智謀の人 毛利元就 (中公文庫)

  • 23人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 古川薫
  • 中央公論社 (1997年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122028722

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
酒見 賢一
有効な右矢印 無効な右矢印

智謀の人 毛利元就 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 小説だと思って買ったけど小説じゃなかった(笑)
    改めて元就の一生を知ろうと読んだが、説が古そうだったので残念。
    しかし小説家が書いているし、タイトル通りな内容だったのでまあまあ。
    逸話は面白かったです。

  • 古川薫、戸部新十郎、井口朝生、白石一郎、戸川幸夫、
    新井英生、河合正治、森本繁、米原正義、榊山潤(敬称略)
    それぞれが元就周辺のことについて書いており、面白いです。

    どのページも毛利びいき(主に元就)なので、
    毛利氏が好きな人にオススメだと思います。

    隆元、元春、隆景、輝元、大内氏や尼子氏についても記載があります。
    逸話の紹介もあり、楽しめました。

  • 途中感想。
    毛利元就の人生を小説として読みたい人にはお勧めできません。

    どちらかというと、約10名による執筆陣の説明的文章で、大切な部分を頭に叩き付けるような感じです。

    ですが「新名将言行録」は、純粋に面白いです。
    幼き頃から全てを達観し、非常に大人びていたという様が伺えます。

全3件中 1 - 3件を表示

智謀の人 毛利元就 (中公文庫)はこんな本です

ツイートする