ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)

  • 320人登録
  • 3.77評価
    • (25)
    • (22)
    • (44)
    • (1)
    • (0)
  • 29レビュー
制作 : 蝋山 芳郎 
  • 中央公論新社 (2004年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (512ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122043305

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 伊與田覺先生の「人に長たる者」を読んでいたら、ぜひガンジーの自伝を読むようにと書いてあった。

  • 人はいかにして「偉人」になるのか。
    「非暴力・被服従」でインドを独立に導いた「偉人」の自伝。

    個人的には、暴力とか、政治力ではなく、愛や真実という人間の「良い力」に訴える事によって変革を成し遂げるというアプローチが、組織変革の方法論の参考になるのでは、と思い、読んでみた。

    しかし、この自伝は、相当に特異な自伝で、なかなか、こちらの目的意識にあった安易な読み方を許してくれない。なぜか?
    まずは、そのあまりにも淡々とした語り口がある。非暴力・被服中といった理念は非常にレベルの高いものであるはずで、それを大衆に理解させるためには相当の苦労があるはずだし、それが理解されて、大衆が全体として行動を起こしたときの高揚感というのは大変なものであるはずなのだが、大変な社会的事件がほんとうに淡々と描かれていくし、そこでガンジーが果たした役割も極めて抑制的に描かれている。さらには、この自伝はガンジーがインドの政治活動の中心となっていく手前で話は終わっている。つまり、ここから先の話は、誰でも情報は入手可能であり、ご存知のはず。よって、皆さんの知らないことを書いておく、というスタンス。

    序文にもあるのだが、そもそも自伝を書くという行為は極めて西洋的なもので、東洋で自伝を書くというようなことはしないのではないか、という疑問を感じつつも、政治的な実践ではなく、精神的な実践について書くことは有益ではないかとガンジーは考える。「わたしがなしとげようと思っていること - ここ30年間成し遂げようと努力し、切望してきたことは,自己の完成、神にまみえること、人間解脱に達することである。・・・しかしわたしは、一人の人に可能なことは,万人に可能である、とつねに信じている。だから、私の実験は.密室の中で行われたのではなく、公然と行われてきた。・・・わたしがこれから話そうとする実験の数々は、・・・・あくまでも精神的なものである。あるいは道徳的なものといったほうがよいかもしれない」

    社会的な実践、ガンジーの言葉によれば、真実のための実験を通じた、人間の完成。

    この基本メッセージは、非常にシンプルであるが、淡々とした徹底的に自己アピールを抑制したこの自伝から、その元々の意図を読み取り続けることは、高度な読書技術を必要とする気がした。

    ちなみに、「組織活性化の方法論として、何か使えないか」という低いレベルで読んでも、ほとんど得る物はないのであった。

    人は偉人やリーダーに生まれるのではない。偶然の助けも借りながら、「なっていく」ものなのだ。ということを再確認。

  • 2016/06/28

  • ガンディー作品 累計読了 433ページ

  •  仏教への興味から、インドの潜在的な高い精神性に興味を持ち、それで読んでみた本。

     期待したのは、彼の生き方から、私の生き方を学びたいなということだったけれど、実際は学ぶことはなかった。いや、彼のすばらしさは当然称賛に値するのだけれど、私との共通点があまりにもなかった。

     むしろ、1800年代にインドに生まれたガンジーと1970年代の日本に生まれた私の間にはギャップのほうがおおきくて。13歳で結婚、とか、14歳で妻を妊娠させた、とか「妻を教育する」態度、とか、生理的に受け付けられず、したがってこの本からの学びも少なかったのでした。 残念!

  • ガンジーの自伝。面白い。考え方,行動のしかた,生き方,興味がわいた。インド,南アフリカなどに興味がわいた。小さい頃や,青年の時から,立派だったわけではないと書いてあった。その正直な人間らしさに共感した。

  • 非暴力非服従と言うスローガンを聞けばガンジーと誰もが答えると思う。
    すばらしい人物だ。神格化されてる人物ではあるが彼も神では無い。
    完璧な人間では無いそんな一面も知ることができた。
    映画 ガンジーも名作

  • ガンジーの名前を知らない人はほとんどいないでしょうが、ガンジ
    ーが何をやった人かということについては、意外と知られていない
    かもしれません。少なくとも井上は知りませんでした。

    ガンジーと聞いて思い浮かぶのは「非暴力」「非殺生」でしょうか。
    これらを合言葉に英国からの独立運動を率いたため「インド独立の
    父」と慕われ、マハトマ=聖人と称賛されますが、最後は狂信的な
    民族主義者に暗殺されてしまう。これがガンジーの生涯です。

    もっとも、本書を読んでも、「何をやったか」はついぞわからずじ
    まいです。解説の松岡正剛が驚いているように、自伝なのに、そう
    いうことはほとんど書かれていない。では何が書かれているのかと
    言えば、ガンジーがその生涯をかけて実践した「精神の実験」の内
    容であり、「真実」(サッティア)を求める旅の過程なのです。

    つまり、本書は、何をしたか(to do)、よりも、どういう存在であ
    ろうとしたのか(to be)を綴った魂の遍歴の記録といえるでしょう。

    そこではガンジーの生身の姿がかなり赤裸々に綴られます。特に、
    13歳という若さで結婚した妻への振る舞いは、「聖人」の印象が強
    いガンジーのイメージを覆すものです。妻とセックスにふけってい
    たが故に実父の死に目に会えなかったことから、以後、自らの獣欲
    に対しとても強い否定的感情を持つに至ったというようなことまで
    書かれていて、その生臭さには驚かされます。

    徹底した菜食主義や近代医学の否定など、時に狂信的に思えるほど
    の苛烈な生き方には、正直、共感できないことも多いです。でも、
    愚直なまでに誠実に道を求め、道を究めようとした魂のみが放つ光、
    その気高さには、胸を衝かれます。ガンジーに比べ、どれだけ自分
    は誠実に生きているのか。そういう問いをつきつけられます。

    ガンジーは、決して、自ら政治運動の世界を目ざした人ではありま
    せん。ただひたすら真実を求める求道者であろうと奉仕を貫いた中
    で、自然に周囲から指導者としての尊敬を集めていったのです。無
    私で求道的な精神こそが指導者を形作るということの好例でしょう。

    21世紀の節目の年を始めるに当たって、本書は、自らの生き方を考
    える良いきっかけを与えてくれました。是非、読んでみてください。

    =====================================================

    ▽ 心に残った文章達(本書からの引用文)

    =====================================================

    わたしがなしとげようと思っていること――ここ三十年間なしとげ
    ようと努力し、切望してきたことは、自己の完成、神にまみえるこ
    と、人間解脱に達することである。この目標を追って私は生き、動
    き、そしてわたしの存在があるのである。

    わたしはまだ神を発見するにいたっていないし、また、今も捜し求
    めている。この探求のためには、わたしにとって最も貴重なもので
    も犠牲に供する覚悟を持っている。たとえその犠牲がわたしの生命
    であったとしても、喜んでそれを犠牲に供するだろう。

    わたしが話す実験は、どれも例証と見なくてはならない。そしてそ
    れに照らしながら、各自が彼自身の性向と能力に従って、彼自身の
    実験を実行すればよいのである。

    経験によって、わたしは、沈黙こそ真実の信奉者に対する、精神修
    養の一部であることを教えられた。
    知ってか知らずにか、いずれにせよ、真実を誇張したり、押えつけ
    たり、あるいは修飾したりしたい癖は、人間の生まれつきの弱点を
    なすものである。そしてこれを克服するのに必要なのが、すなわち
    沈黙である。

    完全な求道者のみが、教師の座につくことができる。したがって、
    完全を目ざして絶えず努力することのみである。というのは、それ
    に価する者のみが教師の座を得るのだからである。完全を望んで、
    無限の努力をすることは、人間の権利である。

    改革を欲しているのは、改革者である。社会ではないのである。社
    会からは、彼は、反対、蔑視、そして生命にかかわる迫害のほかに、
    よりよいものを期待すべきではない。

    真実は、大きな樹木に似ている。諸君がそれを養えば養うほど、そ
    れだけ多く実を結んでくる。真実の鉱山にあっても、深く探求を進
    めれば進めるほど、奉仕の種類もいよいよ多様さを加え、そこに埋
    もれている宝石の発見されることも豊富になってくる。

    民の声は神の声である。

    わたしが今尽くしているような種類の奉仕の機会は、今後いよいよ
    多くなっていくだろう。それに、もし家庭生活の楽しみや、子供を
    生んだり、育てたりすることに熱中すれば、わたしという人間が任
    務に不向きの者になってしまうであろう、としみじみ考えるように
    なった。一言でいえば、わたしには肉と霊の双方を求めて生活はで
    きなかった。

    わたしにとっては、肉体の禁欲を守ることでさえも、困難に満ちた
    ものであった。(中略)好ましくない考えが、どこからかわいてき
    て、ずる賢く侵入して来るのが、わたしの問題なのである。

    確実なことは、精神が中心であるということである。汚れを意識し
    ている精神は、断食でも清められない。食事を変えても、それには
    効果はない。強烈な自己点検、神への服従、それから最後に恩寵に
    よる以外、精神から情欲が根絶されることはない。

    わたしは、わたしといっしょに生活している少年少女にとって、つ
    ねに変わらぬ教科目標でなくてはならない、と思った。こうして彼
    らは私の教師になった。そしてわたしは、そのことのためだけでも、
    善良でまっすぐに生活していなくてはならないことを知った。

    真実(サッティヤ)は愛を包含する。そして堅持(アグラハ)は力
    を生む。したがって、力の同義語として役立つ。こうしてわたしは、
    インド人の運動を「サッティヤーグラハ」、すなわち、真実と愛、
    あるいは非暴力から生まれる力、と呼び始めた。

    わたしの共働者とわたしは、拭き掃除や便所掃除そのほか、そうい
    ったことを少しも苦にせずに行なった。その結果、人々もまた、そ
    れを熱心にやるようになった。このような細かい心づかいをしてい
    ないで、他人に命令をくだしても、うまくいかないのである。みん
    なが自分が大将気取りになって、他人をあごで使っていては、結局
    なんにも行なわれないことになってしまう。ところが、指導者自身
    が召使いになっているところでは、指導権をねらう競争相手もいな
    くなってしまうのである。

    普遍的な、そしてすべてに内在する真実の精神に直面するためには、
    人は最も微々たる創造物をも、同一のものとして愛することが可能
    でなければならない。しかも、それを追求する人は、あらゆる生活
    の分野から離れていてはならないのである。

    あらゆる生命を持つものを同一視することは、自己浄化なしには不
    可能である。(中略)しかし、自己浄化の道は困難で、かつ険しい。
    完全な純潔を達成するためには、人は思想において、言葉において、
    行為において、絶対に喜怒哀楽の情から解放されていなくてはなら
    ない。愛と憎悪、愛着と嫌悪の相反する流れから、超越していなく
    てはならない。それを目ざして、わたしはつねに間断なく努力して
    いるにもかかわらず、まだこの三重の純潔にいたっていない。だか
    ら、世界から賞賛されても、わたしの心は動かない。かえって、わ
    たしを苦しませることさえしばしばある。

    経験と実験とはわたしを励まし、そして大きな喜びを与えてくれた。
    しかし、わたしの前には、なお、登るに困難な道がある。
    私自身を無に帰せしめなければならない。人は、自由意志から、自
    分を同胞の最後の列に置くようにならないかぎり、救いはない。非
    殺生は謙譲の極限である。

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    ●[2]編集後記

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    昭和44年生まれですから、今年は本厄です。初詣がてら、お祓いを
    してもらいました。

    おみくじを引いたら、小吉。悪くはないですが、「水に映る月が手
    に入らないように、手に入れようともがいても、手に入らないよ」
    みたいな意味深なことが書いてありました。「願い事」は「かなわ
    ず」。謙虚に、一歩身を引いて、控え目に生きよ、というのがアド
    バイスでした。

    悔しいので、昨日、別の神社に行ったついでに、もう一度、おみく
    じを引いたところ、また小吉。あろうことか、文面まで一緒です。

    これまでおみくじは何度も引きましたが、続けて二回同じものを引
    いたのは初めてです。おみくじなんて所詮遊びだと思っていますが、
    こうなると俄然、信憑性が高まります。

    元旦、妻が作ってくれたお節を食べながら、「一年の計は?」と聞
    かれました。思わず出てきた言葉が「飛躍」。妻には、「抽象的だ」
    と笑われました。そういう妻の目標は「無私」だそうです。元旦か
    ら読み始めたガンジーとシンクロしました。飛躍したかったら無私
    になれ。そう神様に言われた気がしました。おみくじの助言も謙虚
    で控え目にですから、ガンジーを読むことで始まった今年は、やは
    り「無私」がテーマのようです。

    2日の夜は、料理をしていて、思いのほか深くざっくりと指を切っ
    てしまいました。爪が盾になってくれたからいいものの、爪のない
    ところだったらと思うと、ぞっとします。調子に乗って、雑念が入
    った矢先の事故でした。無心であることを忘れるとこうなるのです。

    やはり厄年なだけあるなぁと身に沁みた正月休みでした。今年は無
    私と無心をテーマに、慎重に、でも、着実に一歩一歩進んでいきた
    いものです。

    本年もどうぞよろしくお願いいたします。

  •  以前、お手軽な『ガンディー魂の言葉』という本を読んで、一度、ガンジーの本も読んでみようと思っていた。

     ガンジーでアマゾンで検索して、自伝が文庫ででていることを知って購入。

     不思議な自伝で、ガンジーの塩の行進とか、第二次世界大戦中の反英活動とかは載っていない。

     子供のときから、政治活動に入るまでの期間の自伝。

    ①自己浄化の道は困難で、かつ険しい。完全な純潔を達成するためには、人は思想において、言葉において、行為において、絶対に喜怒哀楽の情から解放されていなければならない。(p451)

    ②私たちは、道場はアウトカースト制度に賛成していないことを宣言したのだ。こうしたことで、道場を援助しようとした人に、心構えができた。(p335)

    ③教育のある人や金を持っている人が、積極的に貧乏人の状態を受け入れ、三等で旅行し、貧乏人にはない楽しみを持つことをやめ、虐待、非礼、不正義を、しかたがないことだと避けてとおらずに、それらの除去のために闘うこと、そうしないかぎり、改革は不可能であろう。(p321)

     ガンジーは人間らしく悩みながら、不殺生の反英運動を続けていく、その過程がよくわかります。

  • 世の中を変えたけりゃ、まずは自分が変わらなければならない。そこで得た習慣が、人生や人格を形成していくってことか。経験に勝る知識なしってことは、まさにガンジーの生き様だったように思える。
    今の政治家にも読んでもらいたい一冊です。物資が豊かになるにつれ、精神が乏しくなる、悲しいかな。

全29件中 1 - 10件を表示

マハトマ・ガンジーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
サン=テグジュペ...
フランツ・カフカ
マルクスアウレー...
デール カーネギ...
遠藤 周作
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)を本棚に「積読」で登録しているひと

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)の作品紹介

真実と非暴力を信奉しつづけ、インド独立運動の精神的指導者として、民衆から聖人と慕われたその偉大な生涯。インド古来の思想を再生し、人間の品位と威厳を示した生きざまが、新たな感動をよぶ。ガンジー自身の筆による自伝的著作には『自叙伝』と『南アフリカにおける非服従運動』の二作がある。彼の死後、ガンジー著作編集委員会は一冊で完結した自伝の必要性を認め、二著作を再編集した新たな『自叙伝』を刊行した。本書はその英語版の全訳である。

ガンジー自伝 (中公文庫BIBLIO20世紀)の文庫

ツイートする