パンとワインとおしゃべりと (中公文庫)

  • 60人登録
  • 3.55評価
    • (3)
    • (6)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 玉村豊男
  • 中央公論新社 (2002年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (170ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122039780

パンとワインとおしゃべりと (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • パンとワインそのものに関する記述と、これに関する食文化的な要素を持ったお話が盛り込まれている。もちろん、著者ならではの面白いうんちくもあり、とても読みやすい。

  • フランス大好きな
    友達に教えてもらってよみました
    半日かからんくらいでさくさくっ
    パンのにおいが漂ってきそうなお話
    明日からちゃんと台所で料理するぞー!!

  • 読んでるとおなかが空いてくる。

  • もう、表紙のシャンピニオンがかわいすぎー!表題のとおり、パンとワインとおしゃべり満載の本です。玉村さんがヨーロッパで味わったお味と、日本に戻られて信州で暮らされてからのお味が、ちょっと気取った感じ(でも嫌みではない)の粋な文章で語られます。もちろん、お酒もワインだけではありません。ヨーロッパはお酒が強くないと面白くないので、お酒の味は好きなのに量が飲めない私にはうらやましいかぎりです。グルジアの乾杯のあいさつ、「シャンパンのような元気を!」で乾杯してみたい!さまざまなお料理も紹介されており、楽しいことしきり。シュー皮にチーズを詰めたグージェールや、チーズフォンデュ代わりになる、ベルトゥーはとても美味しそう!イギリスのキュウリサンドイッチは、玉村さんいわく「渋い滋味があって病みつきになる」そうですが、どうだろう(笑)。イギリスの下宿で大家さんが作ってくれた、お世辞にも美味しいといえなかったジャガイモのサンドイッチにまつわる思い出など、味とは別に心にしみるお料理も紹介されています。あるキノコを食べる話にはちょっとびっくり、です。1編1編がとてもコンパクトで巧みな筆致のエッセイで、本自体もとても薄い本ですが、決して物足りないとは感じません。「美味しい食べものと飲みものがあれば人生幸せだー」と思ってふふふと笑える本なので、この☆の数です。

  • 大好きな本。

    読んでいてお腹が空く本は大好き。

    各章が短いので、待ち時間にサラッと読んだり
    寝る前に読むのにもうってつけだと思う。

  • 手軽に読めて楽しくおいしい小エッセイ集。薀蓄、というほど堅苦しくもなく、でも、食の新しい魅力をふと気づかせてくれる楽しい読み物であった。頭が疲れている時に読むと気分転換に良いかも。そして、旅に出たくなった! (2004 Feb)

  • 4章仕立てのエッセイで、前半2つは☆3つ、後半2つは☆5つ。後半のエッセイに出てくる食べ物は手軽で家で作ってみたいと思うものがてんこもりだった。読んでいて幸せな気持ちになれました・・・。

全7件中 1 - 7件を表示

パンとワインとおしゃべりと (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パンとワインとおしゃべりと (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

パンとワインとおしゃべりと (中公文庫)はこんな本です

パンとワインとおしゃべりと (中公文庫)の単行本

ツイートする