窯変 源氏物語〈7〉 胡蝶 螢 常夏 篝火 野分 行幸 藤袴 (中公文庫)

  • 41人登録
  • 4.06評価
    • (9)
    • (1)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 橋本治
  • 中央公論社 (1996年3月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (495ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122025660

窯変 源氏物語〈7〉 胡蝶 螢 常夏 篝火 野分 行幸 藤袴 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 源氏ネチネチしてますね〜〜ストーカーですよ。玉かずら(携帯変換で出ない)超逃げて!って感じです。対する息子・夕霧は美貌の玉かずらにも冷静。葵の上似ですよね彼は。

    近江の君がおもしろすぎます。ファンキーというかパンクというか。私は彼女好きですねえ。完全にギャルです。まさか源氏物語の訳で「ちょー」とか聞くとは思いませんでした。しかし「超○○」って表現が、この本が出版された91年当時からあったことに逆にちょー驚きました。私はおもしろいと思いますが、やりすぎと思う方もいらっしゃるのでしょうね。近江の君と内大臣(頭中将)とのズレたやり取りもツボです。

    しれっとした賢妻ぶり発揮する紫の上と、玉かずらに夢中で我を失っている源氏のやり取りも笑えました。

  • 胡蝶、螢、常夏、篝火、野分、行幸、藤袴が収録されていました。
    源氏は本当見境なしですね笑
    夕霧くんが可愛くてしゃないです、はい。

  • 胡蝶、蛍、常夏、篝火、野分、御幸、藤袴。

    窯変というのは、焼き窯の中で、思いがけない変化してできた陶器とかのこと。
    ひらがな日本美術史でありました。
    中国を初めとして、海外では、あんまり好かれてないんだって。
    なんでも自分の思いとおりになるものではないと思います。

    玉鬘がヒロインです。
    sistersを見た後だから、光の君の味方ができません。
    人間引き際が大事なんだろうね。
    後輩でも母校にやたらと出入りしている人も
    (気持ちがわからなくはないが)
    そんなかんじ。

    ほんと見るもの、読むものがなんでもつながってます。
    本に関しては、引きが強い方だね☆

  • 内容紹介:千年の時の窯で色を変え、光源氏が一人称で語る橋本源氏―絢爛豪華にして登場。(「BOOKS」データベースより)

    資料番号:011220167
    請求記号:F/ ハシモ/ 7
    資料区分:文庫・新書

全4件中 1 - 4件を表示

橋本治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

窯変 源氏物語〈7〉 胡蝶 螢 常夏 篝火 野分 行幸 藤袴 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

窯変 源氏物語〈7〉 胡蝶 螢 常夏 篝火 野分 行幸 藤袴 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

窯変 源氏物語〈7〉 胡蝶 螢 常夏 篝火 野分 行幸 藤袴 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

窯変 源氏物語〈7〉 胡蝶 螢 常夏 篝火 野分 行幸 藤袴 (中公文庫)はこんな本です

窯変 源氏物語〈7〉 胡蝶 螢 常夏 篝火 野分 行幸 藤袴 (中公文庫)の単行本

ツイートする