園芸家12カ月 (中公文庫)

  • 622人登録
  • 3.90評価
    • (92)
    • (58)
    • (89)
    • (8)
    • (4)
  • 89レビュー
制作 : Karel Capek  小松 太郎 
  • 中央公論社 (1996年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122025639

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
A.トルストイ
トルーマン カポ...
フランツ・カフカ
カレル・チャペッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

園芸家12カ月 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • カタログを見ているうちにうっかり花を注文しすぎて植える場所がなくなっていたり、かがんで庭仕事をしてるとき自分の足が邪魔でしょうがなかったり、ひよっこ園芸家の私にも思い当たる節が多々あって面白かった。
    今年は花の名前をずいぶんおぼえたので、出てくる植物たちも思い描けるものが多くて楽しかった。カンパニュラ、デルフィニウム、アスター、フロックス、クロッカス、ダリア…。
    園芸家には、春〜秋まで楽しみがいっぱいあることもわかった。
    (冬は、カタログを見て過ごすらしい)。
    カレルの兄の、ヨゼフ・チャペックの挿絵も、いちいち味があってかわいい。

    ○よく聞きたまえ、死などというものは、けっして存在しないのだ。眠りさえも存在しないのだ。わたしたちはただ、一つの季節から他の季節に育つだけだ。わたしたちは人生をあせってはならないのだ。人生は永遠なのだから。

    園芸とは土を作ることだ、と再三にわたって書いるチャペックは、しまいには自分の作った土を自分と一心同体に感じて、土を作ることで人は永遠に生きられる、そんな境地に達したらしい。
    地球と一心同体、one love的境地じゃなかろうか。

    この本の訳者さんも相当な園芸人らしく、注釈に熱が入っていて面白かった。
    ○(訳注の最後のくだり)もしわたしたちが真の園芸家であるならば、花はむしろ庭のまわりに植えて、そのかわりに、庭の真ん中に堆肥の山を二つそびえさせておくべきかもしれない。

    園芸道は奥が深い。

  • とても楽しい!園芸愛にあふれるチャペックの言葉を、これまた園芸愛にあふれる訳者が小気味良く翻訳。チャペックの兄による挿絵もユーモラスでほほえましい。草木を育てるには、何はともあれ土!土!土が大切!ということがよくわかった。

  • 作家であり、園芸をこよなく愛するチャペック氏のエッセイ。軽妙洒脱な筆致ですこぶる読みやすく、同時に自然に対する深い畏敬の念がしみじみと伝わってくる。
    「園芸家」とあるので植物の話が大半かと思ったら、土への賞賛が半分近く占めていた。良質な土あってこその緑の日々というわけだ。
    終章の、園芸家は庭の手入れに夢中になりすぎて、ゆっくり庭を眺めるヒマがないというオチが深すぎてもう。まるで人生そのものだ。

  • 実際のアマチュア園芸家ならではのあるあるネタを時にはシニカルに、時には愛情をもって語られています。天候に悪態をついたり、自分のミスにやるかたなく悪態をついたり。冗談も混ざっているのでクスリとさせられたり。これ私のことだ!と思う節あり。マニアの生態について、土作りについて、首吊りした処女の墓の土なんか、どうやって探すのか?滑稽で愛すべき人々、園芸家の一年。

  • カレル・チャペックといえば、「ロボット」という単語を作った人として有名である。しかし、彼には別の顔があった。それは熱狂的な園芸家である。その熱中ぶりと、園芸家に対するユーモアたっぷりの洞察力を発揮したのが、本書である。例を挙げてみよう。たいていの人がホースを使って水を撒いたことはあると思う。そのホースに対する彼の言い分を聞いてみれば、誰もが賛同するに違いない。

    「庭に水をまくくらい、かんたんなことだ、と思うかもしれない。ことにホースを使えば。ところで、使ってみればすぐわかるが、ホースというやつは、人間が手なずけるまでは非常に陰険な動物で、うっかりできない。かがむ。はねあがる。からだの下に大きな水たまりをこしらえる。しかも、そうやって自分でこしらえたぬかるみの中へもぐるのが、なんともうれしくってたまらない。(中略)襲撃をくったほうでは、ニシキヘビと格闘でもするかのような大立ち回りを演じる。そのあいだに怪物は真鍮の鼻づらを上にむけ、窓のなかの洗濯したばかりのカーテンにむかって、ものすごい水柱をあびせかける。」

    という調子で、人間様とホースとの格闘について語るのである。この本は、12ヶ月と題されているだけあって、各月の園芸家の"行動学"を論じている。園芸や土いじりを経験したことがある人はぜひ読んでみると面白いと思う。

  • オタク道ここに極まれり!でめちゃくちゃ面白い。園芸について書かれてあるけれどもどんな趣味でも深く「ハマる」人には共通するものがあるはず。
    しかも各ページに必ずひとつは名言が挟まっているような名言の連続。それでいて絵も文も軽妙ですらすらと読める薄い文庫本。カバンに一冊どうぞ。

  • 園芸にハマったら、もう普通の人間には戻れないかも。

  • 育てるということは本当に面白いですね。何か育てるものがある、
    育ちゆくものがそばにいる、というのは人に生きがいや希望を与え
    てくれるものだと、子育てをしながらつくづく思います。子育てだ
    けではありません。植物を育てるのも、考えや作品を育てるのも、
    事業や組織を育てるのも、育てるという意味では一緒。人は育てる
    ことに悦びを感じる動物なのでしょう。育てることにはそれだけの
    魔力があります。

    今週おすすめする一冊は、そんな育てることの魔力についてユーモ
    ラスに語った一冊『園芸家12カ月』です。著者はチェコの国民的作
    家カレル・チャペック。熱狂的な園芸家としても知られたチャペッ
    クは、園芸家の一年を追いかけながら、育てることの魔力にとらわ
    れてしまった人間の悲喜劇を描きます。兄のヨゼフ・チャペックの
    描いたほのぼのとした挿絵の効果もあり、最初から最後までくすく
    すと笑いながらあっという間に読めてしまう実に愉しい本です。

    実に愉しい本ですが、そこはさすがに国民的作家。詩情あふれる文
    章の端々に、育てることや生きることの本質について考えさせる味
    わい深い言葉がちりばめられていて、思わずはっとさせられます。
    園芸マニアの生態を笑いながら、教育や人生について考えさせる本
    というのはなかなかありません。そこに本書の魅力があります。

    最近、思うのですが、人は何かを育てたり、育ちゆくものを語る時
    に、多く植物のメタファーを使いますね。教育学や心理学の分野で
    も、人の成長が植物になぞらえながら語られることがとても多いで
    す。それは、植物が環境さえ整えてやれば、どこまでも生長する生
    物だからだと思うのです。上へ、横へ、下へと縦横無尽に枝や根を
    広げ、花を咲かす植物の生命の知恵と力に、人は無意識に憧れを抱
    いているのでしょう。

    植物を育てるに当って園芸家のできることは土を作ることと待つこ
    と。もっとも園芸家のみならず、何かを育てることの本質は、恐ら
    くこの2点に尽きるのだと思います。環境をととのえたら、待つし
    かない。でも、だからこそ未来に希望が持てる。チャペックも語る
    とおり、肝心なものは未来にあると思えるから、私達はまた一年歳
    をとることに感謝し、喜びを感じることができるのでしょう。育て
    ることは希望です。本書はそのことに気づかせてくれます。是非読
    んでみてください。

    =====================================================

    ▽ 心に残った文章達(本書からの引用文)

    =====================================================

    これからいよいよ、種まきをやる連中の、真剣の大仕事がはじまる。
    つまり、待つという仕事が。

    ほんとうの園芸家は花をつくるのではなくって、土をつくっている

    しようと思うことは何でもできる。しかしどんな革命も、発芽の時
    期をはやめることはできないし、五月以前にライラックを咲かせる
    こともできない。

    貧乏人のところにはえた植物のほうが、概して出来がいい。それに
    金持のところに育った植物は、主人が避暑に出かけているあいだに
    たいがい枯れる。

    人間であろうと植物であろうと、生命が地球の土に根をおろすため
    には、どんなにおそろしい戦いを辛抱づよくしてこなければならな
    かったか、ありありと目に浮かぶだろう。
    そうすれば、きみが土から受けとるよりも、もっと多く土に与えな
    ければならんのだ、ということもわかるだろう。

    庭は完成することがないのだ。その意味で、庭は人間の社会や、人
    間の計画するいろんな事業とよく似て... 続きを読む

  • 『園芸家の1年』という邦題もありますが『園芸家12ヶ月』のほうが個人的に気に入ってます。
    そしてこの中公文庫版は表紙がかわいすぎます。
    チャペックが晩年を過ごした家で、現在はチャペック記念館になっているそう。

    「園芸家」という「スペシーズ」について12ヶ月順に追っていく作品(小説とも、随筆ともいえる)。
    彼の筆致はいつも愛とユーモアにあふれていて、これがチャペックなんだよな、と思いました。

  • チェコの国民的作家であり、無類の園芸好きでもあったチャペック氏が園芸家の一年を綴った本。天候や雑草に悩まされつつも、庭作りに没頭する園芸家の姿はユニークでありながら妙に共感してしまいます。イラストは共に園芸に熱中したという兄・ヨゼフ氏が描いています。

  • 楽しい挿絵と、まるで著者の話し声、耳元にが聞こえてくるような軽快な文章。

    11月の章はもう何回読み直したかわからないぐらいです。

    おれたちのさびしさや、おれたちのうたがいなんてものは、まったくナンセンスだ。いちばん肝心なのは生きた人間であるということ、つまり育つ人間であることだ、と。

    20代の頃から毎年、手帳にメモして持ち歩いています。

    うさぎ馬鹿な私は、園芸家の庭への情熱に何か通じる者を感じております。

  • カレル・チャペックはチェコの生んだ最も著名な文学者であり、こよなく園芸を愛した。
    そんな彼のユーモア溢れる四季、草花、土壌つくりをめぐる愉快なお話。

    園芸家の悲しくも(それだけ夢中になれるなら、逆に幸せ?)ユーモラスな生態を、月ごとの庭仕事と共に描写するエッセイ…なのかな。

    親が花も野菜も育てているから、凄く納得出来ました
    ここに出てくる園芸家のような言動を良くしてるから!

    凄い昔に記されたものなのに、古臭い感じはしません。
    これは、古今東西の園芸家は変わらない、てことなんでしょうね

    面白い!ケド感想が書きにくい本です☆

  • 園芸家の1年の悲喜交々を綴ったエッセイ。
    カレル・チャペックはダーシェンカから2冊目。
    極端だけどこういうノリ好きです!
    さりげなくサボテンや巻絹・ベンケイソウなんかの多肉類も登場していて嬉しい。
    巻末に訳者による植物・園芸用語の注釈付き。

  • とにかく、何度読んでも面白いです。
    愛読書と呼んでもよいのかもしれない。

  • 園芸への愛がひしひしと伝わってくる。
    尊敬するほどに園芸にはまってる。

  • 「カレル・チャペック」と聞くと、すぐに思い浮かぶのは紅茶のブランド。チェコの作家が名前の由来と知ったのは最近のことです。この作品は園芸マニアの12ヵ月の生態を面白く書き綴っています。ユーモアと園芸への愛情いっぱいの本。

  • 童話「長い長いお医者さんの話」を読んだ後では、大人になってからは、たぶん本書を読んだことで、カレル・チャペックに興味を持ったのだったと思います。庭いじりというのか園芸熱にとりつかれてしまった姿を、小気味よく軽妙洒脱に描き出し、お兄さんのヨゼフ・チャぺックのユーモラスな味のある挿絵と相まって、愉しい一冊。お気に入りの本です。

  • この世には二種類の人間しかいない。園芸家か,そうでないかだ。

    『ロボット』とかが有名だけれども,人を喰ったような文章(あくまで翻訳ですが)が楽しいチャペックの作品。これを読めば園芸家になりたくなる,多分。

    天候に文句を言いながらせっせと庭の世話をする,隣の芝生は青いけど隣人がモチベーション,まだ自分の庭にない植物への欲望は果てしなく,一年中なんやかんやで忙しい園芸家。愛と皮肉とユーモアがたっぷりつまっています。

  • 素人園芸家の(主に土への)執着っぷりがすごい。それに、「〜したら…になってしまう」的な失敗談ジョークがちょっと小気味良い。
    植物の名前が並べられたり、パターン的な箇所が多いので、終盤は「もういいかな…」となってしまった。

  • 斎藤美奈子さんの『名作うしろ読み 』で紹介されていた本。

    タイトル通り、ただただ園芸家(といってもプロではなく、ここでは「マニア」的な意味)が毎月どうやって過ごすのかがユーモアたっぷりに書かれている。
    お兄さんのイラストもドリトル先生シリーズのようで味わい深い。

    著者のWikipediaを見ていたら、死因が「12月に、嵐の中庭の手入れをしていて肺炎になった」だったので、園芸マニアぶりをこの本で読むと複雑な気持ちになった。

    中公文庫版では、明治生まれの翻訳者・小松太郎さんの古風で端正な日本語も楽しめる。
    (いつ日本で出版されたのかは不明だが、訳者あとがきは昭和34年)
    ※私が読んだのは黄色い表紙の1975年刊です

    この本、図書館の分類は「園芸」になっているが、決して実用書ではないのでご注意を。

  • 面白いテレビドラマの登場人物が影響を受けたと言ったので。植物の名前がさっぱりわからないので面白味がわからないのは私の問題。翻訳も上手いしウィットも効いているので園芸ファンにはきっと楽しい1冊だと思う。

  • 園芸家のエッセイ。広い庭のある人向け。でもね、ベランダ園芸家でもうなづける事がおおい。そうそう、土が大事なんだね。やっぱりチョット留守にすると枯れる?水遣り頼んだはずなんだが(怒)。うなづける。

  • 園芸家をいじりたおす、愛にあふれた1冊です。

  • 〈園芸家は、植物をいじることを商売だとは思っていない。一つのサイエンスであり、かつ芸術だと思っている。〉

    チェコのマッド園芸家の庭づくり奮闘記。

    私に羽が生えてれば、花を踏まずに雑草が抜けるのに!ちくしょう!!
    ってなことが1年分書いてあります。
    爆笑。

    庭づくりから学ぶでもなく、お金を得るでもなく、ただただ植物ラブのために庭を作る。
    うらやましくなりました。いい趣味だなあ!

    全12回で阿部寛主演のドラマになんないかな。
    ムリか。

全89件中 1 - 25件を表示

園芸家12カ月 (中公文庫)に関連するまとめ

園芸家12カ月 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

園芸家12カ月 (中公文庫)の作品紹介

チェコの生んだ最も著名な作家カレル・チャペックは、こよなく園芸を愛した。彼は、人びとの心まで耕して、緑の木々を茂らせ、花々を咲かせる。その絶妙のユーモアは、園芸に興味のない人を園芸マニアにおちいらせ、園芸マニアをますます重症にしてしまう。無類に愉快な本。

園芸家12カ月 (中公文庫)の文庫

ツイートする