戦争童話集 (中公文庫)

  • 127人登録
  • 3.75評価
    • (10)
    • (12)
    • (16)
    • (2)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 野坂昭如
  • 中央公論新社 (2003年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122041653

戦争童話集 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • P179
    戦時中の一般市民の苦悩を動物を交えた童話。

  • 同じ書名でも、此方は自分に合う。昭和18年頃、動物園の動物を全て処分せよという命令が下る。ライオン、シロクマ、ヒグマ、ワニなどの猛獣に睡眠薬入りの餌をやり、それが最後の晩餐。寝ている間に首に縄を巻き付けておいて、彼らが起きたら、勝手に暴れて窒息死。長くてその間7分だったという。最後まで残ったのが象で、仕方ないので餌をやらずに餓死させることにした。死んでいくまでの描写がなんとも・・・。動物全殺命令は空襲になったら動物が暴れて危ないからという理由だったが、真の目的は別の処にあった。是非お読みいただきたい。

  • 野坂さんは「蛍の墓」のイメージが強くて、痛くて読めない気がしてた。この童話は、黒田征太郎さんとの絵本と映像でみた事があったけど、改めて文庫で読んでみると印象が変わった。

    優しいんだけど、重い。童話調でなんかかわいいとこもあるんだけど、やっぱりずんって重いお話。でもすごく大切なお話。

    声なき声をすくいあげて書かれたわたしたちが忘れちゃいけないお話。

    小学校の教科書に載せてほしい。

  • 野坂さんの事、以前にマスコミに登場された印象で判断してました。全く不見識でした、反省。

  • 語り口調はとても柔らかでおとぎ話のようですが内容は胸の詰まるものばかりです。
    どれもよかったのですが、オウムの話が特に印象的でした。
    身構えなくてもすんなり読めるので多くの人に手にとってもらいたい作品です。

    著者のあとがきも作品に込められた思いが伝わってきてよかったです。

  • 次の世代にどのように戦争を伝えていくのか。童話という手段は有効なのか。読む前はそのような疑問があったが、読後は童話だから戦争の真実を伝えられないのではないとはっきり理解した。むしろこの「戦争童話集」は子どもたちに戦争の悲惨さやそのとき必死に生きようとした人達のことを強く印象づけるような童話である。

  • 最初の二篇がとてもすき 絶対にこの雄クジラはしあわせだった 切ない目に遭うに決まっているこのタイトルで、作者はこの雄クジラを幸せにして下さる。死は救いだ、生まれ変わった雄クジラが幸せな一生を送れますよう。

  • なぜ童話にしたか。
    戦争を知らない世代の子どもたちでも読めるように、だ
    私も小学生のときにはじめて読んだ。
    あまりの衝撃に今でも内容をはっきり覚えている。
    ただただ悲惨、ほんとうに。
    凧になったおかあさんや、戦艦に恋した鯨の話はとくにつらかった
    途中で読みたくなくなった、それでもやっぱり私たちは目をそらしてはならないのだと思う。
    震えた。
    一生忘れられないだろう童話だった

  • どのお話もあまりにも優しく、美しいがゆえに残酷です。
    こんなに優しくも悲しい物語を綴ることができる人の心が抱く癒えぬ傷跡とはどのようなものだろうと想像するだけで胸が一杯になります。
    残酷な描写が哀れを誘うのではありません。
    美しく歌い上げられた綺麗な言葉が描く一つ一つに込められた悲しみと、優しい語り口で語られる残酷な物語が胸を打ってやまないのです。
    これを読んで何度泣いたか分かりません。
    読むたびに涙誘われます。

  • 「昭和二十年、八月十五日」ではじまる、かなしくてふしぎな童話集です。

全18件中 1 - 10件を表示

野坂昭如の作品

戦争童話集 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戦争童話集 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戦争童話集 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

戦争童話集 (中公文庫)の作品紹介

焼跡にはじまる青春の喪失と解放の記憶。戦後を放浪しつづける著者が、戦争の悲惨な極限に生まれえた非現実の愛とその終りを"8月15日"に集約して描く万人のための、鎮魂の童話集。

戦争童話集 (中公文庫)の単行本

戦争童話集 (中公文庫)の文庫

ツイートする