札幌着23時25分 (中公文庫)

  • 29人登録
  • 4.00評価
    • (3)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 中央公論社 (1998年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122032316

札幌着23時25分 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 面白すぎて寝るのを忘れて一気に読んだ。今ではもう書けない設定で昭和の良さがある

  • 鉄道の時刻表を使った傑作の1つだと思う。
    十津川警部が,相手の裏をついたのだから。
    無事、証言者を北海道まで届けたのは偉い。
    しかし疑問点もいくつか思い浮かぶ。

    1 飛行機での海外経路をなぜ選ばなかったか。
    2 自衛隊、海上保安庁との日常の協定をなぜ作っていないのか。
    3 犠牲が多過ぎることに問題はないのか
    4 証言後も危険だと思わなかったのか
    5 やくざ社会の仕返しを甘く見すぎていないか

    ぜひ,西村京太郎の作品で回答して欲しい。
    素人でも思いつく穴があるのだから,よく売れるのかもしれない。

  • 西村京太郎サスペンス!読みやすいし展開がテンポよくさくさくっと進んで読みやすい!ストーリー自体はシンプルだからわかりやすい。東京→札幌までの鉄道輸送!!

  • ストーリーのテンポが良く、西村さんの作品の中で一番ハラハラ、ドキドキ、わくわくできた。

  • 1998.9.18 初版 552
    十津川警部は、暴力団組長の殺人罪を立証する重要な証人を、札幌地裁に護送することになった。タイムリミットは、深夜零時!組員たちは、悪徳弁護士佐伯の指示に従い、証人の暗殺を狙う。折からの航空ストのため、東京から札幌へは、乗り継ぎが必要となる。東北新幹線、在来線、青函連絡船、車、チャーター機――追われる側となった十津川と佐伯の虚々実々の攻防!

全5件中 1 - 5件を表示

札幌着23時25分 (中公文庫)はこんな本です

札幌着23時25分 (中公文庫)のKindle版

札幌着23時25分 (中公文庫)の文庫

ツイートする