Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選 (中公文庫)

  • 1004人登録
  • 3.69評価
    • (112)
    • (124)
    • (222)
    • (12)
    • (4)
  • 128レビュー
制作 : Raymond Carver  村上 春樹 
  • 中央公論社 (1997年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122029576

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・オースタ...
ポール オースタ...
ポール・オースタ...
ポール オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • ドラマチックではない

    ハッピーエンドでもない

    でも、破滅的な絶望という訳でもない。

    やや日常的で、負のオーラを出していそうな主人公達・・・

    不幸で寂しい話が多かった気がします。


    村上春樹の一個一個の解説を読む前、読んだ後で読むと良い様な気がします。

  • 大聖堂、ささやかだけれど役に立つこと。
    この二作品だけのために買っても損じゃないぐらいよかった。

  • 果たしたとも。
    そう言って死んできたい。

  • あなたお医者様?
    知らない女から電話が。
    相手は確かに自分の番号を知っていた

    帰ってきてから妻が「なんだかあなたじゃないみたいよ」

    収集  掃除屋さん
    無理矢理入って掃除を始めるセールスマン

    大聖堂 盲目
    ささやかだけど役に立つこと  息子が死んでしまう ケーキ
    レモネード   レモネードを買いに行かせたため息子が死んでしまった

  • 不思議と心に残る小説集。

    最初はうまく馴染めず「、、??」という感じでしたが、読み進めていくにつれてじわりじわりと世界観にハマっていきました。

    最初の「でぶ」結構好きです。
    会話と主人公の心情の境目が溶け合っていく感じで不思議な味わいがありました。

    奇妙だけどあくまで日常の逸脱を許さない匙加減が絶妙で心地よかった。



  • カーヴァーの傑作と言われる「大聖堂」の途中に、畏れ多くも栞を挟んだままに放置されていた我が家の文庫。

    “みみずくは黄昏に飛び立つ”

    の中で、川上未映子さんとのやり取りを読んでこれは投げ出したアレをもう一度きちんと読まねばと、後悔しつつ再読。

    なぜあの時投げ出したのか!?
    今ならこの、まるでギャツビーか面色さんみたいな男の出てくる不思議な話の魅力がよく分かる。

    村上さんが生涯ベストとあちらこちらで話しているという、「足もとに流れる深い川」どうしてこんなふうに女性の気持ちを描けるのかしら?

    「ダンスしないか?」の奔放でミステリアスな主人公。

    …どの作品もラストがどうなるのかという想像にひやひやしてしまう展開、村上さんの文体、全てが面白く魅力的で唸ってしまった。


    チェーホフが亡くなった時のおはなし、「使い走り」がとくに興味深く好きだった。カーヴァーの最後の短編だそうですが…

  • 『ぼくが電話をかけている場所』が星五つでベスト。全体の評価としては、迷ったけど星四つにした。

  • 一冊の本としてすごく良かった。作者の人生が美しくまとめられてる短編集だと思う。
    かなり写実的な文章でイメージがしやすく、読みやすい。
    そしてそのイメージの中に、影を落とすのが本当に巧い。
    どの作品も、ある高まりだったり、何かが芽生えた瞬間にぷつっと終わるような印象。時々ミステリアスな表現で、余韻を残される。
    かなり感情的な小説だなと思う。無駄がないところも含めて本当に良い。

  • 夫婦間の馴れたかんじの性的な目線とか行為に、とくにその心理に身体性みたいなのが宿っているようにうかがえて新鮮に感じました。なんていうか、アメリカだなあという感覚はありながら、中年くらいの夫婦間の性の、あっけらかんとしたところが書かれているんです。そういうところに、はっとして、そうだよなあ、仲がよくて長年連れ添うとそうかな、という気もしましたし、それでいて、やはり文化の違いかという気もしました。「ぼくが電話をかけている場所」に出てくるロキシーという女性なんて、現実にぼくの生活にも出てこいと思うような、ぼくにとっても素敵な女性でした。そういう、レイモンド・カーヴァーならではの女性登場人物のキャラクターが印象的でした。ぼくのイメージや見方の枠組がひろがったような気がする。でも、そんな広がったイメージが現実の日本の女性とフィットするかはまた別の問題なのでしょうね。

  • 収録されている作品自体は面白い。しかし各話冒頭についている翻訳者による感想文が邪魔でしょうがなかった。

  • とても良かった。慈しみが感じられた。大切にしたい一冊。

  • 読みはじめて少したってから、見覚えのある文章だなと気づいた。いつ読んだかははっきり覚えていないのだが(学生の頃かな?)。でも忘れていたということは、当時は心に感じるものがなかったのかもしれない。

    今回、心に残ったのはこの2つ。
    「足もとに流れる深い川」
    読んでいる最中から、気持ちがざわざわして不安になり、読後もなかなかそこから抜け出せなかった。
    「ぼくが電話をかけている場所」
    読み終わった瞬間、涙があふれてきてビックリした。どうしてなのかわからないけど。

  • やっぱりおもしろい本だった。

    5いったい何が重要なのだろう?
    「愛、死、夢、望み、成長、自分自身の、そして他人の限界と折り合いをつけること。」

    8さまざまな職につきながら、必死に作家になろうと努力を続けた。・・・

    266こんなときにはものを食べる事です。ささやかだけど役にたつことです。

  • 相変わらず『大聖堂』がお気に入り。

  • レイモンドカーバーの作品はほとんど読んだことがなく、村上春樹訳ということで手に取った。

    村上春樹のファンであれば楽しめる内容。

  • はじめてのレイ・カーヴァー。チェーホフ、ヘミングウェイ、カフカあたりの影響を受けているそう。最近チェーホフを読んだだけにタイムリーだ。

    序盤はあんまりピンとこなかったな。「でぶ」はあっさりしすぎだし、一人称の女性視点はただおじさんが「私」という一人称を用いているだけという印象を受ける。(これは他の短編でもそうだけど…たぶん余分を削いでいくとそうなっちゃうんだろう)

    「サマー・スティールヘッド」はヘミングウェイの「二つの心臓の大きな川」がまず念頭にあった。ただこれは、どう踏ん張っても後者に軍配が上がる。

    「あなたお医者さま?」「収集」はカフカっぽいといえばぽいのだろうか。シュールさにおいて。

    この作者の描く世界に呑まれるというか浸されるように感じたのは、やっぱり「足もとに流れる深い川」あたりから。
    もし自分が彼女なら? あるいは僕がおなじような罪を犯したとき彼女ならどうするだろう? そう考えさせられる。本当は罪ともいえない些細な……しかし些細であるからこそ罪深いもの…。
    小さくて大きな事件。その大きさの計量のちがいによって、夫婦のあいだにすれ違いが生れる。
    それにより夫婦というひとつの関係性だと思っていたものが、実はまったく別々の個人だったことに気付かせられる。
    …こういう夫婦の不和、ちょっとした齟齬を扱った短編がとにかくリアルだ。

    ほか「大聖堂」「ぼくが電話をかけている場所」「ささやかだけれど、役にたつこと」が気に入った。どれも軽く読めてしまうのに、ずしりと重い。それも後々まで引きずってしまいそうな重さだ。

    全集の『大聖堂』『ファイアズ』『水と水とが出会うところ』をチェック。いずれ読んでみよう。

  • どこか遠いところでの出来事のような、何かが欠損しているような、でも何となく振りかえってもう一度読みたくなるような話でした。

    13.08.05

  • 全てが哀しい話の短編集です。
    愚かで暴力的で破滅的な匂いがプンプンする話ばかりです。

    ただ、なぜか力強く、逞しい印象を受けます。

  • 不思議とあとをひく文章ばかり。
    カーヴァーは自分の小説を、何度も削り落としたり引き延ばしたりしたらしいけど、私は削り落とした文章の方が好みなので、短い版を読んでみたいなぁと思うものもいくつかあった。

    「ダンスしないか?」が一番良かった。

  • 村上春樹はどうしても読後に残らない。レイモンド・カーヴァーは何故か心の深くにずっと残る。これが体質にあっているということなんだろう。何も起きない、そこには常に大きな感情が渦巻いているんだ。

  • 心臓の隙間の冷たい液が漏れているような感じ(足元に流れる深い川)
    寒々しさ・悲しさ・後悔・どうしようもなさ、からの、暖かい光と甘い匂いが満ちるラストシーンの空間が好き(ささやかだけど、役に立つこと)

    ライトグレイッシュトーンの絵をじっくり観て、だんだん何が描かれているか分かるのと似ている。
    でも同時に映画みたいでした。

  • 見た目、イメージ、思い込みで避けていたものに、惹きつけられていく話が好き

全128件中 1 - 25件を表示

Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選 (中公文庫)に関連する談話室の質問

Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選 (中公文庫)の作品紹介

村上春樹が心をこめて贈る、12の「パーソナル・ベスト」。レイモンド・カーヴァーの全作品の中から、偏愛する短篇、詩、エッセイを新たに訳し直した「村上版ベスト・セレクション」に、各作品解説、カーヴァー研究家による序文・年譜を付す。

Carver's dozen―レイモンド・カーヴァー傑作選 (中公文庫)の単行本

ツイートする