第三帝国の神殿にて〈上〉ナチス軍需相の証言 (中公文庫―BIBLIO20世紀)

  • 60人登録
  • 3.53評価
    • (1)
    • (8)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 8レビュー
制作 : Albert Speer  品田 豊治 
  • 中央公論新社 (2001年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (435ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122038691

第三帝国の神殿にて〈上〉ナチス軍需相の証言 (中公文庫―BIBLIO20世紀)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヒトラー側近による獄中記「第三帝国の神殿にて」

    著者は優秀な建築家として ヒトラーに認められた。ヒトラーは 自分の時代と精神を 「廃墟になっても価値のある建造物」として 未来にのこそうとした ことがわかる

    著者は 戦争が進むにつれて、ヒトラー専属の建築家から 軍需相になり 戦争工業の中心的人物となる

    ヒトラー研究の本は ヒトラーが現象だったり、悪魔だったり 生身の人間を感じないが、この本は ヒトラーが人間に感じる。

  • 「Die verdammte Pflicht:Erinnerungen 1932 bis 1945」の翻訳(2001/07/25発行)。

    ドイツ第三帝国の軍需相を務めたベルトルト・コンラート・ヘルマン・アルベルト・シュペーア(Berthold Konrad Hermann Albert Speer)の回想禄の上巻。

    上巻ではシュペーアの少年時代から、第2次世界大戦中の独ソ戦でドイツ第6軍がスターリングラードで壊滅するまで記載されています。 本書では、シュペーアはユダヤ人虐殺(ホロコースト)を知らなかったとしていますが、実際には知っており、アウシュビッツの拡張にも関わっていたことが、ドイツ第三帝国時代の報告書で判明しています。 この他にも、いろいろ虚偽があるようですが、戦後も生き残ったヒトラーの側近が書いた本と云うこともあり興味深い内容の本だと思いました。

  • 子供時代かわいい

  • ナチス中核にいたシュペーアの手記。

  •  軍需大臣だったアルベルト・シュペーアが戦後書いた回想録です。シュペーアはヒトラーお気に入りのテクノクラートで、都市開発計画を任されたりしてました。また本人も優秀で空爆で減退した生産力を飛躍的に回復させた立役者でもあります。上下2巻。

全8件中 1 - 8件を表示

アルベルト・シュペーアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
J.L. ボルヘ...
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

第三帝国の神殿にて〈上〉ナチス軍需相の証言 (中公文庫―BIBLIO20世紀)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

第三帝国の神殿にて〈上〉ナチス軍需相の証言 (中公文庫―BIBLIO20世紀)を本棚に「積読」で登録しているひと

第三帝国の神殿にて〈上〉ナチス軍需相の証言 (中公文庫―BIBLIO20世紀)はこんな本です

ツイートする