ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫BIBLIO S)

  • 99人登録
  • 3.43評価
    • (9)
    • (8)
    • (31)
    • (2)
    • (1)
  • 5レビュー
制作 : Ernest Che Guevara  五十間 忠行 
  • 中央公論新社 (2002年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122040427

ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫BIBLIO S)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これを読まなかったら、ゲリラ戦争とテロを間違えて認識したままだった。
    振るう暴力は必要なところに、激しく、それでいて最低限に。
    敵を間違えてはいけない、戦いが終わった後の世界を想定している、それがゲリラ戦争なのだなぁ。

    目的は単純で明解なものほど、人は命を懸けられる。目的到達のための手段は、柔軟であるべき、というくだりは胸が痛いところ。仕事にも通じるところがある。
    あとびっくりした記述として、「帝国主義は自己のあやまちから学ぶ」という部分。それはあれかな、生物学的本能、生き残るためにってところが強い、強いからこそ帝国主義なのかなとか、いろいろ考えてしまう。
    日本なんかは、帝国などと名乗った時期もあったけれど、ちっとも過ちから学ぶことなんてしないから、自称にすぎなかったのだな。

    ゲバラ、というと、情熱的で、とにかく戦え、戦えなんていう単純なイメージしかなかったけれど、とても戦争を見極めていて、やはり何より戦争の終わった後のことまで視野に入っていたから、そこが一番意外だった。まぁそれも知らないことから起こる偏見だったのだけどね。
    やはり、「知る」べきだなぁ。テレビの情報なんて、大衆が分かりやすい(そうだ、そうに決まっていると思うこと=分かりやすい)を流すだけなのだから。

  • 今読む本じゃなかった。選択ミス

  • ヒットアンドランの本質がわかります。

  • <a href="http://loggedreviews.blogspot.com/2008/01/mochilismo.html" target="_blank">read review:</a>

  • 俺の中の英雄チェゲバラ。ゲリラ論が事細かに描かれてます。興味のない人には全くつまらないものでしょ/・・・

全5件中 1 - 5件を表示

エルネスト・チェゲバラの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
ヘミングウェイ
ドストエフスキー
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫BIBLIO S)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫BIBLIO S)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫BIBLIO S)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫BIBLIO S)を本棚に「積読」で登録しているひと

ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫BIBLIO S)の作品紹介

キューバ革命軍の頭脳としてゲリラ戦を指揮・指導したチェ・ゲバラが、自らの戦略・戦術理論をまとめた書。一般原則から組織論、そして生活信条まで、情熱をもって語られるゲリラ戦の本質と真実。

ゲリラ戦争―キューバ革命軍の戦略・戦術 (中公文庫BIBLIO S)はこんな本です

ツイートする