フリーダ・カーロ―引き裂かれた自画像 (中公文庫)

  • 82人登録
  • 3.74評価
    • (10)
    • (7)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 堀尾真紀子
  • 中央公論新社 (1999年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122033535

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ガブリエル ガル...
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

フリーダ・カーロ―引き裂かれた自画像 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 映画「フリーダ」でしか知らなかったフリーダ・カーロ。映画で観たよりもずっとずっと激しく、ずっとずっと苦しかった人生が想像できます。

  • フリーダの絵の奥にある、彼女の生い立ちや恋愛事情が知れて面白く読めた。
    私的な事情だけを作品にこめた作品で、こんなにもインパクトの強い絵は珍しいと思う。

    女たらしの旦那を持つとこんなに傷つくのですね。。
    それでも好きで離れられないって、分かるような分からないような。
    旦那が女に奔放なのは変えられないという前提のもとで、そんな変えられない状況でも夫と生きてゆく道、浮気の傷を耐え抜く道を少しずつ模索してゆくフリーダがすごいなと思う。

    既にメキシコシティの近代美術館とフリーダ・カーロ美術館で彼女の作品は生で見ているけれど、画集か何かでもっと沢山の作品を知りたいなと思った。

  • 興味があるからこそ読みきれる。
    彼女の絵を知っているとよりいい。
    さらにさらに彼女が好きになった。人間らしい。

    作家さんの情熱にも感動。

  • 映画もよかったけどこの本もすごくよかった。強く輝いていた人だと。

  • ただただ、圧倒。

  • フリーダの絵を最初に見たとき、なんだか怖くてでも目が離せなかった。好きなタイプの絵じゃないのに。
    額縁まで血が飛び散った「ちょっとした刺し傷」という絵だった。

    最近になって、フリーダの人生について知りたくなったのでこの本を図書館で借りた。
    わたしがフリーダについて気になってたこと・・・なんであんなに自画像ばっかり描くのか、という疑問もよく分かった。なるほどね。


    読んでて、画家・フリーダ・カーロっていうより、女・フリーダ・カーロの生き方に驚いてばっかりだった。
    夫で壁画家のディエゴとの結び付きは、凄い。
    怖いぐらい凄い。
    いつも愛に喘いでいた人。愛に生きた人。
    激しい愛を芸術にも昇華させた人。
    また彼女の絵をメキシコで見たいな。


    「私は生涯に二度、大きな事故に遭いました。ひとつは交通事故、もうひとつはディエゴと結婚したことです」
    「あなたたちは自分の目があり、自分の感性というものを持っているのですから、それを信じることです。大切なのは、どう描くか、よりも何を描くかなのです」

  • フリーダの絵には、自分と自分の傷ばかり描かれているように見える。
    一般人は傷を負った場合、時間が解決してくれるのを待つことが多いけど、フリーダはそこまで我慢強くもなければ、周りが見える人間でもなかったのではないかと思う。
    しかしそれでも、凡人には到底描けないよこんな絵。自分をぎりぎりのところで守るために、自分を絵の中で傷つけているという印象を受けた。

  • フリーダ・カーロ

    テーマ:歴史学(南米史)

    チェ・ゲバラ(アルゼンチン)、狂女フアナ(スペイン)、エビータ(アルゼンチン)など、スペインやラテンアメリカの人物はマイナーにみえて意外と(?)注目され映画化されています。フリーダ(メキシコ)もまたその一人です。1910年のメキシコ革命の起こるちょっと前(1907年)にフリーダ・カーロはメキシコに生まれ、激動の時代に愛と苦悩の波瀾に満ちた人生を歩みました。彼女の生涯をいくつかのキーワードで示してみてもあまりにもドラマティック!

    ☆バス事故―鉄棒に処女を奪われた
    1925年9月。18歳の頃、恋人と乗っていたバスが、路面電車と衝突。この事故で彼女の背骨、肋骨、骨盤、鎖骨は砕け、右足はつぶれ、もともと小児麻痺で数年前から不自由だった右脚は、10ヶ所以上が骨折したといいます。フリーダは瓦礫の中で血と金粉にまみれ. 半裸状態で鉄棒に突き刺されて発見されました(鉄棒は左臀部から膣を貫通して腹部に深い傷を残し、子供も産めない身体に)。ちなみに「鉄棒に処女を奪われた」という彼女の言葉は有名。

    ☆夫となる画家ディエゴ・リベラとの出会い
    21歳の年齢差を超え、フリーダとディエゴは、「互いのために生まれた」と信じ、相手への忠誠を誓いました。キリスト教において「愛」は、エロス (主に男女関係の性愛、肉体的な愛)、ストルゲー (主に親子関係など血のつながりのある人への愛だと思っていたのだけど、ウィキペディアによると師弟関係にある相手への尊敬を含み、従う、崇高な愛でもあるとか…)、フィーリア(友情愛)、 アガペー(キリスト教でいう一般的な「愛」であり、万人に平等な、無条件の愛。神の愛)… という具合に、主に四つに分類されるのですが、このなかの愛でいうと、フリーダとディエゴの愛は、(男女の関係にある以上、エロスはもちろんですが)根本的にはストルゲーといえるでしょうか(ストルゲーに師弟関係も含まれるのならば)。

    ☆夫の裏切りへの苦悩(浮気、嫉妬、流産)
    しかし、結婚生活は順風満帆ではなく、女好きな夫ディエゴの浮気に悩まされる日々。あろうことか、この男、フリーダの最愛の妹クリスティーナにまで手をだしたことも!このことはとりわけ彼女の心を傷つけ女(妻)としてのプライドを傷つけずたずたにしました(女として気持ちはよくわかります)。愛する人の裏切りからくる絶望感と嫉妬心は、(たとえば女王フアナのような)もとは大人しく、純粋で従順な、優しい女性が怒りと悔しさで気が狂ってしまうほど女性にとって大きなダメージを負う(愛憎が強すぎれば強すぎるほど、時に相手や自分自身をも傷つけてしまうほど)恐ろしいものです。フリーダも例外ではなく、夫を心そこ愛している彼女にとって、それはもう、腸が煮えくりかえるような思いだったことでしょう。「私は人生でふたつの大きな事故に見舞われた。 ひとつは路面電車にひかれたこと。もうひとつはディエゴよ」とまでいう始末。ショックは大きく、なんどか子どもを身ごもるも流産するほどにまで。しかし、そんな中でも、(“目には目をと”いわんばかりに“浮気には浮気で仕返し”するものの←ここが一途なフアナとの違いなのだけど)根本的には最後まで夫への(ひとつの)愛を貫いたということに、おなじ女性として深く感銘を受けました。

    ☆事故の後遺症と苦悩(激痛)
    精神的苦痛に加え後遺症による激痛が彼女を襲ったのです。

    ☆激痛と苦しみの中で貫いた夫への愛−様々な想いを絵に・・・
    フリーダは、彼女自身の生涯と夫リベラへの愛を、痛みと苦悩と嘆きで綴り、心からあふれ出る想いをすべて絵にぶつけました。素晴らしいのはここです。事故の後遺症と、夫の度重なる浮気や裏切りへの苦痛と苦しみに耐えながらも... 続きを読む

  • 日本人女性の手によるメキシコの女性画家、フリーダ・カーロの評伝。翻訳ものと違って、日本人が書いたものなので表現もひとつひとつココロのヒダに入り込んでくる感じで、読みやすい。
    母親と縁が薄かった幼少時代、その後の人生に大きな影を落とす交通事故とその後遺症などがフリーダの存在を足元から揺るがした。そこから生まれた、もっと愛されたい、見られたいという強い飢餓感。こうありたい自分と、直視するのも辛い自分との間で、つねに引き裂かれていた苦悩が、あの赤裸々すぎる絵の数々に叩きつけられていたのだ。彼女の絵が私をひきつけたのも、あたし自身も分裂した自分を持て余しているからなのかも。フリーダをはじめ、ジャニス・ジョプリン、シルヴィア・プラス、ジョージア・オキーフ、鈴木いづみ。私が好きな女性達はみな、変にまとまることなく狂気と正気を生き抜いて全うした人たちばかり。ほんとうにかっこいい!彼女達が前を歩いてくれてるおかげで、わたしも生きていられるのかもしれない、とさえ思う。


  • フリーダは偉大だ

全11件中 1 - 11件を表示

フリーダ・カーロ―引き裂かれた自画像 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フリーダ・カーロ―引き裂かれた自画像 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フリーダ・カーロ―引き裂かれた自画像 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

フリーダ・カーロ―引き裂かれた自画像 (中公文庫)はこんな本です

フリーダ・カーロ―引き裂かれた自画像 (中公文庫)の単行本

ツイートする