寡黙な死骸 みだらな弔い (中公文庫)

  • 1593人登録
  • 3.75評価
    • (162)
    • (217)
    • (314)
    • (13)
    • (0)
  • 198レビュー
著者 : 小川洋子
  • 中央公論新社 (2003年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122041783

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川上 弘美
有効な右矢印 無効な右矢印

寡黙な死骸 みだらな弔い (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • 登場人物、場面設定などがゆる~くかかわり合いを持った、11の短編。
    「寡黙な死骸 みだらな弔い」というタイトルどおり、どの作品も死とその死にまつわる不思議で残酷な物語が繰り広げられる。
    小川洋子さんの作品らしい、ひんやりとした、どこか異国の地のことのような不思議な空気感。
    出口のない迷宮に迷いこんだような気持ちに浸りながら、読めども読めども終わらなくて、思った以上に時間がかかってしまった。。。

  • 冒頭の洋菓子屋さんの店員さんが泣いている話から、次のキウイが詰まった郵便局の話に繋がるところの悲しさが別格によい。

    最後の自分の死骸に泣くのは、そのエゴイズムゆえだろうか。

    話の連なりが不思議で、他の小川作品と同じく無国籍性が光っていた。

    他の方が指摘しているが、あとがきはよい。

  • また読みたい。 その話の脇役が 次の話の主人公になったりして、短編集の作りに驚いた。死が共通テーマではあるが、あっさりとしていて 読みやすい

    著者は それぞれのヒトに ストーリーがあり、生と死があること を伝えたかったのではないか

  • 冷蔵庫で亡くなった子供、身体の外に心臓がある女、拷問器具の博物館etc...の不思議な短編集。それぞれの話は少しずつリンクしてて、それがまた混乱させる。
    小川洋子さんの短編集としては今のところ一番好きかも。

  • 連作短編集。登場人物たちの周りには、どの作品にも静かな死の匂いがある。読むと、死んでいくものの生々しさを突きつけられ、残されたものの哀しみを突きつけられる。一番好きなのは「トマトと満月」。

  • 今回は作品はこれまで読んだものの中で最も好みだった。相変わらずの静寂の中に残酷さがあって、それなのに物凄く美しく、綺麗なのは何故だろう。11つの弔いの物語だが、全部の話が少しずつ繋がっているのがとてもよかった。この世界観にいつまでも浸っていたい

  • うーん、好き。
    って、まず一言。

    小川洋子さんの小説は、現実と非現実を行き来しているような、不思議な気分にさせてくれるものが多いように思う。
    おかしな世界なのに、すぐそこにあるような。
    文章の透明度の高さも、好きであるかなり大きな一因。

    必ず何らかの“死”が絡み、様々なかたちの“弔い”が描かれた短編集。
    過去の死であったり、現在の死であったり。不慮の事故での死であったり、自然死であったり、殺人であったり。
    そしてこの短編集のおもしろいところは、時系列や順番は関係なく、どれかの物語がどれかの物語と不可思議に繋がっているところ。順番通りのものもあれば、忘れた頃にだいぶ前の物語と繋がったりもして、その繋がり方に感嘆。

    美しきシンガーに心臓を入れる鞄を依頼された鞄屋のお話「心臓の仮縫い」と、ライターが取材先のホテルに滞在中、犬を連れた不思議な中年女性に翻弄される「トマトと満月」がとくに印象に残った。
    でも、全部好き。
    そして、冒頭の感想に戻る。笑

    こういう文章を書いてみたい。とも思う。
    静謐で美しく、浮世離れした感じ。

  • 20150930読了。
    静かで美しい世界観。

  • 短編集だが、1つ1つの物語に繋がりがあって、面白い。不思議な物語ばかりだが、一度読み始めると止まらない。小川洋子さんはそれぞれの作品のカラーが違い、また作品の中の文章1つ1つも奥行があって素敵な作家さんだと思う。

  • 一つ一つの作品ののかすかなリンクが、ブレスレットやアンクレットにするような細い鎖みたいで美かった。

  • 不可思議な異空間にぴゅっと連れて行ってくれる、細く重なり合う世界。

    美しい描写、流れる物語。
    幾つもの生を死の淵から
    蘇らせてくれる。

    人は弱く、残酷。そして死ぬ。
    だからこそ
    みだらに流れ、生きる。

    上手くは言えないけど、死んでこそ、人は人の中に生きるんだなと思った。

    今はまだ、弔うには早過ぎる。

  • 肉親や恋人や他人や、様々な死に対峙した人々の物語を集めた短篇集。

    小川さんの作品は本当に静か。
    防音の部屋にいるような、映画館の中のような、完全な静寂ではない心地よい静けさ。
    セリフが少ないわけでも音の描写が少ないわけでもないのに、どうして「静か」だと感じるんだろう?
    そして、寂しさと温かさが同居していて、グロテスクな場面もあるのに不思議と優しい。

  • 久々の小川洋子さん作品。

    短編集だけど、全部の話がつながってる?
    と感じられるようなパラレル感満載の一冊でした。

    「密やかで残酷な弔いの儀式」が淡々と続いていく情景からは、
    孤独や人の持つ冷淡さが溢れているけど、
    同時に狂気と人が内に秘める熱さも感じられる。

    不思議な世界観。
    やっぱり小川洋子さんの話は好きです。

  • みんな静かに狂って、私も少しずつ狂っていった。

    乗り物酔いなのか、文字酔いなのか、奇妙さからの目眩なのか、頭がぐるぐるぐるぐるして、もうなんだかわからなかったけど、頁を捲るたびに私の中で何かが擦り減っていって、同時に何かが膨れていった。すごいな、と思う。言葉でこんなに冷たい気持ちにさせられるなんて。ぐちゃぐちゃにしてぽいっと突き放された感じ。でも、全然嫌じゃない。

  • 全てがどこかで少しづつ関係している連作短編。
    題材も展開も、どこか陰鬱で不穏で艶めかしい。
    読書の楽しみの一面を存分に感じられる本。

  • 「博士の愛した数式」を超える小川洋子作品を探して何作目か。今回も叶わず。 「博士」以降は「猫の背中」や「ミーナ」など爽やか系が多いけれど、以前の薄暗い短編もそれはそれで。 ゾクゾクする。 共通しているのは、世界から雑音が消える感じ。

  • しんしんと静かにまんべんなく狂気が降り積もっていくような…

    袖触れ合い程度かかわりあって続く連作短編。
    死の影がつねにつきまとう。
    小説のなかのできごとなのかそうでないのか曖昧なままに物語のなかに呑まれていく。

  • うーん・・・今までの5点作品と比べると5点にはできないんだけど、これは、最近の小川さん祭りの中では1位かもしれない。
    小川さんらしい気持ち悪い話も多いんだけど、私の好きな「別々の話なんだけど前の話と次の話がつながってる」パターン。
    そして、お話の舞台はプラハ・・・かな?
    時計の描写がプラハぽくて懐かしい。
    図書館の本だけど、手元に置いていいリストに入れてみよう。

  • 題名がいいな~と思って手に取りました。
    しりとりみたいな短編集です。

    「ベンガル虎の臨終」までのお話はどれも気に入りましたが、特に「洋菓子屋の午後」、「老婆J」、「白衣」、「心臓の仮縫い」の4話が好きです。
    これは最初にこういう感じにしようと思って考えられたのでしょうか。
    お話の並びも重要だと思いますが、ちょうどいい具合に並んでいておお、そう繋がるのか、というちょっとした驚きというか発見が楽しめます。

    いくつか線を引いたり、栞を挟んだりしてぱっとめくった時に目に留めたい表現がありました。
    今まで何冊か小川さんの本を読みましたが、その中でもこの本はお気に入りになりました。
    死を描くのが上手い…というか私にあっている?作家さんだと思います。

  • 細く、長い、蜘蛛のような糸で繋がる連作短編集。

    「死」がテーマだけどややホラー寄り。至る所で不安がかきたてられる。
    5本指の人参とか心臓を包む鞄とか潰れたトマトとかちょっと不気味。
    登場人物の名前が一切出ず、違う章で登場した人が出てきても名前がなくて判断に困るから落ち着かない。
    おまけに作中作要素もあるからもっと混乱する。

    気付くリンクもあれば気付かないリンクもあるだろうからよく練られた演出だと思う。

  • 好きな作家さんなので読みたい。

  • 図書室で適当にチョイス。

    小川洋子さんって始めて読んだ本が「博士の愛した数式」やったからそのイメージ強かったけど、これとか「薬指の秘密」とか読んだら、こっちが本来やと思いました。でも「博士の…」に通じる部分があるのはわかる。言葉は違っても表現したいものが一緒だった。

    一編づつで微妙に繋がってるところが人物像をより深くしてます。想像を加速させてくれる設定に惚れ惚れ!



    綺麗で残酷なもの、優しくて不安なもの。
    やっぱり人は一人では生きていけないし、変わってもいけない。それがどんなに常識はずれでも。

  • たまに、どうしようもなく小川洋子の小説にふれたくなる。今回もそう。
    涼やかで、慎ましやかで、密やかで、心地いい。
    この本は、それ等に加えて妖しげでもあった。
    短編集だけど、微妙に世界が交じり合う。
    ミステリアスな話が多いけど、今回もとっても心地よかった。

全198件中 1 - 25件を表示

寡黙な死骸 みだらな弔い (中公文庫)に関連するまとめ

寡黙な死骸 みだらな弔い (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

寡黙な死骸 みだらな弔い (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

寡黙な死骸 みだらな弔い (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

寡黙な死骸 みだらな弔い (中公文庫)の単行本

ツイートする