白蓮れんれん (中公文庫)

  • 241人登録
  • 3.79評価
    • (22)
    • (40)
    • (42)
    • (1)
    • (0)
  • 38レビュー
著者 : 林真理子
  • 中央公論社 (1998年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122032552

白蓮れんれん (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 花子とアンの放送時に図書館で予約して、ようやく読めた本。
    白蓮さんの結婚から始まる物語。
    当然、朝ドラとは違う、もっと色濃いお話でした。
    朝ドラ同様に、何故か伊藤伝右衛門さんが憎めない。いろいろ問題はあったにせよ、彼は少なくとも小さい器の男の人ではなかったと改めて思う。
    結婚に夢破れた白蓮さんの想いもまた、よくわかる。女学校の経営、思い描いていた夫との結婚生活、期待していた夫からの愛情。愛情は伝右衛門さんにもあったのだろうけど、白蓮さんには伝わりきらなかった。
    そうした中で最愛の人との出逢い。宮崎龍介さんが、こちらにきてからは幸せだった、と白蓮さんの死後断言しているのか、印象的。
    林真理子さんの小説、実は初めて読んだのだけれど、面白かった。

  • 大正時代の歌人、柳沢白蓮の伝記的小説。史実とは思えないほどの波乱万丈な百連の人生を、丁寧に描いている。現代だって有名人の不倫は大スクープ。当時の華族、しかもバツイチのお姫様の駆け落ち事件、相当な騒ぎだっただろうな。「白蓮事件」について思わず調べてしまった。昔の文語体で書かれた恋文や、仮名遣い、白蓮の京ことばが、本書を単なる不倫の話ではなく本格的な伝記小説にしている。歯に衣着せぬエッセイが共感できて面白い林真理子、こういう小説も書くんだと、改めて好きになった。

  • 明治大正昭和を生き抜いた華族出身の柳原白蓮の物語。NHKドラマ「花子とアン」でも話題に。
    こんな時代があったのだと思うと、現代はいかに恋愛に優しいのかと思う。
    不倫は非難されることも多いけれど、それでも、貫くことは現代のほうが簡単。
    どうも時代物は苦手ですが。
    林真理子の恋愛小説というのもあり、読み終えました。
    強烈ですね。柳原白蓮の生き方。
    人を好きになること。それは希望と強さになる。

  • この人の作品は、『ミカドの淑女』『女作者』くらいしか読んだことがないと思う。
    本作も、そういう系統の―つまり、明治・大正の女性の評伝的小説だ。
    朝ドラ「花子とアン」で、白蓮に注目が集まり、その当時、この作品もリバイバルした。
    でも、二十年以上前、94年の作品だったとは。

    宮崎家、伊藤家への取材も行い書かれた本だからか、二人の男性は好意的に描かれているようだ。
    しかし、本作のメインは、やはり白蓮の心理描写だろう。
    東洋英和での暮らしを理想化し、世間知らずだった彼女が、他の女性との幸不幸を引き比べ、嫉妬という感情を身につけていく。
    自分の秘密を打ち明けるべき相手を、自分のプライドと天秤にかけながら選び出す。
    この女性の不幸を、作者はこういうものとして描き出したのだろう。

    興味深かったのは、あの有名な決別状が、白蓮自身のものでなく、宮崎龍介の仲間の手が入ったものだったということ。
    そこは事実なのか、作者の創作なのか分からないけれど。
    それから、九条武子も駆け落ちを企てようとしていたというのは、驚いた。
    もし実現していたら、白蓮事件など霞むほどの、歴史を変える事件になっていたに違いない。

  • 朝ドラで仲間由紀恵が演じた蓮様がとても素敵で、ぜひ読みたかった一冊。

  • 2013/10

  • 林真理子作品は現代恋愛モノしか読んだことなかったけど、この作品の方が遥かにいいと思う。
    これがそう遠すぎない日本だということにも驚かされる。朝ドラ、観ておけばよかった。。

  • 花子とアンを見て、読みたいなぁ~と思っていたら実家にあったもんで。
    割と面白かったですけど、やっぱあきこさんは大変な人だな。友だちにはなれないな笑

  • ようやく読んだ蓮様のものがたり。

    今とは比べ物にならないほど
    思い通りにならなかった時代の女の人生。
    ましてや制限の多い生まれついての高貴な身分。

    「すごくすごく頑張った」連様。
    人生切り開くには、やはり行動だ。

    そしてやっぱり林真理子はすごいな。

  • 今と違い、言葉を交わすのも難しい時代だからこそ、運命はあるのかも。相手の事を想う時間、見習えないけど、女性らしい生き方だと思う。

全38件中 1 - 10件を表示

林真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

白蓮れんれん (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

白蓮れんれん (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

白蓮れんれん (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

白蓮れんれん (中公文庫)の作品紹介

未発表の恋文七百余通をもとに描く、新しい柳原白蓮像。華族に生れ、炭鉱王に再嫁し、大正の世に「白蓮事件」と騒がれながらも、ひとすじに貫いた恋の物語。柴田錬三郎賞受賞作。

白蓮れんれん (中公文庫)の単行本

白蓮れんれん (中公文庫)のKindle版

白蓮れんれん (中公文庫)の文庫

ツイートする