魚味礼讃 (中公文庫BIBLIO)

  • 17人登録
  • 3.58評価
    • (2)
    • (3)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 関谷文吉
  • 中央公論新社 (2002年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122041400

魚味礼讃 (中公文庫BIBLIO)の感想・レビュー・書評

  • 魚好きの人すべてにオススメ
    魚の命は香りだ!

  • 浅草紀文寿司4代目、1948年生まれ。1990年の単行本が文庫化されたもの。

    …私はよく「調子が高い、低い」という表現を使いますが、調子が高いという意味は、そのものがもつ混じり気のない清澄さや、染みこむような奥行きの深さ、いつまでも心地よく長く残る残留香のことなのです…私が食味に関して常に考えていることは、この嗅覚がとらえる香りという意識です…

    何というかボクの味覚のはるか上方を飛翔して降り立つことがない、すなわち現代庶民の生活実感から遠い場所、築地で最高級の寿司ネタを「嗅ぎ分ける」方のご見識を学ばせていただいたような感想だ。勉強にはなるし、登場し、その勘どころが開陳されるところの魚たちに、ほおそういうものだったのかと関心を寄せることもできる。そして、ボクが知らなかった、その魚たちが備える奥深いおいしさへのアプローチの入り口を教えられもする。ときにその味わい香りをワインに喩え、古代の色になどらえる文章も格調高い。素材への探求が充分な説得力を備え、脇の甘さ微塵もない。
    であればこそ、天然の味わい、旬の装いの記憶を、忘れて久しいボクたち東京第二第三世代の、現実の食の貧しさに思いが至ってしまい、愕然としてしまう。
    できることならこの人と、名もない小さな港町を歩いてみたい。汐の香りにむせ返りながら、港に揚がる様々を、嗅ぎ分け、見出し、味わいたい。そしてネコまたぎよろしく、港の隅に打っちゃられるような雑魚たちに、その眼差しでウデをふるってほしいなぁ。いや、読み応えあるいい本なのですよ。

全2件中 1 - 2件を表示

魚味礼讃 (中公文庫BIBLIO)の作品紹介

魚の生命は香りだ-。浅草の老舗「紀文寿司」四代目主人が、永年の経験によって限りなく豊かな海の幸の味覚の世界へと誘う。日々、魚に触れ、味わい、その「ささやき」に耳を傾けてきた著者の本物の味談義。

魚味礼讃 (中公文庫BIBLIO)はこんな本です

魚味礼讃 (中公文庫BIBLIO)の-

魚味礼讃 (中公文庫BIBLIO)の単行本

魚味礼讃 (中公文庫BIBLIO)の文庫

ツイートする