太平記〈上〉―マンガ日本の古典〈18〉 (中公文庫)

  • 52人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (4)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 中央公論新社 (2000年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122037212

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

太平記〈上〉―マンガ日本の古典〈18〉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原文や、現代語訳ですらなかなか読みづらい古典を、マンガ化し、それでいてきちんと面白いというのはすごい。このシリーズをもっと読み進めていきたい。

  • 上・中・下巻読了。
    南北朝時代に興味をもったので読んでみましたが、一度読んだだけでは私には把握できない…!なんとも混沌とした話でした。

    同じ軍記物でも『平家物語』は滅びの美学を感じるのだけど(詳しくはないのであくまでイメージ)、『太平記』の武士たちはとことん野心とか欲に振り回されていて、愚かといえばそうも見えるし、人間らしくも感じる。
    一般的にまず格好良いと思われるのは、やっぱり楠正成なんだろうなぁ。

  • 後醍醐天皇がゴルゴ顔。暴力的な描写だけでなく、いちいち濡れ場がある点もゴルゴ的。上巻では古代語天皇の島流し、楠木正成の奮闘、足利高氏の寝返りと鎌倉幕府滅亡などが描かれる。続きが楽しみだ。

  • 太平記の時代のことが理解できる教育漫画。
    後醍醐天皇が男前。
    楠正成の活躍が痛快。

  • 亀岡などを舞台とした作品です。

  • 4122037212  271p 2000・9・25

  • 元亨4年~元弘3年(1324年~1333年)
    正中の変、鎌倉幕府滅亡

  • けっこう貴重な太平記漫画で、割と詳しく書いてあります。コマ外に脚注があって、入門編としては最適かと。でも、キャラはゴルゴ顔。後醍醐天皇も…。
    ちなみに上巻は鎌倉幕府滅亡まで。

全10件中 1 - 10件を表示

太平記〈上〉―マンガ日本の古典〈18〉 (中公文庫)に関連する談話室の質問

太平記〈上〉―マンガ日本の古典〈18〉 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

太平記〈上〉―マンガ日本の古典〈18〉 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

太平記〈上〉―マンガ日本の古典〈18〉 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

太平記〈上〉―マンガ日本の古典〈18〉 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

太平記〈上〉―マンガ日本の古典〈18〉 (中公文庫)はこんな本です

太平記〈上〉―マンガ日本の古典〈18〉 (中公文庫)の単行本

ツイートする