旅する人 (中公文庫)

  • 25人登録
  • 3.82評価
    • (3)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 玉村豊男
  • 中央公論社 (1995年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122023451

旅する人 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 読み応えのある旅エッセイ。

    わりとしっかり書かれてあるので
    しっかり読みたい時に向く。


  • 著者 玉村豊男。古本屋で購入。
    食べ歩きかと思いきや、若い頃のヒッピーな旅の日記。

  • 旅の前後に「旅の本」を読む、というのもありきたりだけど。そういうモードなんだから仕方ない。「旅もの」といえば王道は「深夜特急」、やはり。私ももちろんすごく好きで、これに勝る旅ものにはまだ出会えない。玉村豊男は素朴なインテリといったかんじで(そんなものが存在するのだろうか)好感を持てる。大仰じゃないところが良かった。北アフリカも行ってみたい。 (1999 Dec)

  • 玉村氏が若い日に留学していたヨーロッパの各地紀行、その他その後の作家生活での旅先での出来事を軽妙な語り口で振り返る楽しい本。その中にも 若い頃とは違うんだな、 なんていう切ないくだりがあってリアルでユーモラス。

全4件中 1 - 4件を表示

旅する人 (中公文庫)の作品紹介

孤独な旅の空の下でめぐり逢った、あの忘れえぬ"風景"と"時間"。人生の旅も半ばにさしかかった著者が、切なさといとおしさをこめて若き日の放浪を追想し、旅することへの見果てぬ夢を語る。

旅する人 (中公文庫)はこんな本です

旅する人 (中公文庫)の単行本

ツイートする