勝海舟の嫁 クララの明治日記〈下〉 (中公文庫)

  • 11人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (0)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : Clara A.N. Whitney  一又 民子  岩原 明子  高野 フミ  小林 ひろみ 
  • 中央公論社 (1996年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (602ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122026216

勝海舟の嫁 クララの明治日記〈下〉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 出版社さん!
    ぜひぜひ再版してください!

  • 10代後半のアメリカ人の少女クララが、明治初期の日本を見たまま、感じたままに、いきいきとみごとに描写した日記。あとがきによればこの日記に名前が挙がっている日本人は300名にも登るそうだ。私がこの本を読み始めた動機も、渡辺筆子とクララの関わりを知りたいというところからだった。途中から、このクララと勝海舟の三男・梅太郎とどういういきさつで結婚したのか、どんな結婚式だったのかなどが出てくるのを楽しみに読み進めた。残念ながらその辺りのまとまった記録はないそうで、ポンと飛んで簡単に梅太郎との間に子どもができた身で母の墓の前で思ったことをつづって終わっている。クララの目を通して、明治初期の日本の文化や風習、また四季の移ろいなどを知るのは、たいへん楽しい時間であった。

  • 彼女の感性に好感を持ちます。

全3件中 1 - 3件を表示

勝海舟の嫁 クララの明治日記〈下〉 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

勝海舟の嫁 クララの明治日記〈下〉 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

勝海舟の嫁 クララの明治日記〈下〉 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

勝海舟の嫁 クララの明治日記〈下〉 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする