まんが道 (1) (中公文庫―コミック版)

  • 351人登録
  • 4.21評価
    • (88)
    • (47)
    • (46)
    • (2)
    • (0)
  • 55レビュー
著者 : 藤子不二雄A
  • 中央公論新社 (1996年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122026377

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

まんが道 (1) (中公文庫―コミック版)の感想・レビュー・書評

  • 発想のすごさに感服した
    旧きよき時代
    手塚治虫の天才をわかる感性

  • 藤子不二雄Aの自伝的作品。フィクション交えながらも、漫画への目覚め、手塚治虫へのあこがれから漫画家を目指すまで。努力、才能、嫉妬。読んでいるこちらも燃えてくる。

  • 面白い!この漫画の面白さにとりつかれてしまった!!

    藤子不二雄A先生の自伝的漫画。
    夢に向かって歩き出した少年の胸の内が隠すことなく描かれていて、とても面白く読めた。

  • 藤子不二雄Aの自伝的漫画。1巻から読み直している。初めて読んだのは小学生の頃。夢を追い続けることや努力の大切さ,人生の喜怒哀楽は,この作品から学んだのかもしれない。

  • 全14巻 完結(続編は未完)

    2人のまんが少年が、藤子不二雄という人気まんが家になるまでの、漫画人生を描いた話。
    満賀と才野を取り囲む親身な大人達や同じ夢を持つ友人、時には取り返しのつかない失敗などがリアルに迫るので、私も自分のやりたいことを全力でやらなくては、と励まされるのだった。
    二人が二畳の下宿から四畳半のアパートへ移り、その広さに浮かれるシーンは特に感慨深い。それから、哲学堂公園で野球をするシーンも好き。住宅地の中に突然、のそりとあの不思議な建物が現れるのを見た時の感覚は、きっと今も昔も変わらないのではないかと思うと、野球の試合のシーンも、しんみりと感じられた。

  • 14巻までのレビュー。ご存知「藤子富士雄」の両氏の歩んだまんが道を綴った作品です。学生だった二人が上京して人気漫画家へと成長していく姿が、周囲の人々も含め生き生きと描かれています。それにしても手塚先生は偉大ですね~!チューダー!!

  • 13.9.22 二人の関係性がすごく貴重だな。時期が時期だったので(合格発表前)、余計に一気に読んでしまった。

  • 始めはオマケ漫画みたいなページ数。夢を持った2人の伝説の出会い!

  • マンガ漫画の金字塔、誰もが知ってる……かはわからないけどこれを読まずしてマンガ漫画は語れない。ような気がする

    みちおのコンプレックスは痛いほどわかる。些細な嘘や偽りが心に重くのしかかる。自分はちっぽけで、卑怯で、どうしようもない奴なんじゃないか、そんな思いがグルグルと頭の中を回る

    何か一つのことに全てを注ぎ込むこと、天才凡才に関わらず全てはそこから始まるんだろう

  • 私はまた勘違いをしていたことを、告白しなければなりません。

    「まんが道」というタイトルの漫画があることは知っていましたが、
    私はなぜかそれを「川島なお美」が出てくるやつだろうと
    思っていたのです。

    それはお笑いマンガ道場………orz
    しかも、漫画じゃないし、テレビだし。

    藤子・F・不二雄、藤子不二雄A両先生の、
    トキワ荘時代のことを描いた漫画がある、ということは
    ずっと前から知っていたのに、川島なお美のせいで(?)
    この漫画がそれだということに気づくのが遅れ、後悔しきりです。

    読んでよかった……!!

    1巻ではまだトキワ荘のことは出てきませんが、
    満賀少年と才野少年が出会い、共に漫画を描いていく姿に、
    「がんばれ、がんばれ」と声援を送りたくなりました。

    満賀くんが、才野くんに嫉妬する気持ちは、わかるなあ…。
    でもそれで、友情が途切れないでよかった。

    そして、神様手塚氏に会いに行くシーン。
    私まで手塚先生登場までの場面で、2人と一緒になって
    ドキドキしてしまいました。
    嬉しかっただろうなぁ………。
    2人が、手塚先生が仕事をする姿を後ろから見つめる
    場面では、涙が出ましたよ。

    藤子・F・不二雄ミュージアムに、手塚先生が2人を
    前にして、そのときのことを語った映像が流れていますが、
    それを聞くお2人の表情が、いいんだよなぁ。

    手塚先生と、藤子両先生の漫画が読める日本に生まれて、
    私は本当にラッキーだった。

  • 満賀道雄と才野茂が漫画家を目指していく話。
    漫画に対する情熱にとても感動する。
    主人公の気持ちと一緒になってハラハラドキドキしたり、落ち込んだり喜んだりする。
    本当に「バンザーイ!」って気持ちになります。

    読んだ後元気になるしやる気をもらえる作品。

  • 昭和の時代感がたまらない。
    最高。

  • 藤本弘と安孫子素雄という二つの才能が出会い、

    藤子不二雄という漫画家になる過程を描いた伝記的漫画。


    ずいぶん昔、20数年前に読んだけれど、

    今読むと別の感動がある。

    ていうかめちゃくちゃ面白いです。


    昭和20~30年頃のバクマン。て感じ^^

    時代背景こそ違うけれど、

    手塚治虫にしろ藤子不二雄にしろ亜城木夢叶にしろ、

    共通するのはメラメラと燃え上がらんばかりの熱意。

    その熱に感動します。震えるくらい。


    仕事はやっぱり情熱と誠意だよ。

    今だからこそ、この年齢になったからこそ、

    理解できるものがたくさんある。

    読み直してよかった。

    たくさんの人に、ぜひ読んで欲しいマンガです。

  • 今や世界に誇る日本文化=漫画・アニメ。
    その礎を築いた藤子不二雄氏A氏とトキワ荘に集う多くの仲間達。
    藤子不二雄氏A氏による自叙伝的長編漫画の全14巻。

    このシリーズの続きは、『愛…しりそめし頃に… 満賀道雄の青春』として、現在も執筆・連載されています。こちらも是非!

  • 一点放火型青春。好きだ。受け持ちの患者さんと一緒に読んだ。

  • 全14巻。
    元気でます 勇気づけられます。
    この二人が出会ったことに感謝!あまり書店に置いてなくて、もったいなく思う。
    まだ読みたい〜!てとこで終わるけど、それでいいのだねきっと。まんが道は続く!続きは彼らの漫画を読もう!ということで。

  • 青春!!ぼくのバイブルです。
    青春が詰まっています。
    満賀道雄はイケメンだと思います。

  • もはや説明不要の作品ですね。
    漫画界の巨匠・藤子不二雄(敢えてコンビ解消前の呼称)の
    自伝的作品。
    2人の漫画少年の人情の機微も描かれ(特に満賀の)
    個人的には座右の著と崇めているところです。

    数々の名ゼリフをこの世に生み出した
    藤子不二雄先生の偉業は
    後世長きに渡り語り継がれることでしょう。

    俺の恋人はまんがやー!!!とチベット語で言った

    お話の続きは『愛…しりそめし頃に…』で!

  • 高岡などを舞台とした作品です。

  • 全14巻。
    今集めている途中。

  • これ読まずに漫画好きとか言ってたのが恥ずかしいわ。
    漫画家になりたいとかいいだしそうでこわい!

  • 天才肌の努力家Fに必死でついて行くA。

  • とにかく読むべし。マンガ家を目指している人、何かに向かってがむしゃらに努力したい人、現在進行形でなにかに打ち込んでている人、夢に向かっている途中に心が折れそうになった人、立ち止まってしまった人。そんな人達はとにかく読むべし。きっとなにか見えるもがありますよ。

  • ああ、もういわずもがな、名作ですよ。とにかく読むべし。
    上京してからじゃなく富山時代(あすなろ編・立志編・青雲編の途中まで)が特に面白い。タイトル通りまんが道を進んでゆくわけなんだけれど、その間の心の揺れ動きの表現がうまくて、これを出せるのはA先生のすごさであり、このマンガの真骨頂であると思う。よんでてなんかこうぐああああってなる。
    キャバキャバはぜひ使いたいけど使えない。チューダーはよく飲みます。
    一番繰り返し読んでるマンガ。星5つ。

全55件中 1 - 25件を表示

まんが道 (1) (中公文庫―コミック版)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

まんが道 (1) (中公文庫―コミック版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まんが道 (1) (中公文庫―コミック版)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする