ノラや (中公文庫)

  • 1303人登録
  • 3.81評価
    • (152)
    • (142)
    • (209)
    • (16)
    • (3)
  • 196レビュー
著者 : 内田百けん
  • 中央公論新社 (1997年1月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122027848

ノラや (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 百閒はふとした縁から野良猫「ノラ」を世話をするようになる。老夫婦を癒し、心の拠りどころにもなっていたノラは、ある日突然姿を見せなくなる。ノラを懸命に探し数年が経った頃、軒先に迷い猫「クルツ」が現れる。

    「ノラやお前はどこへ行ってしまったのか」
    突然姿が見えなくなったノラを案じ、迷い猫探しの広告を作成し、日々の空虚を日記にしたため、外国人が保護しているかもと想像力を膨らませ英字版の広告も用意し…と猫探しに奮闘する日々。「似た猫がいる」という連絡があれば確認に赴き、一喜一憂する。愛猫が帰らない毎日に涙する様子に胸がきゅっとなる。
    猫が見つからないという事実を前に、ここまで悲哀の想いが吹き出し、言葉が生まれ、1つの作品が仕上がることに驚く。
    悲劇は喜劇とはいうものの、私はこの作品に“愉快さ”を感じられなかった。けれど「ノラや、ノラや…」と懸命に愛猫を捜索する百閒の必死さから人の温かさと優しさと愛しさに触れ、溢れんばかりの猫愛が伝わってくる。
    切ないけれど温かい気持ちにさせてくれる1冊。

  • 「臆病な自尊心と尊大な羞恥心から変わっちゃう話で」「それはトラや」「ネットによく転がっている」「それはコラや」「アンクル・トムの」「それは小屋や」「大げさな嘘のことを」「それは法螺や」「講談社の創業者の話かな?」「それは野間や」「大洪水にまつわる方舟の話で」「それはノアな」「ウッス」「プロレス風に返さなくていいから」「ちなみに名前はイプセンの小説かららしいね」「ノーラだね」「ラピュタに出てくる空中海賊の」「ドーラだね」「大草原の小さな家の」「ローラだね」「傷だらけの」「それは西城」「「ヒデキ、感激!!」」

  • なんでこんなに可愛いのかよ~♪

    この本を読んでいる間ずっと、
    大泉逸郎の孫が頭の中に流れてました。

    庭の水がめに落ちたことがきっかけで、
    飼うことになったノラが帰ってこなくなった。
    心配で心配で毎日、毎日泣いて、仕事も手に付かない先生。

    新聞にノラを探す広告を4回入れたり、
    見つかってないのに、お礼の文章を考えたり、
    風呂場に専用の座布団を用意したり、
    毎日、猫用に魚屋さんからアジを取り寄せ、
    猫用にカレイを煮る?!

    読んでいてつっこみたくなるところ満載。
    文章にユーモアもあって、面白かったー

    ただ、短編が何作品も掲載されているので、
    同じ話が何度か繰り替えされてるので間ちょっと飽きるところがあるのが
    ちょっと残念。

  • 320ページほどの文庫本を読むのに、2週間もかかってしまいました。(普段ならこんなにかからないのですが…)
    なぜかというと、百閒先生の心情が思いのほか共鳴してしまったからだと思います。
    数ページ読むたびに、不安で胸が締めつけられて本を閉じてしまう…ということを何度くりかえしたことか。

    贔屓のお寿司屋さんのたまご焼きが好きだったというノラ。
    ノラがいなくなってしまった後に百閒先生はそのお店のお寿司がとれなくなってしまったのだそう。
    百閒先生のお膳から、白身魚のお刺身を分けてもらい、一緒に食べるのが習慣になっていたというクル。
    クルが病気で死んでからはお刺身もお膳に乗らなくなったのだそう。
    このエピソードだけで、どれだけ百閒先生が2匹の猫に愛情を注いでいたのかがわかります。

    予想以上に心が波立ってしまい、かなりエネルギーを使った読書となりました。
    でも、絶対再読したい1冊でもあります。

  • 猫に対する愛情が深く深く伝わってくる作品。一匹目の猫・ノラはある日失踪し、そのまま戻らない。ノラが居なくなってからの百閒先生の何も手につかない感じがたまらなく愛しい。愛する猫に、「ノラや、ノラや」と呼び掛ける。それだけノラを愛してたんだなって。二匹目の猫はノラそっくりのクルツ。通称・クル。5年3ヶ月愛され、病でクルが天に召された時は悲しかった。大切なものとはいつか必ず別れが来る。別れの辛さを感じる作品でもあった。猫好き必読。2012/161

  • 読み終わってすぐ、
    飼い猫の顔を見に行った。

    今も昔も、女も男も、
    年齢も関係なく、猫を飼っていると
    可愛く見える姿、仕草は同じ。
    猫可愛いな。おじいちゃん可愛いな。という本。
    そして、猫を飼ったことがあれば、
    涙は止められない本。

    たんたんと同じことを繰り返す。
    飽きそうになると、すぐ変化が付く。
    素晴らし文章。

  • 猫を飼ったことがある人には、かなり響くエッセイ。

  • 猫好きは必読の名著。愛するニャンコを失うと言う事。気難しい文豪の先生は周囲を巻き込んで泣きながら必死に探します。著者と一緒にダラダラ泣けます。ニャンコ幸せだね。きっと虹の橋の向こうでノラは先生を迎えてくれたことでしょう。

  • 内田百閒が野良猫を飼った時の話。
    猫がかわいくてたまらない様子が伝わってきて、猫好きには是非読んでほしい一冊。
    飼っていた猫が急にいなくなってしまい、筆者が毎日泣くほど辛い気持ちになるのが猫を飼っているとわかる。
    とっても読みやすいし、情けない筆者に共感する。

  • 2017年11月19日に紹介されました!

全196件中 1 - 10件を表示

内田百けんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
ほし よりこ
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

ノラや (中公文庫)に関連するまとめ

ノラや (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ノラや (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ノラや (中公文庫)の作品紹介

ふとした縁で家で育てながら、ある日庭の繁みから消えてしまった野良猫のノラ。ついで居つきながらも病死した迷い猫のクルツ-愛猫さがしに英文広告まで作り、「ノラやお前はどこへ行ってしまったのか」と涙堰きあえず、垂死の猫に毎日来診を乞い、一喜一憂する老百〓先生の、あわれにもおかしく、情愛と機知とに満たち愉快な連作14篇。

ノラや (中公文庫)の文庫

ノラや (中公文庫)のKindle版

ツイートする