続 ものぐさ精神分析 (中公文庫)

  • 200人登録
  • 3.89評価
    • (25)
    • (22)
    • (32)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 岸田秀
  • 中央公論社 (1996年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122025196

続 ものぐさ精神分析 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • [ 内容 ]
    <正>
    人間は本能のこわれた動物である―。
    人間存在の幻想性にするどく迫り、性から歴史まで文化の諸相を縦横に論じる、注目の岸田心理学の精髄。

    <続>
    人間の精神の仕組みを「性的唯幻論」という独自の視点からとらえ、具体的な生の諸相を鮮やかに論じる岸田心理学の実践的応用篇。
    待望の続篇。

    [ 目次 ]
    <正>
    歴史について
    性について
    人間について
    心理学について
    自己について

    <続>
    歴史と文化
    性と性差別
    人間について
    感情について
    作家について

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 著者の話術にはまっているのかもしれないが、面白い言葉がある。
    (ちなみに、これが精神分析なのかどうかはわからない)

    ○人間は、現実からずれた幻想のために働くからこそ、
    人間を強制労働に駆り立てることが可能なのであり、
    また、人間の労働は余剰な生産物を生みえるのである。

    言い換えれば、夢を見ることができる人間の能力のことを言っているのだろうと思う。
    希望の未来を自分のものとして描けるからこそ、
    大きく言えば、人間という動物が文明を持つことができたのだと思うのである。

    ○趣味がまずあって、後から仕事が成り立っている。無用が有用に先立っている。

    とあるから、まさに、一個人の夢や希望があって、それはその個人のものであって、
    そうであるからこそ、人が集まる”新”ができるのだと連想する。

    精神分析とは全く観点は異なるが、
    会社経営や、自身の関心領域であるマーケティングや製品開発とは、
    いかに一個人の夢や希望に多くの人間を共感の渦に巻き込むのか?というコトにつながるのである。

    ○流行を作り出す原理は極めて単純であって、あるものを変なものと感じる人々の感覚をマヒさせ、
    価値あるもの、もっていないと恥ずかしいものと感じさせればいい。
    何が普通のものであるかの絶対的基準は存在しないのだから、理論的にはどのようなものでも流行させることが可能である。

    というのであるから、実に面白い。

    まさにそうだ!とうなずけるところである。

    一個人の希望や夢が変なもので、でも、共感できるというのだから、
    その共感する環境条件づくりがマーケティング戦略ともいえるのではないだろうか。。。

    そして、それが共感されコモディティー化される。

    その他、いろいろあっちこっちと話は飛ぶので、
    乗っかる感じで楽しんで読み進めて行くといいだろう。
    が、一つ大事なことは、深刻になって読まないということである。気軽に、そんなものか・・・といった感じで読んでいくことをお勧めする。

    最後に、精神分析らしいところといえば、
    母親とのかかわり方、いわゆる、三つ子の魂百までのような話で、
    特徴的な歴史的文学者-芥川龍之介・太宰治-やらの精神分析が面白く、受け取りやすいので、
    自分自身においても、母親が自分自身の部分を表現していたことを感じ取る客観性を持たせてくれた一冊である。

    ps:「ものぐさ」というよりは、「ひねくれ」精神分析なんてことじゃないかと思うのですが…

  • 『ものぐさ精神分析』の続編。前回読んだものが面白かったので、続編にも手を出してみた。

    個人的なお気に入りは「人間について」の「性格について」と「価値について」、「作家について」の「サリンジャー『ライ麦畑で捕まえて』について」。

  • 前作の持論を受け、更に多くのケースに当てはめた精神分析。

  •  岸田の理論は高い視点から文明や歴史を分析している。このため、臨床心理学とは異なる次元になっていて、「デタラメな絵を描いているだけじゃないのか?」という思いがよぎる。しかしそうではない。なぜなら、心理学自体が「絵を描く」ことに過ぎないからだ。カウンセリングとは、本人が思ってもいない角度から因果関係を構成し直す作業といえる。

    http://d.hatena.ne.jp/sessendo/20100324/p6

  • 自己嫌悪の項だけでも価値が高い

  • ・・・やっぱりそういうことだったのか!

  • 高二の頃、現代文の授業でよく扱われたのがきっかけで出会った作品。確か感想文か何かの課題図書としても挙がっていたために購入したと記憶している。当時は難しくて読まないまま放置。そして3年の月日が経ったのである。<BR>


    自我を手に入れた人間は動物が本来あるべきである自然から乖離した状態になった。「自己」という人間の根幹にあること自体「幻想」であり、人間の抱く価値観や気持ち、自己の永続性、欲望、劣等感などの考えや感情などは「すべては幻想である」という独自の前提で一貫して書かれている。親子関係、アメリカ、タテマエとホンネ、しつけ、文明、恋愛や性に至るまで、人間の様々な側面を明晰に解釈している。どの話も、読んでいて「なるほど!」と納得してしまうから面白い。

  • 続も読んでしまった。こちらは性についての叙述が充実。

  • うちの足りない頭じゃうまく理解できなさそうなことを分かりやすい言葉で並びたててくれてます。すごく勉強になる一冊です。

全11件中 1 - 11件を表示

続 ものぐさ精神分析 (中公文庫)に関連する談話室の質問

続 ものぐさ精神分析 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

続 ものぐさ精神分析 (中公文庫)はこんな本です

続 ものぐさ精神分析 (中公文庫)の文庫

ツイートする