私もその一人であるが、これはあの道に沿った川、
    琵琶湖疏水の物語である。

    この本を読むと、もう一度「哲学の道」や「南禅寺」に行きたくなり、
    またインクラインの意味がよくわかる。

    哲学の道を歩こうと思う人や歩いたことがある人におすすめしたい一冊。

  • 学校の先生から借りた本。

    工部大学校(現東大)田辺朔郎が書いた卒業論文が、実際に行われることになった。琵琶湖の水を京都に疎水するのだ。
    この事業は非常に多目的である。水運・水車を利用して水力を得ること(後に水力発電)・灌漑用水の獲得など、目的は多岐にわたる。京都は内陸都市であり、全ての物資を陸運に頼っていたが、琵琶湖から疎水すれば、水の利用とともに運輸路の問題も解決するのだ。加えて、既にみやこではなくなってしまった「京都」の再建を図る目的もある。京都を産業都市にするのだ。

    技術面を田辺朔郎が担当する一方で、事業実行における、中央政府の許可や工事費財源の問題、近隣の大阪、滋賀との問題の解決は、地方行政官である北垣国道が行った。

    現場でも様々な困難に突き当たるが、福島県の安積(あさか)疎水で活躍した技術者などとの交流をはかり、問題を解決していく。また、外国人技術者の指導に頼らない事業も、当時としては非常に珍しいものだった。

    豊かな社会の実現に、自らは危険なところに身を置きながらも、全力を注ぐ土木技術者の活躍に、心打たれた。

    井上靖:満ちて来る潮
    三島由紀夫:沈める滝
    曽野綾子:無名碑、湖水誕生

全4件中 1 - 4件を表示

京都インクライン物語 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

京都インクライン物語 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

京都インクライン物語 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

京都インクライン物語 (中公文庫)はこんな本です

京都インクライン物語 (中公文庫)の単行本

京都インクライン物語 (中公文庫)の単行本

ツイートする