文章読本 (中公文庫)

  • 738人登録
  • 3.55評価
    • (43)
    • (58)
    • (135)
    • (8)
    • (1)
  • 71レビュー
著者 : 三島由紀夫
  • 中央公論社 (1995年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122024885

文章読本 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 谷崎版より引用も豊富で、選り抜かれた上質な文章を一冊で味わえるのが魅力。かつ指南本的要素も強く、文学青年に対する三島の愛を感じる一冊です。技巧で描く描くゆう前にまずは美文の味わい方を知らなければ、ですよね。

  • 購入してから読み終えるまでに半年くらいかかったんじゃないだろうか。読み慣れない文体に何度かつまづいて、それでも諦めずに読み切ったのは、本のあちこちに散りばめられた素敵な表現を探すのが楽しかったからで、途中からはほとんど宝探しのような気分で読んでいた。特に「美しさ」にまつわる言及の中には好きなものがたくさんあった。
    ――風俗は滑稽に見えたときおしまいであり、美は珍奇からはじまって滑稽で終る。
    ――自分の気に入ったものだけを取り上げて、自分で美しいと思ったものだけに筆を集中しながら、自分の気に入った言葉だけでもって、美しい花籠を編みます。
    ――美は人を沈黙させる
    ――凡庸さを美しく見せ、全体の中に溶けこますことが、小説というこのかなり大味な作業の一つの大事な要素なのであります。
    (いずれも本文から引用)
    文章読本といっても小説の話ばかりなので、私が文章を書くときにここに書いてある内容をそのまま役立てられるかと言われると違うかもしれないけど、テクニックよりもっと根本のところの、どういう文章を書きたいかとか、どういう文章を読みたいかとかを考えることができそうだなと思う。

    【読んだ目的・理由】人にすすめられて
    【入手経路】買った
    【詳細評価】☆4.0

  • 三島由紀夫の文章読本。博覧強記とはまさに、といった内容で古今東西の文章を引用しながら美文麗文を語り説明する。分からないところも多々あるけれど面白かった。

  • 第1章 この文章読本の目的
    第2章 文章のさまざま
    第3章 小説の文章
    第4章 戯曲の文章
    第5章 評論の文章
    第6章 翻訳の文章
    第7章 文章技巧
    第8章 文章の実際ー結語

  • 三島の文章は読みづらいけど、やっぱり好き。

  • 戯曲の面白さをこの本に教えてもらいました

  • 何時・何故この本を購入したのか分からない。苦労しながら読む。途中の例文引用は、自分にとっては作品を読んだ事の無い本からの一部分でしかなく、著者と同じ共感または理解を得られなくて、結局途中から引用箇所は飛ばし読みとなった。

    この本により、三島は若い頃からの文学青年であったということを知る。非常に多くの本を読んでいるからこそ書ける、「本を書く事とはなんぞや」という彼の総括である。

    この本のエッセンスを一言で言い表している箇所は、以下の通りである。

    私はブルジョア的嗜好と言われるかもしれませんが、文章の最高の目標を、格調と気品に置いています。(中略)しかし一言をもって言い難いこの文章上の気品とか格調とかいうことは、闇のなかに目がなれるにしたがって物がはっきり見えてくるように、かならずや後代の人の眼に見えるものとなることでありましょう。

  • 1991年 読了

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784122024885

  • 「引用」をご覧いただければと思います。

全71件中 1 - 10件を表示

三島由紀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
三島 由紀夫
安部 公房
三島 由紀夫
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

文章読本 (中公文庫)に関連する談話室の質問

文章読本 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文章読本 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする