御馳走帖 (中公文庫)

  • 669人登録
  • 3.77評価
    • (57)
    • (59)
    • (103)
    • (3)
    • (0)
  • 64レビュー
著者 : 内田百けん
  • 中央公論社 (1996年9月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (403ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122026933

御馳走帖 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 20170304 時間がかかったがようやく読み終わった。作者の食べ物に対するこだわりは付いていけないくらいすごいとおもう。あの時代だという事が余計にすごい。何かこだわるならそこまでやれないといけないのかな?

  • 堀江敏幸さんの朝日カルチャーでの講座で使用するとのことで購入。

  • 他人の徹底したこだわりを聞くのは、面白くて興味深いし、タメになることも多いなと感じる。ただ、本人や周りの人は苦労することもあるだろうけど。「養生訓」で、医者から養生のために牛肉を食べるのはいけないと注意されながら、牛の本質は餌にしている藁だと滅茶苦茶な定義をして、牛肉のすき焼きの事を藁鍋と呼び、「私は此頃頻りに藁を食つてゐる」と言ってのけるところに笑わされた。「麦酒」の自分が幼い時に経験した父親とビールにまつわる思い出について、何ということもない些細な出来事であるのに、鮮明に記憶されているその情景の描かれ方に、心地好いノスタルジーな気分になる。「猪の足頸」の「何となくゐのしし、ゐのししした気持ちになつた」という表現が、文面からそれらしい雰囲気が伝わってきて好き。

  • 忙しいのとポケモン買ったのと一篇が短いのとで、読むのに1か月くらいかかったが、百閒氏のへんなひとがらが伝わってくる素敵なエッセイだった。ビスケットと牛乳ってちょっといいね。
    ところどころ『作家のおやつ』を引っ張り出してきて交互につなぎ合わせつつ読んだよ。

  • もー、近くにいたらこの偏屈じじい!とか言っちゃいそうだけど、とても楽しい随筆集でした。私はお酒はまったく飲めないし煙草も吸わないけど、最後にはなんだかどっちもすごくいいものに思えてきた不思議。楽しいなぁ。あと年表よく見たら百間先生、祖父と15歳違いで、聞く機会もなく“歴史の教科書”程度の知識だった祖父の若い時代を「あぁ、こんな風景があったのか」と思えたりしてなんだか嬉しく読みました。おもしろかったー。

  • 百けん先生の、食にまつわるエッセイ。電車で読んでいると、思わずにやっとしそうになり、こらえるのが大変。
    そんな軽妙な文章の中にも、ふと、ほろっとしそうになる話も挟まれていて、その力加減に参ってしまう。一本七勺と題されたエッセイは、じわっとくる。これも、電車の中では読めない。
    (2014.9)

  • 読んでいるとお腹がすきますね。

  • 確か「働きマン」に出てきて気になっていたので
    (入院した同僚だか上司だかに差し入れてた)。

  • 身近な食べ物への思い入れやその食べ物にまつわる情景が綴られていて、私のお腹が空いてきたりしんみりしたり。
    煙草も御馳走なのか、と気付かされた。
    目新しいものよりも、好きなものを繰返し取り込む愛着が感じられた。「餓鬼道肴蔬目録」が好き。

  • 廬山人の料理本も定評があるが、百けんのそれもまた乙なものである。鉄道ものが有名な彼の著であるが、料理ものもなかなかのものである。ただし、文中、彼独特の当て字や今日ではあまり用いられなくなった字が多数散見され、すっと頭に入ってこないのが残念。

全64件中 1 - 10件を表示

内田百けんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 弘美
三島 由紀夫
内田 百けん
有効な右矢印 無効な右矢印

御馳走帖 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

御馳走帖 (中公文庫)の作品紹介

朝はミルクにビスケット、昼はもり蕎麦、夜は山海の珍味に舌鼓をうつ、ご存じ食いしん坊内田先生が、幼年時代の思い出から戦中の窮乏生活、また知友と共にした食膳の楽しみに至るまで、食味の数々を愉快に綴った名随筆。

御馳走帖 (中公文庫)のKindle版

御馳走帖 (中公文庫)の文庫

ツイートする