虹色のトロツキー (1) (中公文庫―コミック版)

  • 162人登録
  • 3.86評価
    • (20)
    • (12)
    • (22)
    • (3)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 安彦良和
  • 中央公論新社 (2000年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122036246

虹色のトロツキー (1) (中公文庫―コミック版)の感想・レビュー・書評

  • 昭和初期の満州国を舞台に当時メキシコに亡命していたレフ・トロツキーを満州に招く「トロツキー計画」とノモンハン事件がモチーフになっている。
    昭和初期、幼い頃トロツキーに似た何者かに家族を虐殺され、自身も記憶を失った日蒙混血の青年ウムボルトが建国大学(建大)に編入してくるところから話が始まる。この青年ことそが、トロッキーを満州に招くキー人物であり、トロッキー計画の推進派、阻止派や様々な思惑に翻弄されながら、ノモンハン事件までのウムボルトの生き様を描く作品です。

    この漫画を読んで初めて、旧満州に建国大学があったことを知った。この建国大学は「五族協和」を理念としたものである。この五族とは、日本系・満州(中国)系・朝鮮系・蒙古(モンゴル)系・白ロシア系のことであり、この五族が協和して満州国を発展させて行く思想を持った大学であった。

    物語では、当時のこの五族の様々な面が描かれており、今日の東アジアを考える上でもとっても参考になる物語です。近代の歴史の教科書を読むより、よっぽどこの時代を知ることができる1冊です。

    ちなみに著者の安彦良和さんの作品では、「王道の狗」「天の血脈」もおすすめです。


  • 作品の終わらせ方の下手さに定評のある安彦氏だけれど、『虹トロ』は見事。ウムボルトの上海での体験から最終巻のノモンハンに向け、見事に各人各様の孤独を描ききっている。「孤独」とはもちろん他者に理解されないことであり、たいていの場合舞台にその他者を配置する必要がある。正珠爾礼布中校には蒙古人の民族主義を潔しとしないウムボルトを、野田少佐には日本式のやり方でしか兵を指導できなかった過去の自分を、田中隆吉大佐には手を汚したがらないすべてのエリート軍人を、西貞久小校には増援をよこさない司令部を、そして誰のどの作品にも悪役として描かれる辻政信参謀にさえ、荻洲立兵中将という無理解者が配される。それによって、作中でナレーションされる彼の行く末を、単なる思い上がりの暴走ではないものとして描くことに成功している。

    しかしもっとも心に残るのは石原莞爾中将の孤独だ。ここでは石原と共感できるはずの尾崎秀美を批判する藤田松二という無理解者の「自由主義者というんですかね。まるでアカですな」という言葉を背に、全く違うことを考えながら汽車に乗りこむ彼の姿が描かれる。「ノモンハンに……」という彼のつぶやきは、彼の最大の信奉者でありながら最大の無理解者である辻と、息子的立場であるウムボルトの存在を読者にイメージさせる。

    そしてノモンハンでのウムボルトの死には「第二次世界大戦、始まる−」という、人類全体の相互無理解を示すナレーションが添えれられ、本編の幕は閉じられる。そして少し幸せなエピローグ。

    いまのところの安彦氏の最高傑作。

  • 軍隊ものは思想的な部分が気になるというか、「日本万歳」的な視点で書かれていると抵抗を感じてしまうのだけども、今のところはそういったことはなさそう。しかし国問わず組織って色々と複雑な事情で動いていくなぁ・・・。

  • 戦前・戦中の満州で何が行われていたか。一人の若者の生きざまを、どの思想にも偏らずに、必死に追いかけて描き出してくれたという感想。これは多くの人に読んでほしい。

  • 石橋莞爾の人物像は意外。
    そんな側面があったことは知らなかった。

  • なんか話が込み入っているわりにはもりあがるところがない。はっきりいってつまらない。
    続きを読むべきかどうか迷うなあ。

  • 中国、長春などを舞台とした作品です。

  • 最後切なかったな~。ヒロインとの別れあたりも切なかった。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 大陸へのロマン満載。よく言われることだが、最後は息切れしている感があり、少し残念。歴史のうねりや、恐ろしさが強く前面に出ている。

  • 私が持っているのは潮出版社の全8巻セット。文庫本だと省スペースでいいなぁ

  • 自分の好みに合うと思う。
    なんとなくあこがれてしまう時代・場所。
    満洲國を中心に、陸軍の謀略と抗日レジスタンスの抗争を活写した秀作。
    どこまで詳しく調べてるんだ、と驚いちゃう。

  • 安彦氏の漫画は何故か読んでしまう。
    漫画として、純粋に面白い気がする。

  • 歴史大河冒険活劇。満州建国大学やら東北抗日聯軍、興安軍など渋い舞台だが、満州新京から魔都上海まで所狭しで、アクション浪漫として非常に良くできた逸品。ぜひ読んで頂きたい!最後切ないが…エピローグが爽やかで救われた。
    石原莞爾や甘粕正彦・東上英機等々がホントに似てる。特に甘粕のでこっぱち…!

全18件中 1 - 18件を表示

安彦良和の作品一覧

安彦良和の作品ランキング・新刊情報

虹色のトロツキー (1) (中公文庫―コミック版)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

虹色のトロツキー (1) (中公文庫―コミック版)を本棚に「積読」で登録しているひと

虹色のトロツキー (1) (中公文庫―コミック版)はこんな本です

ツイートする