神様 (中公文庫)

  • 2687人登録
  • 3.75評価
    • (359)
    • (309)
    • (572)
    • (40)
    • (12)
  • 400レビュー
著者 : 川上弘美
  • 中央公論新社 (2001年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122039056

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

神様 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • ドゥマゴ文学賞、紫式部文学賞受賞短編集。

    高校の国語の教科書に載っていた「離さない」に衝撃を受けて以来、折に触れ何度もあの人魚を思い出していた。どうしてもまた読みたくなって探して、行き着いた本。

    「離さない」は勿論良かった。魅せられる静かな狂気。ぞっとするんだけど、最初に読んだ日以来私の心を「離さない」物語。
    人魚が人魚姫みたいな美少女じゃないのに魅せられるっているのがいい。狂気の描写が心情描写を延々書き連ねる、という風じゃないのがいい。あっさり描かれていて、だからぞっとする。
    人魚のお話は数多くあれど、私の中でのナンバーワン人魚。

    で、今回他の収録作も初めて読んだ。知らなかった、「神様」が川上弘美のデビュー作だったんですね。
    このお話含め、どれもこれものんびりぽかぽかしてでもどこか切なさを感じる。寂しさとかも。この小説を読み終わった今も、とても寂しい。
    いいな、私もそんなくまに会いたいなあ。熊、じゃないのがいいね。

    それから「花野」はもうドストレートに泣ける。人に勧めるならまずこのお話からにすると思う。でも変に泣かせようと肩肘張ってない、あっさりとした文章なんだよね。
    そら豆嫌いなのに、食べたくなった。

    あとがきも面白かった。オチが(笑)。

  • 軽い女性作家の純文学読みたくて古本屋で買ったやつ。軽かった。新幹線の中で読んじゃった。普通の短編かと思ったら連作短編(?)だった。『やしやし』もそうだけど、この人こういう雰囲気のふわふわした不思議な感じが好きなのかな。
    「花野」とか「春立つ」とか「離さない」らへんが好みでした。

  • 神様って、もっと崇高で近寄りがたいイメージを持っていたのに、この本に出てくる不思議たちは、決して見た目ではなく、優しくて暖かいものばかり。
    現実に起こってほしいような、ほしくないような。
    どのお話も、童話のような気軽さで楽しめました。

  • 全体的に不思議な印象をうける読み物です。
    ストーリーの設定は奇妙なのに、日常的・生活感がある(?)みたいな。
    ちょうど、世の中が少し春めいてきた頃に読むといいかもしれません。

    私は「神様」「夏休み」「花野」「春立つ」・・・・大体全部好きでした。
    (「河童玉」だけちょっとニガテかな。)
    「神様」は「私」とくまがピクニックに出かけるお話で、森のくまがあまりにも紳士的で礼儀正しいとこが好感をもてますし
    「夏休み」はあの夏のへばるような昼の暑さと、じっとりとしたでも悪くない夜の雰囲気が伝わって心地よく、
    「花野」はおじさんと毎晩会う花野での舞台をよく想像できますし、
    「クリスマス」に出てくるコスミスミコは嫌いになれないし、
    「春立つ」も深い雪と愛の壮大なお話しのような気もするし、、、
    あと「離さない」は最後ちょっとゾッとしました。(人魚のイメージは彫刻作家の土屋仁応さんの人魚です)

    どれもこれも少し変わったお話しですが、おすすめします!

                            春の海にて 2017年4月9日

  • 2017/1/31

    すごく好きな話ばっかりでした!
    設定はすごくファンタジーなのにふわふわしてない。生活感があるのに夢がある。
    自分のまわりにもなんか変なものが突然現れたりしないかなあって期待してしまう。
    おもしろかった!!

  • ふわふわ上の空。おかしな話。コスミスミコに会ってみたい

  • 3つ隣に住むくまとお弁当を持って川原にいく。二十分ほど歩いたところにある川原。捕った魚は上手に裏返しながら干し魚にしてお土産にしてくれた。別れ際抱擁を求められる。熊の神様のお恵みがあなたの上にも降り注ぎますように、と。悪くない1日。

  • 人ならざるものとあたりまえに共存するこの小説の世界観、大好き

  • 全編とおして、不思議な短編集。
    よくよく読んでみると、これってちょっと怖いかも…と思える話もあった。くまとかやっぱ怖いし、人魚も不気味(笑)でもこの世界観は嫌いではなかった。
    一番好きだったのは、コスミスミコかなぁ。うちにもいてほしいかも、料理上手の女中として(笑)

  • これは夢なのか寓話なのかファンタジーなのかホラーなのか。ある日突然、隣に引っ越してきた熊からピクニックに誘われる。熊とはあだ名ではなく本物の熊、日常における非日常な出来事、それを違和感なく受け入れる主人公がいます。にこやかに歩き、河原で食事して昼寝する、別れ際には名残惜しんで抱擁を交わす。ほのぼのとした情景ですね。しかし、熊という動物、熊が象徴するものがもつ得体の知れなさがなんだか恐ろしい。フレンドリーな隣人の振りをしてるが、突然牙を向けられるかもという恐れを感じる。

  • コスミスミコが入った壺が欲しい。

  • わーなにこれ。くま!

  • 短編集
    同じ登場人物が出ているものもあり、そうでもないのもある。
    相変わらずちょっと不思議なテイストの話が多くて、ん? これはどういう意味? と考えることもあり
    クマがアパートに住んでいるファンタジーかと思ったらそうでもなかったり、カッパに連れられて水の底のカッパ村に行って閨についてアドバイスを求められたりとか、お話はいろいろ

  • ただくまと散歩をして帰ってきて別れる話。
    なのに切なくて、優しくて、愛おしい。
    二人の交わす言葉は温かい。

  • 不思議な世界観のようで
    事々の全てが現実世界とリンクする

  • ご近所に住まうくまを始めとして、河童や人魚、壷の中の女の子……
    日本の妖怪文化を意識させるような、少し不思議な存在とのあれこれが詰まった短編集。
    しかしタイトルは妖怪ではなく、「神様」。
    くまは自然のメタファーなのか、だとしたらこの話は歩み寄ろうとしてくれた自然への人間の仕打ちを描いているのか…などとも考えられますが、そんなむずかしいことは考えずとも、くまの仕草やセリフの丁寧さだけでたまらなくなる物語です。

  • くまにさそわれて森に出る。

    素晴らしい!わたしはまさにこういう現実離れした、けどそれが普通に受け入れられる不可思議な短編がすきなんだ!
    人の神様は人の形、くまの神様はくまの形。
    面白い話ばっかだったな〜。
    特に印象に残ってるのは、壺の妖精の女の子の話と、居酒屋を経営しているおばあさんの昔話!

    普通のお話だったら、まずその妖精が出てきた瞬間の説明とか受け入れ方とかにたくさんの説明とページを費やすだろうに、この作品ではすぐに受け入れられて物語が始まっていくのがいい。
    少なくともわたしは小難しい説明とか理論とか求めてないから、このくらいのテンポで進んでくれた方が頭に入りやすくていい。

    それでみんなが振り向くくらいのかわいい妖精でも、すきな男の子には振られたりしているのが普通の人間と同じ悩みで最高にかわいい。

    おばあさんの昔話も面白いけど、最後の張り紙の言葉が最高!

    あと星の光は昔の光っていうのもよかったなぁー。

    くまの手紙も良かった。料理をしなくなって忘れてしまったってところがかなしい。人の世界から離れてくまの世界に帰っちゃったら、どんどん記憶が淘汰されちゃう切なさ。

    あーもう感想短くしたいのに面白くてつい長ったらしくいってしまう。面白さっていうのは一言で伝えるべきものだと思うのに!ちくしょう!

    20151125

  • 神様に登場するクマの表現が好きでした。
    他の話も、不思議な事が起きているのに淡々としていて面白かった。

  • この不思議な雰囲気。読後感しんみりしてしまうけど心にじわっとくる感じ。
    くまと友達になりたい、本気で思ってしまいます。『花野』くたびれたセーター着てていいから会いにきてほしい。

  • 「神様2011」という、本書「神様」の続編の存在を知り、いつか順番に読みたいと積読リストに入れていました。

    著者の作品は以前新聞小説でかろうじて読んだくらいでしたが、その時のファンタジー作品にはイマイチ溶け込めず、ノーチェックの作家さんでした。
    しかも、本書は私が普段あまり好まない短編。まったく期待薄で読み始めました。

    ・・・が、予想外に面白かったです。
    ファンタジーというよりメルヘンに近い、けれど童話のような子供っぽさははなく、さらりと読め、しかも再読に耐えるであろう夢を見たような読感。
    私は図書館で借りましたが手元にあっても良いと感じる本でした。

    人間の日常の中に「くま」や「人魚」や「幽霊」や「河童」などが普通に出てきてでも違和感がない、他の方のレビューで言われてましたが、ソフトバンクのCMのお父さんのような、犬だとわかっているけど、お父さんとして普通に受け入れている感じ、の世界観なのです。
    しかも、細かい描写がなくても、その姿形が頭に浮かぶ。
    ほのぼのしたり、切なくなったり、うっとりしたりと、いろいろ楽しめました☆

  • 高校の国語の教科書に掲載されていた花野をきっかけに、この本をとってみました。
    不思議な生き物が、違和感なくごく自然に日常に溶け込んでます。優しい気持ちになりました。

  • やわらかで、おかしくて、ちょっとこわくもあり、せつなくもあり。
    一番好きな「神様」は表題作のタイトルではあるけれど、それぞれのお話に「神様」がいるよう。
    どれも短くてあっという間に読める。
    くまとの散歩、またのぞかせていただきたいものである。
    いとおしくなった。

  • くまに誘われたり、壺の精が現れたり、人魚にとらわれたり。予測もしない生物たちが登場するけど、そこにあるのは穏やかな日常。誰でも溶け込めてしまいそうな錯覚になるほど、こころの奥までふーっと忍び込んでくる物語だった。

全400件中 1 - 25件を表示

神様 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神様 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

神様 (中公文庫)の作品紹介

くまにさそわれて散歩に出る。川原に行くのである-四季おりおりに現れる、不思議な"生き物"たちとのふれあいと別れ。心がぽかぽかとあたたまり、なぜだか少し泣けてくる、うららでせつない九つの物語。デビュー作「神様」収録。ドゥマゴ文学賞、紫式部文学賞受賞。

神様 (中公文庫)の単行本

神様 (中公文庫)の単行本

ツイートする