地球(テラ)へ… (3) (中公文庫―コミック版)

  • 128人登録
  • 3.85評価
    • (16)
    • (13)
    • (16)
    • (2)
    • (1)
  • 11レビュー
著者 : 竹宮惠子
  • 中央公論社 (1995年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122022416

地球(テラ)へ… (3) (中公文庫―コミック版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 壮大な物語だったなあ。

  • 途中まで面白かったのに、最後ばっさりと終わってしまって残念。

  • ミュウも人間も、地球から離れられない存在だったのか。生き残るために管理社会を構築しても、破たんしていくのは避けられないのか。人も他の生物同様に、地球という大自然をコントロールしようとしてはいけなかった。キースの言う「神の領域」を越えたのだ。
    ハッピーエンディングではないが、エピローグでの少年少女が持つ記憶で、新世界を目指してほしいと思うラストだった。

  • 圧倒的な戦力を見せる九人の戦いぶりや、最後の地球崩壊と、対立していながらも、それでも助けに行かずにはいられないミュウの姿にと、場面場面が非常に印象的だった。読み終わるのが寂しいような物語だった。

  • 少女漫画の大家によるスペースオペラ。
    年代を感じさせる絵柄と、つくりこみすぎたストーリーが複雑で二巻あたりから挫折しそうになったが、最終巻で急展開を迎える。

    人工知能による管理社会の破壊という、よくあるクライマックスに辿り着くが、主要人物の末路が実に切ない。永遠に少年のままのジョミーと、もうひとりの主人公キースが老成していく対比がよかった。二人の下に、次世代の少年や部下を据えることで、成長度合いが感じられたあたり。

  • 面白かった。……めでたくない感じだけれど……めでたしめでたし。

  • あんまりよくわからなかった……「私を月に連れてって!」のほうが断然よい

  • 個人的に竹宮恵子のほうが萩尾望都より少年漫画的だなと感じるですが、感情の発露の仕方のほかに、ライバルの描かれ方というのもその大きな理由だと思います。ファラオの墓のスネフェルや、この地球へのキース・アニアン。悪役・ライバル役がこの上なく人間的で魅力的。彼らに比べれば使命を全うすることしか頭にないサリオキスやジョミーのほうが人間味が薄いようにすら思えるかも。

  • 1巻から3巻を図書館で衝動借り。TheGiverを思い出す設定。こんなに面白い漫画を知らなかったなんて・・・って私あまり漫画しらないですが^^;
    STORYの構築力に圧倒されます。そして使命。

  • 地球へ…。

全11件中 1 - 10件を表示

地球(テラ)へ… (3) (中公文庫―コミック版)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

地球(テラ)へ… (3) (中公文庫―コミック版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

地球(テラ)へ… (3) (中公文庫―コミック版)を本棚に「積読」で登録しているひと

地球(テラ)へ… (3) (中公文庫―コミック版)のコミック

ツイートする