栄光のナポレオン―エロイカ (11) (中公文庫―コミック版)

  • 37人登録
  • 3.60評価
    • (3)
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 池田理代子
  • 中央公論社 (1997年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (136ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122029774

栄光のナポレオン―エロイカ (11) (中公文庫―コミック版)の感想・レビュー・書評

  • ついに、ロシア冬将軍にナポレオンは決定的敗北を喫した。ナポレオン包囲網は強固になっていくが、「ナポレオンの真の敵がナポレオン自身」とは、巨視的な味方としては実に含蓄あるセリフである。国家、ナショナリズム、そして皇帝による上からの支配の拒絶。これらは実力でのし上がった皇帝による対外侵略が生んだものなのだ。また、ナポレオン皇帝を生んだ仏国民の熱狂は、生活安寧の擁護に対する期待がもたらしたもの。が、彼が打ち続く戦乱、生活破壊の要因ならば…。落日は目前に迫る。

  • ★1812年 43才
    09月14日 モスクワ入城
    10月19日 モスクワからの撤退開始
    10月23日 パリでマレ将軍によるクーデター未遂事件
    11月25日〜28日 ベレジナ渡河
    12月05日 ナポレオン、パリに向かう
    12月18日 ナポレオン、パリに帰還
    ★1813年 44才
    5月〜10月 ドイツ戦役、イギリス、ロシア、プロイセン、オーストリア、スウェーデンが第6次対仏大同盟を結成。
    05月02日 リュッツェン戦勝
    05月20日 バウツェン戦勝
    08月26日~27日 ドレスデンの戦勝
    10月16日~19日 ライプチヒの敗戦
    ★1814年 45才
    02月01日 ラ・ロティエールの戦勝
    02月10日 シャンポベールの戦勝
    02月11日 モンミライユの戦勝
    02月12日 シャトー=ティエリーの戦勝
    02月14日 ヴォーシャンの戦勝
    02月18日 モントローの戦勝
    03月07日 クラヌの戦い
    03月09日 ランの戦い
    03月20日 アルシ=シュール=オーブの敗戦
    03月31日 連合軍パリ入城

  • なんという歴史の皮肉。ナポレオンが征服してまいた種子が、被征服地で成長して、いまやナポレオンの存在を足元から危うくしているなんて。

  • あらすじ
    ナポレオン率いるフランス軍は、モスクワ入城まで果たしたもののロシア遠征では敗北を喫した。いったんはパリへ帰ったものの、再びヨーロッパで連合軍と戦う。ナポレオンが出陣している間にパリが陥落する。

    感想
    戦争ばっかりだし、裏切り者ばっかりだし、読んでいて一番つらかったこの一巻。

全4件中 1 - 4件を表示

栄光のナポレオン―エロイカ (11) (中公文庫―コミック版)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

栄光のナポレオン―エロイカ (11) (中公文庫―コミック版)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

栄光のナポレオン―エロイカ (11) (中公文庫―コミック版)を本棚に「積読」で登録しているひと

栄光のナポレオン―エロイカ (11) (中公文庫―コミック版)はこんなマンガです

ツイートする