死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)

  • 1078人登録
  • 3.73評価
    • (65)
    • (103)
    • (128)
    • (5)
    • (3)
  • 102レビュー
制作 : Elisabeth K¨ubler‐Ross  鈴木 晶 
  • 中央公論新社 (2001年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (468ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122037663

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何度も勧められて、ようやく重い腰を上げて読みました。時間かかったけれど一読の価値ありです。

    コメディカル(特に実習中の学生)は時間のあるときに必ず読むべき本だと思います。
    臨死患者との向き合い方などとても勉強になります。

  • 精神科医が末期患者との対話を通じて 整理した 死までのプロセスの本。患者本人や患者の家族だけでなく、医療介護関係者にとって 希望の書になる と思う

    日本の社会保障制度の中で ここまできめ細やかな 終末期医療は期待できないが、保険外のニーズはあると思う。このような 終末期医療は 理想ではあるが、病院や医師、看護師が 患者より先に 燃え尽きてしまわないように してもらいたい

    本の趣旨は 「どうすれば カルテに頼らずに 人間としての患者さんに 接することができるのか」

  • とてもよかったです。読みながら浄化されてくようでした。

  • 「葉隠」を読んだのをきっかけに「死」に興味がある。ターミナルケア(末期医療)に関心を寄せる人々によって本書は「聖書」とすら呼ばれているようだ。

    死を宣告された人は下記の段階を経ると言うことで、それぞれの章に別れ、その段階の事象、インタビューが語られる。

    第一段階:事実を直視できない
    第二段階:他人や神に怒りをおぼえる
    第三段階:避けられない結果を先に延ばすべく交渉する
    第四段階:抑鬱
    第五段階:受容

    同じ境遇になったときに読めば、慰めに、あるいは前向きに向き合うことができるかもなと思う。
    死を前向きに受け入れたいとも思う。

    ・その他思ったこと
    70になったら海の見える場所で自給自足の生活

    死亡率の調査と対策

    どんな状態にあってもベストを尽くせ

    自分の死より、家族の死の方が耐えられない

    死の前にその家族と話し合うのは大切

    病気になると人は見舞いに来てほしい

  • 死とその過程において、人の心の動きを研究した本
    末期患者へのインタビューをもとに作成されている

    感想
    死への心の過程は
    失恋の過程ににていると感じた。
    その過程は以下の通り
    -衝撃 否認 怒り 取引 抑鬱 受容 虚脱
    -並行して希望
    失恋においても同等の過程を踏むのではないだろうか。

    死の過程では誰もが似たような道をあゆみ、人と話をすることで過程を受け入れ歩んでいけるのではないか。

    話を聞いてあげるだけでも、死への助けになるのではないかと感じた

  • 読了

  • 死とはなにか?人は死に直面するとどういう精神状態をむかえていくのか?を学術的に分析した本。身近なところに死を迎える人がふえてきた。彼ら彼女たちの気持ちを少しでも理解したいとおもって読む。

    死の受容モデルは以下の流れ。すべてが同じながれではない。

  • スイス生まれの精神科医エリザベス・キューブラー・ロス(2004年没)が1969年に発表した、ターミナルケアに関するバイブルと呼ばれるベストセラー。
    書名からは、「死ぬ瞬間」の(超常)現象が取り上げられているように思われるが、原書の題名は、直訳すると「死とその過程について」であり、著者が約二百人の患者へ行ったインタビューの結果を分析・考察することによって見えてきた、死へ至る過程の五段階について述べられている。
    五段階とは、<第一段階>否認と孤立、<第二段階>怒り、<第三段階>取り引き、<第四段階>抑鬱、<第五段階>受容であるが、これらの反応は、極度に困難な状況に対処するために人間に備わっている防衛メカニズムであり、各段階は、継続する期間も様々で、順序を変えて現れることもあれば、同時に現れることもあるという。また、それに加えて、多くの場合には、各段階を通してずっと「希望」が存在し続けるのだという。
    そして、患者に接する人間として大切なことは、患者の状態がいまどの段階にあるのかを推し量り、それに相応しい接し方をすることであり、それによって、患者が少しでも穏やかに永遠の眠りにつけるのだと語る。
    著者はその後、「幽霊」を目撃し、自ら「臨死体験」をしたことから、死後の生や輪廻転生を信じるようになり、そうしたものを信じる人々の熱狂的な支持を得る一方で、著者は宗教家・神秘主義者になってしまったとして、多くの人々が離れていったと言われているが、本書の、死へと至る人の心の動きの研究としての価値はなんら変わるものではない。
    いずれ訪れる身近な人々の死、或いは自分自身の死に向き合う場合に、多くの示唆を与えてくれたように思う。
    (2010年10月了)

  • selected by Yoshi (Vietnam)

  • 祖母ががんで入院しているとき、体力低下を嘆く祖母に退院しようと励ましていた自分を思い出した。
    余命いくばくもないことを私は知らなかったが、祖母自身は知っていたかもしれない。この食い違いは、要らぬ負担をかけてしまっているだろうなと理解できる。
    その人の立場で考え、そして怖がらずに相手の気持ちを聞き、お互いを理解することが、平穏を生むのだ。

全102件中 1 - 10件を表示

エリザベスキューブラー・ロスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
ヴィクトール・E...
ミシェル・フーコ...
ヘルマン ヘッセ
フランツ・カフカ
エリザベス・キュ...
梨木 香歩
有効な右矢印 無効な右矢印

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)に関連する談話室の質問

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死ぬ瞬間―死とその過程について (中公文庫)の作品紹介

死とは、長い過程であって特定の瞬間ではない-人生の最終段階と、それにともなう不安・恐怖・希望…二百人への直接面接取材で得た"死に至る"人間の心の動きを研究した画期的な書。

ツイートする