ベジタリアンの文化誌 (中公文庫)

  • 41人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (5)
    • (13)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 鶴田静
  • 中央公論新社 (2002年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (260ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122041240

ベジタリアンの文化誌 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • [ 内容 ]
    ジョン・レノン、宮沢賢治、ガンジー、バーナード・ショウ、トルストイ、オルコット、ソロー、シェリー…。
    ダ・ヴィンチ、ピタゴラス、ヘシオドス、そしてヒトラーも…。
    歴史を超えて現代に影響を与え続ける人々には、多くのベジタリアンがいた。
    彼らの生き方を追いながら、文化と歴史を「肉食・非肉食」という視点から捉え直す。

    [ 目次 ]
    1 肉を食べないという生き方
    2 肉食が男と女の「神話」を生んだ
    3 動物を愛すること、食べること
    4 食物と生命のリンク
    5 土に生きたベジタリアン
    6 食べものが社会を変える
    7 ガイア母さん、死なないで
    8 現代食品産業の巨大ネットワーク
    9 子どもとベジタリアニズム

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • ベジタリアン周辺の色々な話が入っている。強い意見はないが、こういう事もあった、こういう人もいた、という話、収集した話が入っている。

  • 分類=ベジタリアン・肉食・食生活。02年11月文庫化(88年2月初出)。中公文庫。

全4件中 1 - 4件を表示

鶴田静の作品

ベジタリアンの文化誌 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ベジタリアンの文化誌 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ベジタリアンの文化誌 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ベジタリアンの文化誌 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ベジタリアンの文化誌 (中公文庫)はこんな本です

ベジタリアンの文化誌 (中公文庫)の単行本

ツイートする