パロスの剣 (2) (中公文庫―コミック版)

  • 11人登録
  • 3.14評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 中央公論社 (1996年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122026131

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

パロスの剣 (2) (中公文庫―コミック版)の感想・レビュー・書評

  • いがらしゆみこ+栗本薫 というビッグネームがタッグを組んだ王道ファンタジー…とか思いきや。

    ベルばらをこじらせたような内容だった。
    男装の麗人の姫君と、片想いされる貧しい小娘、そして姫にこれまた片想いの従者タイプの優男。男が失明するところまでアンドレだし、国が亡くなるのも革命だし。

    で、けっきょく逃亡しちゃうのだが、いったいどうなるのか。敵役の三枚目も報われない恋でいい人に見えちゃう。せめてあの黒幕の叔父貴は処刑するなり、天罰くわえるなりしてほしかったわけで。

    少女漫画のわりにはすっきりしない内容。悲劇なんだが、エリミニアもフィオナも活躍が中途半端。ただ萌えるシチュエーションを描きたかっただけなのか。

    なんというか、最近の百合させ見せときゃ筋グダグダでもいいや、という女性漫画の作品レベルに酷い。

  • 全てを捨てて愛に生きられるのは、捨てられる方にとってはたまったもんではないな。武芸大会を余裕で勝ち抜いてしまう敵国の王子が有能すぎる。フィオナは全体として今一つ存在感がなかった。

全2件中 1 - 2件を表示

いがらしゆみこの作品一覧

いがらしゆみこの作品ランキング・新刊情報

パロスの剣 (2) (中公文庫―コミック版)はこんな本です

パロスの剣 (2) (中公文庫―コミック版)の単行本

パロスの剣 (2) (中公文庫―コミック版)のコミック

ツイートする