パロスの剣 (1) (中公文庫―コミック版)

  • 16人登録
  • 3.63評価
    • (3)
    • (0)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 中央公論社 (1996年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122026124

パロスの剣 (1) (中公文庫―コミック版)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 主人公は旅に出たい見知らぬ土地に行きたいって言ってるけど、実際に旅に出るための行動や計画は全く立ててないな。実際に旅に出たら二日目でめげそうな感じがする。ワガママ王子って感じで好きになれない。

  • 中島梓もしくは栗本薫は、こんな乙女チックな本も書いていたことを知りました。

    男装の麗人、コミックにもなっているとの事。

    一国が滅ぶかどうか,よりも選びたいものがあるというのは,その立場にいないと分からないのかもしれません。

    よく男性のロマンという言葉を聞きますが、女性のロマンを見たような気がしました。

    栗本薫の一つの分野を切り開いているなと思われました。

    「官邸サーガに伝わるある王女の物語」

全2件中 1 - 2件を表示

いがらしゆみこの作品一覧

いがらしゆみこの作品ランキング・新刊情報

パロスの剣 (1) (中公文庫―コミック版)はこんな本です

パロスの剣 (1) (中公文庫―コミック版)のコミック

パロスの剣 (1) (中公文庫―コミック版)の新書

ツイートする