世界最悪の旅―スコット南極探検隊 (中公文庫BIBLIO)

  • 128人登録
  • 3.33評価
    • (5)
    • (5)
    • (20)
    • (2)
    • (1)
  • 16レビュー
制作 : Apsley Cherry‐Garrard  加納 一郎 
  • 中央公論新社 (2002年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122041431

世界最悪の旅―スコット南極探検隊 (中公文庫BIBLIO)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1910年から、人類初の南極点到達をノルウェーと争ったイギリス探検隊の探検記です。

    同じく結末が遭難となった、小説「八甲田山 死の彷徨」とは違って、完全なる体験記録。

    なにせ著者は動物学者(ペンギン研究)として同行し、第一帰還隊に編入された探検隊の生存者です。

    南極点を目指したスコット隊長以下5名は、南極点に辿り着いた後、ノルウェーの旗を発見し、先を越された失意で帰還する過程で全員、死亡と相成ります。

    「世界最悪の旅」というタイトルでありながら、自虐を交えたユーモアは一切なし!

    前半は、ただただ淡々と事実が記録された作品です。

    吹雪が吹き荒れ、氷点下50℃の日々が続く中、氷点下20℃でも「ありがたい」と思えるらしい。

    そして凍傷で爪がボロボロと剥がれていくという。。。

    尋常ではない世界です。

    後半は、スコット隊長が遺した日記を紹介しながら、ノルウェー探検隊に先を越された上、全滅した敗因を分析しています。

    個人的にはノルウェー探検隊は南極点到達のみを目的としたのに対し、イギリス探検隊は研究という名目も含んでしまった点にあるように感じました。

    装備(食料や研究資材がかさみすぎ)・組織編成(地質学者や動物学者など探検に不得手なメンバーも連れて行く)・コース(研究に必要という理由で長距離コースを選択)のすべてにそれが現れていて、「確かになぁ」と思いました。

    何事も結果論で語るのは簡単ですが、本作品に限っては当事者が著者ですから、マジな話なんでしょう。

    著者自身、後世に教訓として残したいという動機で執筆している魂の作品です。

  • ずっと気になっていたイギリスの探検家スコットの南極点到達と遭難死については多数の本が出ているが、最初の1冊をどれで読むのがいいのか決めかねていた(スコットの日記はちょっと難しそうだし)ところ、この本の評価が高かったので。昔の全集モノにありがちな抄録だが特に問題なし。題「世界最悪の旅」はスコットのではなく、カラード本人の旅の事を指す。日も昇らない真っ暗な中、マイナス50度に達する南極の冬、旅の目的は皇帝ペンギンの営巣地へ卵を採取するため(!)。途中テントが吹き飛ばされて死を覚悟したり、目が悪いので足手まといになっちゃったり、5つ採取できた卵を2つ割っちゃったりという本人のどきどきエピソードなどが結構インパクトがあったため、その後に描かれるスコットの旅のほうは寒くてもマイナス40度程度なので「結構あったかいじゃん」とか思ってしまった。アムンセンとの南極点到達レースについて、そもそもスコット自身はそのつもりでなかったので、「レース」という言葉を使ってはスコットに気の毒な気もする。とはいえスポンサーのために最初に南極点に到達することが必要だったし、当然可能なはずだったのが、アムンセンが突然目的を変えてなおかつアムンセンのほうは本気で取りに行く体制だったのに対し、スコットはそこまで万全ではなかった。南極点に着いてみればすでに取られていて、スコットはその後のこと、これまでのことを考えたら本当に絶望しかなかっただろう。遭難してしまったのはいちばんはやはり気持ちの問題だったのではないかと思う。スコットのこの旅は人間というものを考えさせられて、私を捉えて離さない。といいつつ、ペンギンに夢中なウィルソンと弟子のカラードにはほっこりしました。この本で輝いていたのは、ペンギンの生態に触れた数ページではないか。

  • 新書文庫

  • マーフィーの方則。

  • 「世界最悪の旅」にスコットさんは不在。訳者の白瀬矗disがひどいので、wikiを読んだら、ちょっと同情した。

  • こういうの読むと、「スコットは〇〇だから失敗した。これに学ぼう」みたいなことを軽々しく口にするのは恥ずかしいことだと思えてしまう。スコットはスコットで当然ながら様々なことを考えてたことがよくわかる。

    にしても、本当に壮絶なドラマがあったんだなあと驚愕。
    極限状態でありながら最後まで理性的であるスコット一行の姿には、神々しさすら感じる。自分の小ささが恥ずかしく思えるほど。

  • [ 内容 ]
    二十世紀初頭に繰り広げられた南極点到達競争において、初到達の夢破れ、極寒の大地でほぼ全員が死亡した英国のスコット隊。
    その悲劇的な探検行の真実を、数少ない生存者である元隊員が綴った凄絶な記録。

    [ 目次 ]
    南極探検の歴史
    第一の夏
    冬の行進
    第二の夏
    第三の夏
    極地への歩み
    帰還行程
    遭難の批判

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 不屈の闘志と仲間への信頼と、死ぬ間際までの真摯な態度には感動した。大きなものを教えられた。偉大な勇者を描いた比類ない作品だと思う。

  • 世界最悪の旅,アムンセンとスコット,エンデュアランス号漂流,3冊まとめて感想書きましたー。
    http://blog.livedoor.jp/h_ohiwane/archives/52042346.html

  •  スコット南極探険隊の一員であるチェリー・ガラードが10年の時を経て当時を回顧する。
     自分達以前の南極探検史、南極点を目指す前の冬季探険(”世界最悪の旅”は遭難した南極点探険でなくこの行進を指している)、南極点到着後に遭難したスコット隊探索、そしてスコット達の記録から分かった南極点探険という構成。

     氷点下60度の中での行動の大変さは想像を絶するが、何よりこの本が素晴らしいのはスコットやガラードの探険に対する純粋で高貴な精神にふれられることだ。
     極限の環境下でアムンゼンのそりの跡を見つけたスコットはどれだけ打ちのめされたことだろう。しかしその時の彼の手記にはこう書いてある。 「...彼はわれわれに勝ったのである。そんなことにはおかまいなく、われわれはやれるだけのことをなしとげ、作られた予定のとおりを遂行したのである」

     ガラードは「探険とは知的情熱の肉体的表現である」と書いている。何の為にとてつもなくつらい思いをして、命をかけてまで探険をするのか。その理由はその先に未知の何かがあるからというだけで充分なのだ。
     最後のガラードの文がこの本の全てなのかもしれない。 「君の欲するものがただ一個のペンギンの卵であるとしても、君は冬のソリ旅行で報われるところがかならずあるだろう」
    (スコット隊は南極点到達を唯一の目標としたアムンセン隊と異なり多くの学術調査を行いながら南極点を目指していて、実際ペンギンの卵を持ち帰ることも命がけて行われていた)

全16件中 1 - 10件を表示

アプスレイチェリー・ガラードの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
石川 直樹
ウンベルト エー...
遠藤 周作
三浦 しをん
ジェイムズ・P・...
ロアルド アムン...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界最悪の旅―スコット南極探検隊 (中公文庫BIBLIO)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界最悪の旅―スコット南極探検隊 (中公文庫BIBLIO)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界最悪の旅―スコット南極探検隊 (中公文庫BIBLIO)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界最悪の旅―スコット南極探検隊 (中公文庫BIBLIO)の作品紹介

二十世紀初頭に繰り広げられた南極点到達競争において、初到達の夢破れ、極寒の大地でほぼ全員が死亡した英国のスコット隊。その悲劇的な探検行の真実を、数少ない生存者である元隊員が綴った凄絶な記録。

世界最悪の旅―スコット南極探検隊 (中公文庫BIBLIO)はこんな本です

ツイートする