マンガ 日本の歴史〈3〉興亡する倭の五王と大嘗の祭 (中公文庫)

  • 53人登録
  • 3.82評価
    • (3)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 中央公論社 (1997年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122028241

マンガ 日本の歴史〈3〉興亡する倭の五王と大嘗の祭 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 概ね三世紀後半から五世紀の謎に満ちた時代。文献もまだ少ない。倭の五王の時代。馬が登場し始め、朝鮮半島、大陸とのやり取りも活発。この頃から、中心は邪馬台国型の地域王権から畿内の大和王権へと移行し、統一へ進んでいく。朝鮮侵略なども行い、軍事的な色合いも強まり大王の地位が作り上げられていく。依然として呪術、祭祀に生きる豪族と民主を従えるため、オオニエの祭が行われる。神から超越的な力を与えられているという証により、逆らう民をまとめ、統一王権を目指した時代。いくつもの王朝が興亡する熾烈な時代。古墳の時代でもある。農耕から戦いの時代となり、軍と民が区分されていく中で、神は王に力を授けるものとして変化しているのが面白い。

  • さまざまな神話と伝説に彩られた三世紀後半から五世紀末、「倭の五王(大和政権)」は宋への朝貢を梯子に日本全体を統合し始める。

  • 倭が朝鮮に出兵し、古墳が作られるくらいまでの話。その当時の船を作る技術や操船技術を考えると、出兵したということはそんなに簡単じゃないはずなのに、それでも行っていたのが古代人か。

  • 倭の五王の時代って、古墳時代なんだけれど、私が住んでいる、北関東の山の中ではどうだったんだろう、未だに縄文時代が続いていたんだろうか?そんなこともわかったら、石ノ森先生に描いてもらいたいのにもう無理なんですね。

  • 4122028248  211p 1997・3・18

  • 前方後円墳の登場について。この辺りの時代についての知識がないため、少し難しい巻でした。

全7件中 1 - 7件を表示

マンガ 日本の歴史〈3〉興亡する倭の五王と大嘗の祭 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マンガ 日本の歴史〈3〉興亡する倭の五王と大嘗の祭 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マンガ 日本の歴史〈3〉興亡する倭の五王と大嘗の祭 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マンガ 日本の歴史〈3〉興亡する倭の五王と大嘗の祭 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

マンガ 日本の歴史〈3〉興亡する倭の五王と大嘗の祭 (中公文庫)はこんな本です

マンガ 日本の歴史〈3〉興亡する倭の五王と大嘗の祭 (中公文庫)のKindle版

マンガ 日本の歴史〈3〉興亡する倭の五王と大嘗の祭 (中公文庫)の単行本

ツイートする