東ゴート興亡史―東西ローマのはざまにて(中公文庫BIBLIO)

  • 107人登録
  • 3.36評価
    • (4)
    • (13)
    • (20)
    • (4)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 松谷健二
  • 中央公論新社 (2003年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122041998

東ゴート興亡史―東西ローマのはざまにて(中公文庫BIBLIO)の感想・レビュー・書評

  • タイトル通り、東ゴート族の興亡を描く。

    どちらかと言えば、主要人物の行動を中心とした記述。
    著者自身歴史学者ではないので、歴史的な考証は行わず、ひたすら東ゴート族の動向を描写する。

    日本語で読める一般向け書物で、東ゴート族に特化した本はほかに無いのではなかろうか。
    そういう意味では貴重である。
    テオドリックくらいしか知らなかっが、その前後史においても語るべき人物や出来事は結構起こっているし、親ローマ的な政策を取っていた東ゴートが、どのような経緯で東ローマに滅ぼされることになったのかを知れたのは良かった。

    一方で、個人の行動や特に軍事的な側面にばかり着目し、統治政策や外交政策等の面から当時の国際関係を捉えるような、一歩引いた記述が少ないのが物足りない。
    この時代のゲルマン民族の動向は、常に近隣諸族やローマ・カトリック教会、そして東ローマ帝国との国際関係の中で、絶えず揺れ動いていた時期である。
    にも関わらず、重要な戦の布石となる、①東ゴート王家の統治の基本方針や具体的な施策、②近隣諸族の動向とその動機、というあたりにはあまり目配せがなく、東ゴートが戦乱に明け暮れなければならなかった理由が見えづらいし、5~6世紀の戦乱の世を東ゴート王がどのように泳いで渡ろうとしていたかが見えづらい。
    (例えば、テオドリックは親ローマ的施策を推進して、法律や税制やその他文化的側面も含め、ローマ文化を尊重していたような記述を他の書物で見たが、本書ではただ東ローマ皇帝から如何にイタリア統治の大義名分を得たか、、、という面しか触れられていない。)

    そんなわけで、結構詳細に事跡を追っている分、却って「もっと詳しく説明して」と思えてしまう、もどかしい一冊。

  • ローマ史を読んでいると実に様々な民族が登場する。
    ローマほど多様な民族と関わり合ってきた国は無いのではないだろうか?
    ローマの歴史に興味があれば、自然とこれらの民族についても知りたくなるのが人情であろう。
    ゴート族はゲルマン系の一民族であるが、西ローマ帝国を滅亡させたことで有名である。
    ゴート族は、西ゴート族と東ゴート族に分裂しそれぞれ異なる行動をとる。
    この本では、主に東ゴート族を扱っている。
    ページ数も手ごろで、東ゴート族の起源から彼らの王国の滅亡までの歴史を知ることができるる良書だと思う。
    この本を読むといかに東ゴート族の歴史が波乱に富んでいたかが実感できる。
    北欧から南ロシアまで移動したかと思うと、遊牧民のフン族に蹂躙され、一時期彼らと行動を共にしたり。
    その後、イタリアに渡り西ゴートの王国を滅ぼし、東ゴート王国を建国するが、東ローマ帝国に滅亡させられてしまう。
    しかしながらもし東ローマ帝国にユスティアヌスのような強力な皇帝が出ず、彼らが少し運に恵まれていたなら彼らの王国は、さらに長く存続していたかもしれない。

  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    文庫&新書百冊(立花隆選)155
    ユニークな視点で読み解く世界史

  • つとにヨーロッパの歴史の舞台から退場し去ったゲルマンの一部族、ゴート族。その初期の移動から、かつてのローマ帝国の本拠地イタリアに名君テオドリック王の下で東ゴート王国を築きながらも、ビザンティン帝国に滅ぼされるまでの苦闘と盛衰の歴史を、書き下ろしで描く壮大な歴史読物。

  • 西洋史は現代政治までつながるので
    勉強した方がいいね。

    あと外人との駆け引きとして宗教分析もね。

  • 西ローマ帝国を滅ぼしたオドアケルを倒し、イタリアに王国を築いたテオドリック大王からその後ユスティニアヌスの東ローマ帝国に滅ぼされるまでの東ゴートの興亡史。とにかく闘いの連続で読んでいて目が回るほど(笑)基本的には「力ある者が隙あらば頂点に立つ」という原則に実に忠実な民族と言えそうかな。西はフランク、東はビザンツに挟まれたゴートの民族がイタリアを席巻し、案外良政を敷いていたというのもちょっと意外。だからテオドリックは「大王」と尊称されているワケか…結構知らない空白の時間をわかりやすく知ることができた。

  • 150年ごろスカンジナヴィアに起源を持つゴート族がドイツ、ポーランド地方に移住してきた。気候の寒冷化によるものと言われている。時はながれローマ帝国の東西分離とフン族の侵入、そして西ローマ帝国を滅亡させ、イタリアの支配者として絶頂を迎えて滅亡するまでの500年を記した歴史書。ハイライトは約100年足らずの興隆と凋落。あまりにも短い覇権であったが、短いだけにめまぐるしい。ゲルマン民族とフン族の違い、ゲルマン民族のローマ化。東ローマ帝国(ユスティニアヌス帝)のローマ復興の思惑と東ゴート族のイタリア王国化、東ゴート族同士の権力闘争・・・。
    東ゴート族は東ローマ帝国に紛糾され、フランク王国に侵食され、ついにスラブから移動してきたロンゴバルド族に滅ぼされた。ロンゴバルト族は北イタリアを支配し現在のロンバルディア地方にその名を残す。南イタリアは東ローマ帝国の支配下に。そのロンゴバルド族もフランク王国に滅ぼされることに。それによりカール大帝のローマの戴冠へ・・・。こうして歴史は続くのであった。

    こんなにヒーローが多いとイタリアの歴史の授業は大変じゃろうな。

  • 和書では珍しい、東ゴート王国についての本。

    中身は比較的平易でこの手の本にしてはかなり読みやすい。項数は少なめでやや物足りないかもしれない。


    誇張された大王・大帝が多い中で、テオドリックはまさに大王の名に相応しい英雄であったことがよくわかる。

全9件中 1 - 9件を表示

東ゴート興亡史―東西ローマのはざまにて(中公文庫BIBLIO)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東ゴート興亡史―東西ローマのはざまにて(中公文庫BIBLIO)の単行本

ツイートする