新選組血風録 (中公文庫)

  • 615人登録
  • 3.80評価
    • (100)
    • (71)
    • (154)
    • (4)
    • (1)
  • 66レビュー
著者 : 司馬遼太郎
  • 中央公論社 (1996年4月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (635ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122025769

新選組血風録 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ≪あらすじ≫
    幕末という大動乱期を生きた新撰組。隊士一人一人の生き様を描いた15編の連作短編集。

    ≪感想≫
    この小説を初めて読んだのが中学生の頃。緑布カバーの司馬遼太郎全集に収められていたこの短編集を夢中になって一気に読み耽った記憶がある。大学生になった今、懐かしさとともに再読して思うことは、力のある小説というのは何度読んでも色褪せることなく、むしろ読み返すほどに深くその世界に引きずり込まれるということだった。

    中学生の頃に一番好きだったのが「沖田総司の恋」という一篇で、若くして天才剣士と謳われた彼の純朴で人間味溢れるエピソードがとても気に入っていた。しかし今回読み返して一番心に残ったのが「胡沙笛を吹く武士」という話。守るべき人ができたことで鹿内薫という隊士に起こった心情の変化は、中学生の自分にはいま一つピンとこなかったのかもしれない。

    第三者視点で描かれたそれぞれの章に共通してみられるのは、人間を動かす様々な感情と、その感情に動かされる人間像。近藤、土方、沖田などの中心人物だけでなく、あまり有名ではない隊士にまで焦点を当てた本作は、歴史小説というよりも彼らの人間性を中心に描いているように感じられる。
    人間の本質というのはどんな時代も変わりないのかもしれない。だからこそ、人間心理を巧みに描いたこの小説は、時代を超えて評価されていくのだと思う。

  • 高校時代、授業をさぼって図書館でふと読み始めた。もうそれはそれは、おもしろくて想像が膨らんで一気に読みふけました。これは、事実か想像か。だけどそのぐらいが歴史はおもしろかったりする。歴史初心者の方には、司馬さんの本は読みやすいと思います。

  • かつての再読。15の異聞短編集。時間軸で進むのではないが、連作と言ってよい。解説は、角川文庫の解説より興味深い。連載と同年に「竜馬がゆく」「燃えよ剣」の連載が始まっていたというのは驚き。2017.1.1

  • こういう世界は苦手。土方も近藤も私にはちっともいい奴だと思えない。

  • 「菊一文字」「虎徹」などが面白かった!司馬遼太郎は、こんな斬れ味のいい文章を書くんですね。もっと新選組モノを読んでみたい。それぞれ個性がしっかりしているのと、長所と短所を併せ持っているように見えるのが、人間らしくて素晴らしいと思った。沖田総司は、ずっと勝手に成宮君で再生していました。のぼうの城の彼のイメージに近かったので。

  • 仕事の休憩時間に楽しく読ませて頂きました。有名な新選組の歴史の中の小話というか…そういうのっていいなぁ(*´艸`*)また読み返したい作品です!沖田さんの出てくる『菊一文字』や『沖田総司の恋』や『前髪の惣三郎』が好きです(*´ェ`*)

  • このタイプが一番長く読んでいたやつ。表紙もいい。内容は短編集で話によって同じ登場人物でも微妙に性格等々が違うのが面白い。どの話も素晴らしい中、土方近藤そして井上源三郎。絆というつながりでありつつ親戚的田舎的しがらみの見える「三条磧乱刃」と、わりとやる気ない斎藤一の結果的アナキズム的かっことよさがたまらん「槍は宝蔵院流」エンタテインメント性抜群の「池田屋異聞」が個人的おすすめ。

  • 新撰組を題材とした短編集。「虎徹」、「菊一文字」は、刀がテーマ。新撰組が刀剣にこだわりを持っていたことが感じられて面白い。

  • 新選組の方々の様々なエピソードが連作で語られている。みんなすぐに殺されて大変な組織だわい、と思いながら読んでいた。たまに死なない人がいたらほっとしてみたり。

  • 斎藤一、加納惣三郎、井上源三郎、沖田総司などの新選組隊士たちの生き様15編を、抑制の効いた筆致で描ききった連作短編集である。そこには、司馬が追い求めた「漢(おとこ)」の姿が息づいている。


    「燃えよ剣」でかっこよかった土方歳三。土方さんに見惚れて、この本を借りた。
    とにかくかっこいい。今の現代人も幕末の人を見習って、しっかり根を張って生きていきたい。

全66件中 1 - 10件を表示

司馬遼太郎の作品

新選組血風録 (中公文庫)に関連する談話室の質問

新選組血風録 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新選組血風録 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新選組血風録 (中公文庫)の文庫

新選組血風録 (中公文庫)の文庫

新選組血風録 (中公文庫)の単行本

ツイートする