残響 (中公文庫)

  • 237人登録
  • 3.35評価
    • (14)
    • (18)
    • (60)
    • (7)
    • (2)
  • 26レビュー
著者 : 保坂和志
  • 中央公論新社 (2001年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122039278

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
保坂 和志
フランツ・カフカ
村上 春樹
村上 春樹
保坂 和志
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

残響 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 途中で登場人物の誰が誰だかわからなくなったけれど、離れて存在している人間のことを一瞬でも思う人間がいることの美しさに貫かれた小説だと思う。思い出すということは、その相手が生きていようが死んでいようが、ひとしなみに生かすことになる。

  • 『季節の記憶』がほとんどの人が人生において必ず経験する一般的・普遍的な体験についての思案だとしたら、『残響』はその時その場所で誰々という一人の人間の身に起きた完全に個人的な体験についての思案だという印象を受けた。そういう意味でその二つの作品は相補的な関係だと言えるように思う。どちらの作品からも、作者は地動説的なものの見方を持っていて、自分中心ではなく宇宙の一部品として自分を捉えていることがうかがえる。俯瞰的でどちらかといえば冷たい見方だとも言え、そのため文章の温度は低く、共感に強く訴えることもほとんどない。しかし、そういうプラスの感情にたよらないものの見方でも、住んでいる世界の素晴らしさを見出すことはできるのだということを、人や物や生き物を介した人間関係の連鎖・交錯・共存を描くことでこの作品は表現しているのではないかと思った。私は共感に頼りがちな感情タイプの人間だが、こういう理知的・物質的な考え方に対する憧れもあり、とても感心する思いで読んだ。異なる視点を与えてくれる力作なんじゃないかなあ。

  • 保坂和志「残響」http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163170008 … 読んだ、すばらしい!何も起きない、粗筋にできない。他者へ伝わらないその他者本人について思いを巡らすことの意味は?思考による他者の存在と、不在の存在の確認。個人に閉じた思考を介して一人ひとり世界はつながっている(つづく

    誰かのことを考えるとき、そこに居なくても、見知らぬ人でも、その人は確実に存在するし自分と関係がある。「コーリング」は小説内では社名だけれど、「残響」とのセットで、誰かのことを考えること=そこに居ない(伝わらない)相手への思考を介した呼びかけ、の意味のようで、いいタイトル(おわり

  • 保坂和志「残響」http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163170008 … 読んだ、すばらしい!何も起きない、粗筋にできない。他者へ伝わらないその他者本人について思いを巡らすことの意味は?思考による他者の存在と、不在の存在の確認。個人に閉じた思考を介して一人ひとり世界はつながっている(つづく

    誰かのことを考えるとき、そこに居なくても、見知らぬ人でも、その人は確実に存在するし自分と関係がある。「コーリング」は小説内では社名だけれど、「残響」とのセットで、誰かのことを考えること=そこに居ない(伝わらない)相手への思考を介した呼びかけ、の意味のようで、いいタイトル(おわり

  • 「コーリング」と「残響」の2作品を収録。
    最初、どう入り込んでいいのか分からなくて、戸惑ったけどかなり面白かった。何度か読み返したいと思わされる小説。

  • この文庫には、『コーリング』と『残響』の二編が入っている。『プレーンソング』『季節の記憶』を読んだあとに、この本を読んだ。最初に読んだ二つが、一人の人間の主観的な視点(それでも冷静で客観性を備えた人物が中心に置かれていたけれど)から描かれているのに対して、『コーリング』も『残響』も、映画のカメラのような、客観的な視点で描写が行われる。
    特に、『コーリング』は、文章の感じも、一文一文が短くて、これまでとは異なる感じが強かった。かなり淡々としている印象を受けた。『残響』は、『コーリング』と比べると、文章の長さや感じは『プレーンソング』『季節の記憶』に近く、より一層、描かれる個人がどういうことを考えて生きてる人物なのかということが、詳細に述べられているように思う。
    これまで、「ある考え方を持つ個人」が捉えた世界に焦点が当たっていたのに対して、「ある考え方を持つ他者と他者」で構成される世界ということが中心になった。そうすると、人と人との隔絶感というか、「わかりあえない」という前提が生まれて、そこからどう関わり合いをもつのか、自分ではない他人との関わりというのは、どういうものなのか、ということが問題の中心になってきたように思った。主観を持つ個体と個体がどんな関係を持っているのかを俯瞰して見ている気持ちになる。
    自分の考え方に対する興味を深めていくと、だんだんと他者と自分との関わりということに関心が向いていくのだろうか、ということを思った。

  • 「コーリング」と「残響」の2篇が収められています。

    コーリングは、目の前にいる人と記憶によみがえる人を、登場人物の繋がりから連鎖的に描いています。

    思い出されている人たちは、思い出している人たちを思い出すのでしょうか。

    ◆残響

    こちらは家をアンカーとして観ている人と観られている人。

    観られている側は観られていることを意識せず、
    観ている方は対象を観てあれこれ想像、推測し
    対象の動きに身勝手な意味づけを試みます。

    どちらも主体と対象を意識した風変わりな小説です。

    主体が家や人といった対象の物理的な光景を観て、
    勝手に対象の動きや痕跡に意味を持たせていく様は、
    物理的事象と思い入れの部分を分離する科学の実験のようです。

    当たり前の普段意識していないことを詳らかにされると、
    意識を解剖されたような気分になります。
    ペンは時にはメスにもなるようです。

  • 残してきたものを響かせ合えるか。
    響かせ続けられるか。

  • 解説がやや押し付けがましかった。
    小説自体の内容は観念色を前面に押し出した保坂和志作品といった感じ。

  • たぶん一気に読んだ方がいいのかも。

    どうも残響読んでいて、前半のコーリングと内容がこんがらがることがあった。

    やはり回り道ぐるり文。
    というか、会話が少ないだけに余計にたらたら~っと続いてるように思えてならない。
    これまでで一番読みにくかった。

    でも、所々にはっとする言葉がちりばめられている。

    いつも、誰かが誰かのことを考えていたりするんだよなー世の中って、と思う。
    それは特別な意味を持つことのようで、当たり前のことでもある。


    私はプレーンソングの方が好きだなー。
    まぁいつか再読しよう。

  • なんか理屈っぽくってダラダラした感じが肌に合わなかった。

  • 昔読んだ。
    面白かったような気がするけど、覚えてない。

  • ずっと頭の中にあって、歩いているときとか話しているときとか、友達とさよならして一人になったときとか、ふと文章が浮かび上がってくる。

  • 孤独と孤独が、実際に顔をあわせることなく、広い世界で、響きあう。出会う(出会った)ということは、やっぱり喜ばしい出来事だと思った。

    実際に会わないけど、誰かのことを、考えている。。
    素敵なことだと思う。
    わたしも、そんな経験、ある。哀しくて、幸せなことだ。

    でもちょっとなんとなく理屈っぽくて、読みづらかった。

  • この作品だけはなかなか読み返すこともなかったのだけど、この機会に持っていって読替した。こんな話だったっけなっていうのが正直な印象。こんなに面白い話だったっけな。たぶん、僕の中では「プレーンソング」やら「季節の記憶」っていう流れに乗って次の展開を期待していたのに、まんまとこの時は裏切られた感があったから、読んでてもきちんと実際は読んでいない状態に入ってしまっていたのかもしれない。先入観てだめね。(10/2/21)

  • このあとに小説を書く人は大変だろうな、ということを考えそうになりますが、きっとそうでもないのでしょう。ゆかりは家のあちこちについた傷を見て、まえの人たちには子供がいた、と断言するのですが、実際は猫x2なんですね。

  • ふと、「あの人どうしているかな」と思う瞬間はどんな人にもある。
    で、その“あの人”っていうのは初恋の人だったり、先生だったり、はたまた話したこともないような近所の人だったりいろいろだけど、でもそうやって思い出したところで、その当の本人は思い出されていることはわからない。
    でも決して伝わっていないわけではない。
    うーん。
    とっても観念的ですね。
    そして文章がやたら理屈っぽい部分があります。個人的には嫌いじゃないけど。

    人と人とのつながりというのは例えば“会う”とか“電話で話す”とか“メールする”とかそういう直接的なものだけじゃないんだっていうことをほんわか教えられました。
    “残響”っていう題の意味がずしーんときます。

  • 話の展開それ自体を楽しめるとか、カタルシスを得られるとかいった内容ではないのに、不思議と引き込まれる小説だった。

     何か起伏のあるドラマが語られるわけではない。登場するそれぞれの人物が、何かしらの痕跡であったり、そこから派生する思考で繋がっていく様が淡々と描写されている。しかし、ただ文字を組み上げて造った物語というよりは、記憶の交錯という実際の現象を描写した結果が物語になっているという印象だ。

     私達は、自分を取り巻く周辺を最も広く表す時、それを「世界」と呼ぶ。そしてその「世界」とは、「世界観」という言葉があるように、詰まるところ個人的な認識によってそれぞれの内面に創られたものであって、万人に共有され得る「世界」の形というものは存在しない。しかし、だからといって人間がその「世界」形成の過程で既に他者と断絶しているわけではない。他者とはどこかで重なり合い、時には溶け込み合いながらオリジナルの「世界」を創り上げている。この作品は、そうした交錯の中でも、他者の存在を感じさせる痕跡や記憶といった掴みどころのないものとの交錯を主に取りあげている。

     その交錯は、日常的に起きているものだから現象としては理解できるが、一方でどこか不思議な感じも残る。自分の思考に確実にぶつかってきているものがあって、しかしその主体と自分は物理的に隔絶されている。逆に、生きる空間や時間が重なっていない相手に対しても自分という存在は影響していく。自分の与り知らぬところで、場合によっては自分のパーソナリティの片鱗すら知らない人間が、何らかの痕跡から自分という存在を意識する。

     この事実を果たしてどう受け止めるべきなのか。「存在を意識する事で、人間はどこまでもリンクしていける」と喜ぶか、「そうしたリンクを知覚できながら、痕跡を残した主体にまでは到達できない悲しい存在が人間だ」と嘆くか。自分は後者だったが…。

     この作品は小説の体を取っているが、存在としての人間を遠回しに論じた本だとも言える。人によっては哲学書のような受け止め方ができるのではないだろうか。「世界と自分との関係」について一度でも考えたことのある人には、ぜひお薦めしたい。

  • 時間の同時性について考えると
    ぼくは胸が締め付けられるような感覚に襲われる。

     無機質に水道水の流れる音しか響かない部屋で
     ぼくはもう15分ものあいだ洗い物をしている。
     「そんなの5分もかからないよ、CMの間に終わっちゃうわ」
     そう言う会社の同僚は、生活感のないスマートな顔立ちを
     しているよなって、その輪郭を思い出していた。

     その時彼女は、Bill EvansのWhen I Fall In Loveが
     しっとりと鳴り響く御茶ノ水のbarの片隅で
     ほとんど中身が減らないグラスを退屈そうにいじりながら、
     「一番好きなカクテルはウォッカトニックだよ。
      酒と女の子だけ、シンプルで透明にお付き合いしたいんだ」
     などと気障な台詞を吐いていたのは、たしか夏に退社した
     二つ上の先輩だっけって、彼の唇をいじる癖を真似していた。

     その時二つ上の先輩だった彼は、
     今の会社における自分より社歴の長い部下の取り扱いについて
     熱いシャワーを浴びながら一通り考えていた。
     結局まとまらないままタオルで体や髪を拭いていて、
     既に缶ビールを片手にテレビのスイッチを入れていた。
     よく見かけるタレントが確定申告についてアピールしていて、
     そういえば、前の会社の退職手続きの時に
     「再就職しない場合、確定申告で税金が戻る場合があります」
     なんて人事の人間が偉そうに言っていたことを
     ほんの一瞬だけ、機械的に思い出していた。

     その時人事の人間は、ようやく終わった洗い物の一つに
     再び熱いコーヒーを注ぎ、一息入れようとパソコンの前で
     internetに接続する手続きをとろうとしている。
     知らない誰かが息づくこの世界で、自分を吐き出し
     現実逃避するのも悪くないなんて考えていた。

    ・・・決して交わり染まらない思考が水平的に折り重なる。
    どこかの時間軸のどこか一瞬間を起点として、
    もしぼくらが繋がるのであれば、それは何かの証なんだろか。
    不思議な感覚である。想いを馳せるという行為は、
    ちょっとぐらいは幸せにしてくれるような気もする。
    だけど、やはり切ない。切なさに圧倒される。
    違う空、違う街、違う言葉、違う習慣・・同じ時。
    あの子は何をしているのだろうか・・

  •  残響。Echoing.

     彼にしては異色。視点が三人称、使う言葉・思考にも切れが無く、女子高生が適当に書いた感想文を髣髴とさせる。内容も味噌っかすで、彼に期待している人は読まないのが無難だろう。
     正直ショックだ。

  • 2008年7月28日(月)、読了。

  • タイトル通り、心に響く。本棚にずっと閉まってあって、最近読み直した。昔読んだときより響かなかったのが寂しかった。

全26件中 1 - 25件を表示

残響 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

残響 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

残響 (中公文庫)の作品紹介

あなたに会ったのも、会わなかったのも、すべて、この世界のなかでだった-。それぞれの孤独が共鳴しあい、日常生活を映すガラスの破片のような人々の世界が語られる、夜のように美しい小説。

残響 (中公文庫)の単行本

ツイートする