黒い文学館 (中公文庫)

  • 66人登録
  • 3.42評価
    • (4)
    • (7)
    • (18)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 生田耕作
  • 中央公論新社 (2002年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122039643

黒い文学館 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015/11/20購入

  • マンディアルグの翻訳でおなじみの生田耕作氏だけど、雑多な評論などの寄せ集めのような感じで、期待したほど面白くなかったかも。

  • ヨーロッパのエログロ文学をおさらいするにはいい本です。付箋紙いっぱいになった本。
    けど何度居眠ったかわからん。

  • さまざまなエセーや評論をまとめた一冊。最初はマッケン、次にサドとレチフ、泉鏡花と来て、マルセル・ブリヨン、バタイユ、アラゴン、などに触れ、最後は紹介文と、本についてのエセーで終わる。話題があちこち飛びすぎて、集中できないといえばそうかもしれないが、生田耕作という人を知るにはなかなか良いかもしれない。特に最後の本についてのエセー「書物のある日々」はとてもいい。ビブリオマニアってのは、まあ、そういう生き物だなと、思わせる一章。
    それにしても、大学生を「単位亡者」と呼ぶ姿勢には参った。これをいわれては返す言葉もない! それに随所に昨今の画一的な本に対する痛罵、あまりにも俗臭の強すぎる世間に対する嫌悪が見える。
    ウーム、素敵だ。

全5件中 1 - 5件を表示

生田耕作の作品

黒い文学館 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

黒い文学館 (中公文庫)はこんな本です

黒い文学館 (中公文庫)の単行本

ツイートする