アキハバラ (中公文庫)

  • 283人登録
  • 3.32評価
    • (15)
    • (27)
    • (56)
    • (12)
    • (4)
  • 52レビュー
著者 : 今野敏
  • 中央公論新社 (2004年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122043268

アキハバラ (中公文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 後半になってやっと碓氷刑事登場。非現実な話だが、余りにも発砲を制限されている日本の警察がテロと戦うのは余りにも無力だというのには説得力がある。

  • あんまりおもしろくなかったー。
    銃撃戦とか、日本で行われることが
    非現実的だし、外国人がそれに
    協力するとかも不自然。

  • 最初は登場人物が多すぎて、訳分からなくなったが、そのゴチャゴチャと喧騒が非現実的なのに、アキハバラならありそうで面白かった。

  • 碓氷シリーズ2作目。
    期待通り。
    かなりファンタジックな展開でしたが、
    エンターテインメントあふれる面白い作品でした。

  • 最近今野敏ばかり読んでいる。
    本作は、触発に続く碓氷弘一シリーズ第二弾。碓氷の登場はかなり遅く、群像劇的な作日。
    たった数時間の秋葉原でのゴタゴタ。それぞれが魅力的な登場人物で少ししか出てきていないにもかかわらず、李さんすら、印象的。

    碓氷が、触発の経験で人が変わり、よりカッコよくなっているのが、シリーズを読んでいる読者としては嬉しいポイント。

    映像化してほしいなーと一瞬思うものの、この群像劇、おそらく映像化すると一人一人が陳腐になる。
    これぞ、小説だからこそ、それぞれの登場人物の魅力が出てくるんだな、と思わせられた小説でした。

    エンターテイメントととして、いろんな人がかっこいい主役級の男気的な、スペシャリスト的な活躍をする、すっきり面白い小説。

    2015.09.13

  • 著者には珍しい、スラップスティックコメディ。
    様々なエピソードがやがて一つに収斂していくノンストップアクション活劇。
    田舎から出てきたばかり都会に慣れてないの学生、ショップの店員、ロシアンマフィア、外国人スパイに暴力団、これでもかとばかりに出てくる雑多な人種。
    これって、碓氷弘一シリーズ?と思っていたら、終盤になってやっと登場。
    期待を裏切らない面白さと大団円は、やはり今野敏。

  • 登場人物全員の視点からの物語は最初は読みにくいけど、面白いですね。

  • 秋葉原への愛を感じる。人が死んだりしてるのだが、基本的にはコメディなんだろうか。でも作者の真面目さがさらに色々な要素を盛り込んだ感じ

  • めちゃくちゃおもしろかった!ちょっと恩田陸さんの「ドミノ」に似てる。あっちは東京駅が舞台で、こっちはアキハバラが舞台、という違い。まったく関係ない人たちの行動があちこちに飛び火し、ドミノ倒し的にパニックが起きるという展開で非常におもしろい。そしてこのシリーズ碓氷刑事が主役のはずなのに、話が半分以上過ぎないと登場しない、というのが笑えました。

  • わざとドタバタ巻き込まれ事件を書いているが
    記述がリアルで読み込んでしまう
    碓井巡査部長は別の作品に出ていましたね
    触発でも見せた事なかれ主義を貫けない人柄が好き

全52件中 1 - 10件を表示

今野敏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
今野 敏
有効な右矢印 無効な右矢印

アキハバラ (中公文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アキハバラ (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アキハバラ (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アキハバラ (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

アキハバラ (中公文庫)のKindle版

アキハバラ (中公文庫)の単行本

アキハバラ (中公文庫)の新書

ツイートする