楠木正成〈下〉 (中公文庫)

  • 269人登録
  • 3.65評価
    • (17)
    • (36)
    • (45)
    • (2)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 北方謙三
  • 中央公論新社 (2003年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122042186

楠木正成〈下〉 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 従来自分が楠木正成に対して持っていたイメージは天皇家に最後まで忠義を尽くした忠臣という典型的なものだったが、朝廷との関わりが強いわけでもない楠木家の出でそこまで忠義を尽くした理由は腑に落ちず疑問も感じていた。それに対して、この作品で描かれている正成は、初めから忠臣であったのではなく、流通経済の発展の中で成長し始めた「悪党」(注:必ずしも悪事を働く輩ではない)の類であった楠木家の生きる道を、武士の力による支配を脱した後の天皇/朝廷の世に見出そうとした人物として描いている。その夢は空虚な理想に過ぎず、儚く散る運命が待っていたわけだが、一人の漢の生き様としてはこちらの方が現実味があり、悲哀と共に共感を覚えた。
    朝廷から鎌倉へ一旦は移った中央集権による統治が瓦解して、南北朝争乱~応仁の乱~戦国へ時代が流れて行った原動力は、武士にしろ商人や寺社にしろ地域に根差した勢力の台頭であったと認識しているが、この作品はその萌芽を体感させてくれる点でも面白かった。

  • 赤坂城、千早城の攻防は、なんといっても激アツ。赤坂城は水脈の確保がキーポイントとか、戦闘だけにフォーカスせずにリアリティーを出しており、またそういった部分が悪党の戦というゲリラ的な戦いの面白さを際立たせている。
    また、足利尊氏がいい味を出している。迷い、酔った挙句に正成に本音を吐いてしまったり、酔いつぶれて正成の家で寝ようとしたり。とても人間味があり、正成よりもむしろ魅力的かもしれない。正成は「俺も怖いさ」とか言いつつほぼ完璧に物事を進めていくハードボイルドヒーローにどうしてもなってしまっているので。むしろ自分の弱さを受け入れている点でより完璧になってしまっているかも。

  • 最期の湊川の戦を描かないところがいいですね。絶望したわけではないんだろうけど、燃え尽きちゃったのは、あるかも。
    そして、仰ぎ見る人を間違えると、こんな悲惨なことはない。それにしても、北方謙三は、後醍醐帝を全く評価していないな。

  • いやー、後半から最後にかけてが良い。終わり方が良い。
    足利尊氏とのからみが特に良い。

    上巻は「あれ?」と思ったけど、下巻できっちり良作に仕上げるところは、さすが御大である。

  • 悪党と武士。尊氏反旗の意味。ほんと、南北朝はおもしろい。

  • 悪党のお話。旧制を終わらせた功労者は、次の時代の人柱になる。彼もまた歴史の礎としてその身を捧げた。

     バトル編突入で盛り上がってまいりました! 
     冴えわたる正成の軍略。武士のように頭の固い戦法に囚われないから、泥臭く生きて闘い続けられる。
     人生をかけた籠城戦。冷静な正成が寝不足で狂行策に出たところが面白い。それでも耐えきったのが悪党の意地だね。
     
     そんな泥臭く生きて闘ってきた正成も、投遣りになってしまう。それほど朝廷の内部は腐っていたんだろう。
     それでも大塔宮とともに身命を賭けた朝廷に最期まで尽したのは、悪党とか武士とか関係なく、人としてなんとも誇り高い。

     足利尊氏が登場したが、やはり英雄扱い。かっこいい演出してもらって、天国で喜んでいるだろう。
     逆に新田義貞は愚か者扱い。これは一般的な歴史解釈の通りなんだが、新田次郎の『新田義貞』を読んでからこの本に取り掛かったので、なんか可哀想に思えてきた。新田義貞はたしかに愚直だったかもしれない。天皇の勅旨を律儀に守って…。けれど、天皇の周りにいるのは腐りきった愚かな延臣である。義貞も彼らに振り回されたから、結果的に愚かな行動をとってしまったのではないだろうか。それに歴史の常として逆賊は悪く書かれるものだしね。

     __
     これを読んで悪党とは何か考えた。
     時代の権力に従がわない者。しかし、解釈を変えれば時代に革新をもたらす者になりうるのである。正成はまさにそうであった。
     本文で尊氏に「~50年、いや100年早かった」と言われているが、その100年後のために命を捧げたということなんだろう。「政治家はその真価を10年、100年後に認められ本物である。」なんて言葉を聞いたことがあるが、正成こそ本物の政治家だったんだな。


     正成が命を落とす湊川までは敢えて描かず、正成・正季の兄弟のなんでもないやりとりで終わらせるところがニクイ。

     あと、世阿弥(観世丸)のことが気になっちゃうところがこの本の一つのポイントだと思いました。

  • 悲しい話だね。

  • 千早城に籠る楠木一党500人に十数万の幕府軍が攻囲する。悪党の戦いを続けて幕軍を退け続けるも疲弊していく楠木陣営。足利が京に入るまではドキドキしながら読む手が止まらなかった。悪党・赤松円心に惚れた。

  • 楠木正成といえば、特に戦時中に日本の英雄の中でも最たる者として名前を挙げられるので、是非とも知っておかねばならない人物だと思い、入門書として読んでみました。
    かつての楠木正成像には、相当思想的な創作が入り込んでいるのだろうと思いますが、この作品はそういう部分は排除されています。
    思想的な部分を期待していただけに、そういう面では少し残念だったのと、戦の描写にメリハリがなく、途中で飽きが来てしまい、途中からは流し読みになってしまいました。
    ただ、歴史を概観する、ビジネスに活かす、という意味では良い本ではないかと思います。

  • 再読。

    下巻の最大の見せ場は千早城の攻防だが、その中で正成の焦燥、諦念が丁寧に描写されている。
    燃え尽きたあとの正成も魅力的で、尊氏を京都から追い払うシーンが印象に残る。
    最後は余韻を残す終わり方で、また読みたいと思える一冊。

全22件中 1 - 10件を表示

北方謙三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

楠木正成〈下〉 (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

楠木正成〈下〉 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

楠木正成〈下〉 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする