ドラキュラ伯爵―ルーマニアにおける正しい史伝 (中公文庫BIBLIO)

  • 40人登録
  • 3.38評価
    • (3)
    • (2)
    • (10)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : Nicolae Stoicescu  鈴木 四郎  鈴木 学 
  • 中央公論新社 (2002年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (323ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122041189

ドラキュラ伯爵―ルーマニアにおける正しい史伝 (中公文庫BIBLIO)の感想・レビュー・書評

  • 種村季弘『吸血鬼幻想』に名前が出てくるので、
    ついでに読んでおこうと手に取った本。
    15世紀ルーマニアのワラキア領主であったヴラド・ツェペシュ評伝。
    外圧から領地と領民を守るために奮闘した、よき領主であった反面、
    「串刺し公」と渾名される残虐性を発揮してもいたという人物で、
    ブラム・ストーカー『吸血鬼ドラキュラ』の
    ドラキュラ伯爵の部分的なモデルになったという話は有名。
    その末裔と縁組してドラキュラの子孫を標榜した
    オトマル・ロドルフェ・クレツレスコ氏も
    亡くなって早5年になろうとは……(しんみり)

  • ミルチャとラドゥが好きなんですが、あまり載ってませんでした。

  • よんで!(後でかきます)

  • ドラキュラ伯爵のモデルとなった串刺し公ヴラッド・ツェペシュの生涯についての本。
    敵を串刺しにしたとかいうおどろおどろしい伝説が有名ですが、実はワラキアを他国から救った英雄だという話を聞いていたので、ちゃんと読んでみようと買って見ました。
    著者はツェペシュの悪行についての伝説は、敵国による中傷であり、実に見事な支配者であったと書いていますが、じゃぁ何をしたかっていうと病気の者・浮浪者を酒場に集め今日は酒を振舞うと喜ばせておいて全員を焼き殺し、国内から弱者層を一掃したとか。
    自国商人以外の商人を皆殺しにしたとか…
    (;゚д゚)… なんか全然…フォローになってないッス…かなり残虐な気がするんですけど…
    祖父の名前を継いでいたりなんだりで家系がかなり入り組んでいるけれども説明は文中にあるだけで、なおかつあだ名だったり幼名だったりとコロコロ変わって正直わかりづらい。
    外国小説風に周辺国状況とか名前とか血筋とか、出身国を書いて欲しいなぁと思いました。
    自分でまとめろって?いやーそこまでしたくない。
    読みづらいので105ページで断念。
    ここのところ読了できない本ばっかりだけど気にしない。

全4件中 1 - 4件を表示

ドラキュラ伯爵―ルーマニアにおける正しい史伝 (中公文庫BIBLIO)に関連する談話室の質問

ドラキュラ伯爵―ルーマニアにおける正しい史伝 (中公文庫BIBLIO)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ドラキュラ伯爵―ルーマニアにおける正しい史伝 (中公文庫BIBLIO)の文庫

ツイートする