徒然草―マンガ日本の古典〈17〉 (中公文庫)

  • 32人登録
  • 3.13評価
    • (0)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : バロン吉元
  • 中央公論新社 (2000年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122037052

徒然草―マンガ日本の古典〈17〉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全二四三段。
    何か吉田兼好がイヤな奴に見えてしまった。後醍醐天皇と権威と財宝が嫌いで,女子供や馬鹿も大嫌い,放縦や猥談に眉をひそめ欲望を否定して世の無常を達観している。当時の豆知識とか一齣で終わるオチの無い段とか現代人には無益な気が。

  • 徒然なるままに全エピソードを漫画化の快挙。
    砕けてるんだか堅物なのかよく分からん兼好法師だが友人が多いようで様々な話があり楽しめる。
    個人的には段42の顔が腫れる病の話はホラー。

  • 現代版ツイッター

全4件中 1 - 4件を表示

バロン吉元の作品

徒然草―マンガ日本の古典〈17〉 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

徒然草―マンガ日本の古典〈17〉 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

徒然草―マンガ日本の古典〈17〉 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

徒然草―マンガ日本の古典〈17〉 (中公文庫)はこんな本です

徒然草―マンガ日本の古典〈17〉 (中公文庫)の単行本

ツイートする