はじめての仏教―その成立と発展 (中公文庫BIBLIO)

  • 88人登録
  • 3.81評価
    • (8)
    • (6)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : ひろさちや
  • 中央公論新社 (2001年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122038660

はじめての仏教―その成立と発展 (中公文庫BIBLIO)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • たとえが秀逸で非常にわかりやすい。
    作者の意図で省略されている部分や独自の解釈が激しいように感じる部分も多いが、これぐらい極端にされた方が覚えやすいので問題無い。
    「わたしはそう思う。」という予防線もあるので、ひとりの研究家の一意見として読む分には読みやすさ・覚えやすさには敵わない内容でとても楽しく読めた。

  • 驚くほどに、極めて分かりやすい本です。

    ひろさちや氏個人の見方であるということは念頭に置いたほうがいいのでしょうが(多分他の人の本も見たほうがいいのでしょう)、ひろさちやさんという人は、本当に頭がいいのですね。難解な(はずの)事柄を分かりやすく説明されてます。特に図の表現は絶妙です(書こうと思ってもなかなか書けません)。

    なお、ひろさちや氏による仏教観は、一言で表すならば、
    「こだわるな」
    に集約されます。
    ・一つの見方に囚われるな
    ・常識に囚われるな
    ⇒主体性を確立しなさい
    それこそが(ひろさちや氏の言う)仏教なのですよ、、、と、理解してます。

    もちろん、ひろさちや氏という個人だけの主張かもしれませんが、それを容認する寛容さが仏教にある、とも言っているように思います。

  • 仏教の興りからその後の分派、経緯を概説。仏教の歴史のダイジェスト。ただ、出自が明確でないところは、著者の推測としてストーリーが展開されている点はいただけない。また、こういう歴史を知りたいと思っていたわけではなく、期待はずれ。

  • 如来とは何か? 菩薩とは何か? 極楽浄土とは? 実はよく知らなかった仏教の意味をていねいに解説してくれる、すばらしい本。
    仏教に対する理解も深まるし、仏像を見るときにも助けになる。
    日本仏教の展開についてやや駆け足に感じるが、紙数の都合もありこれは仕方がないと思う。著者の他の本も読んでみたい。

  • 仏教について全然知らなかったので読んでみました。最高。非常にたとえ話も多く、非常に分かりやすかった。「空」とは?「菩薩」とは?ということについても、筆者の言葉で説明してくれています(本当の意味とは違うかもしれないけど)。第1章から驚かされた本はあまりないです。お寺とか仏像とか観光で見てたけど、いやーほんとに自分はなんにも知らなかったんだなぁと思わされた一冊。こういう知識を持った上で、お寺と仏像をもう一度見に行ってみたくなりました。日本人が大きな影響を受けている仏教に関する、初心者向けのこの本は読んどくべきかと。

  • 仏教世界を理解する入門書として使えそうな本である。内容の密な部分もあるが、じっくり読む事で理解を深めることは十分に可能である。仏教用語にはルビが振られ、読みやすさもある。

  • 日本人なのに仏教のことをこの年まで全然知らないことを恥ずかしく思い、知人から紹介されたこの本を読みました。
    とても分かりやすく、仏教に興味を持てました。
    入門書としてはかなりお勧めです。

全8件中 1 - 8件を表示

ひろさちやの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
村上 春樹
マーク・ピーター...
村上 春樹
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

はじめての仏教―その成立と発展 (中公文庫BIBLIO)に関連する談話室の質問

はじめての仏教―その成立と発展 (中公文庫BIBLIO)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

はじめての仏教―その成立と発展 (中公文庫BIBLIO)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

はじめての仏教―その成立と発展 (中公文庫BIBLIO)はこんな本です

はじめての仏教―その成立と発展 (中公文庫BIBLIO)の単行本

ツイートする