プチ哲学 (中公文庫)

  • 2127人登録
  • 3.71評価
    • (270)
    • (272)
    • (500)
    • (30)
    • (9)
  • 335レビュー
著者 : 佐藤雅彦
  • 中央公論新社 (2004年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (154ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122043442

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安野 モヨコ
佐藤 雅彦
ジェームス W....
佐藤 雅彦
慶応義塾大学佐藤...
よしもと ばなな
奥田 英朗
村上 春樹
吉本 ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印

プチ哲学 (中公文庫)の感想・レビュー・書評

  • かわいい綴り換えの章、すごくいいっ!特にオリーブ好きにとってはキュンとしてしまう。

    佐藤雅彦のプチ哲学的日々もとても興味深く読ませていただきました。中でも《印象ということ》なんて特に。
    インショウ=impression=im+press かぁ…。なるほど。

    ふむふむ、なるほどなぁーの連続。
    日常生活の中で、ちょっとしたことに目を向けて考えるってことの面白さを教えていただきました。
    佐藤雅彦さんのおっしゃる『!』の生まれる瞬間に出会えたらうれしい。そしてそれを誰かと共有できたらもっとうれしいだろうなー。

    小難しい言葉を知らなくても自分なりの法則とかできちゃったらうれしいかも。

    ちょっとした発見こそがヨロコビだっ!

  • 憧れの佐藤さんの哲学が書かれているとあって
    購入してから度々読み返しています。
    本質的なことがさらりと綴られているので
    項目ごとに自分の中で改めて考えながら読んでます。

    とはいえ、こんな豊かな考えも方も感性も
    まだまだ身に付いてはいませんが、
    読む度にちょっとだけ世界が楽しくなる本です。

    考えれば深い事柄を
    こんなにかわいく、ほっこりした表現に落としこむなんて。。。
    やっぱり脱帽です。

  • 哲学書というと小難しいイメージがありますが、この本は「プチ哲学」というタイトル通り、イラストを使って分かりやすく哲学について書かれています。
    そのイラストの主役というのが、鳥だったり、魚だったり、冷蔵庫だったりで可愛い。

    ひとつ紹介すると、「ケロちゃん危機一髪」というタイトルで、
    右側のページに2匹のカエルがいて、1匹のカエルがもう1匹のカエルをドシンと池に押している。
    「あっあぶない」と見ている池の魚たち。
    それだけ見ると、イジワルなカエルだな~と思うけど・・・。
    左側のページはその情景の枠組みをもっと大きくしていて、実は側の木から大きなリンゴがカエルのいる所に落下している。
    つまり、そのリンゴに当たらないようにカエルはもう1匹を池に押しているんだと分かります。
    そしてその後の著者の解説で、
    『私たちは、ある枠の中でものごとを見ています。例えば、この漫画の右頁では、乱暴者のカエルが、ケロちゃんを池につき落とそうとしていますが、左頁を見ると、彼は落下するリンゴからケロちゃんを救おうとしています。このように、見る枠組みを変えると、同じ行為でも逆の意味さえもってしまいます。私たちがものを見ている時には、必ずある枠組みからものを見ているということを知っていなくてはなりません』
    と書かれてあります。
    こんな風な31のプチ哲学が紹介された本で、文庫本だし手軽に楽しめる事ができます。

    所で、本の扉に著者の写真があり、「この人、どっかで見た事あるな~」と思ったら、「バザールでござーる」のCMを作った人でした。
    当時、センスがよくて、可愛いCMだな~と思っていたので作った人も覚えてました。
    世間の風潮や流行に敏感な人で、メディアプランナーという仕事を通してもそれが身についているのだろうと思います。
    そんな鋭い目線と感性で、日々の何気ないことに気づき、それを哲学として楽しんでる。
    そんなことが伝わってきました。

  • 文章量も少なく、イラストが多めですぐに読み終わってしまいますが、中身は濃いです。
    忘れがちだったり、少し変わった物の見方をシンプルに教えてくれます。

  • ものの見方が、少しだけ変わって、
    ふっと、少しだけ、楽になる。

    あぁ、このように自分の置かれている状況も、楽になったらいいのにと、思ってしまいました。


    疲れているのでしょうなぁ。


    今、目の前に父がごろんと横になり、頭を触りながら、延々テレビを見ている。ぼそぼそ、ざわざわと、延々髪を触りながら、テレビを見続ける。

    髪を触る癖は、過度なストレスや愛情不足だとか、そういうのが原因であるらしい。


    およそ、過度なストレスを与えているのは私なんだろう。

    「いったいなぜ、退職してから4年間、何もせず毎日テレビを見続け、家にいないと思えば遊びに出かけ、夜遅くまでテレビを見、朝昼前まで寝続けることができるのか。」

    私にはわからない。

    そのくせ、他人に何か出来事が起こると(それはマイナスの出来事が多い)、嬉々として「自分の出番だ」とばかりに首を突っ込む。


    私にはそれが分からないし、信じられないくらいイライラする。

    そのイライラが、彼にストレスを与えてるんじゃないかと思う。

    そして愛情不足。


    わたしはこの「愛情不足の人間」に育てられ(育児なんかに関わってこなかったが。)「誰かの愛し方」なんてよくわからぬまま、その人間に「愛してくれ」とばかりに要求をされる(気になることがよくある。)。


    わたしは、「誰かを愛する。」とか、よくわからないのだけど、それ様の行動を求められて、実行するときにできるのは、「母の行動をまねる」ことくらいだ。


    大切だと思う誰かに対し、その人が喜ぶことは何かと考えてしてあげる。「してあげる」のはちょっと違う。したいと思うから、する。

    でも、うけとるのが苦手で。
    誰かに何かを求めるとか、何かをしてもらうということが、あまりうまくないし、ありがたいというより、「申し訳ない」としか思えない。


    結婚したいとか、そういう気持ちがないわけではないけれど、

    こんな人間といても、辛いだけだろうというのが、よくわかる。

    今目の前に横たわる人間が、私に与えるストレスを、

    私もその人に、与えるのだろう。

    そんなこと、させられないよと思うと、

    私は一人で生きていくのだろうと、思ってしまう。


    どうかこの、悪しき循環を断ち切る、プチ哲学がほしいと、願うのですが、

    自分で何とかしなくちゃ、どうにもならないようなので、


    私は今日も頭をめぐらす。

  • 佐藤さんの本にはいつも驚きと発見があります。
    僕の中の「現代の考える人」の一人です。

  • 古本屋で100円で売ってると、必ず買ってしまう本。他の人に薦めるより、自分の中で大切にしたい本。

  • もっと早く出会いたかった。日常でも目線を変えて見てみようと思うきっかけになった。私に子供ができたら読ませたい。わかりやすくてためになる。

  • 頭が凝り固まってきたな、という時に読む本。

    仕事の帰りにもう文字は読みたくないなと思っていても、

    このミニコラムはスッと心の中にはいってきて、可愛い絵に癒されます。

    視点を変えてみると違って見える風景、

    立場によってかわる考え・・・

    ちょっとだけ前向きになれます。

  • 佐藤雅彦氏というメディア・クリエイターの発想の源を知りたくて手に取った一冊。
    日常に寄り添った小さなヒントがお馴染みのイラストと共に記されている。

    “プチ哲学”とは、小難しく考えるのではなく、ささやかな物事を多角的により面白く見て考えること。
    メッセージを整理してシンプルに発信するというのがクリエイターの仕事であるとすれば、佐藤氏の特徴は、最大限にほどいた視点と方法で行っているその表現力にあるのかもしれないと感じた。

    Eテレ2355でシンガーソングライター・笹倉慎介が唄った「2匹の小魚」の原案も収録。
    あの唄に「自分の中に不変の価値を持つ」というメッセージがあったことを、今回この本を読んで発見することができた。

  • 読みながらいままでの経験のいろんなことと頭の中で結びついて、なるほどとおもうことから、自分が言葉にせずとも大切にしようと思っている考え方などが書かれていた。
    ふとした瞬間になにげな〜く手に取って、これからも何度も読もうと思う。

    ---佐藤雅彦さん(コピペ)

    昔、電通でポリンキーとかバザールでござーるとかカローラⅡとか90年代前半のあらゆる人気CMを手掛けた伝説のCMマン。
    その後、独立してソニーにパズルゲームの企画を持ち込む。
    即採用されて発売されたパズルゲーム「IQ」はシリーズ4作累計150万本を記録。

    その後、また独立してNHKに歌の企画を「一曲だけ」持ち込む。
    その一曲こそ、作詞からアニメーションまで全て一人で手掛けた「だんご三兄弟」。
    CD売上300万枚を記録する社会現象になる。
    その後、NHK教育番組ピタゴラスイッチを手掛ける傍ら、慶応大学教授に。現在に至る。

  • NHKの“お母さんといっしょ!”からブレークしたヒット曲「だんご三兄弟」の詞とアニメの作者として一躍有名になった、元電通のカリスマクリエーターの佐藤雅彦氏が描いた、ちょっと不思議な本です。

    佐藤さんは、慶応大学で教鞭を執り、自分の研究室を作ってしまったり、NHK教育テレビでは「ピタゴラスイッチ」をトータルプロデュースするなど、意欲的に創作活動を展開していらっしゃいます。

    その佐藤さんが、日常の何気ない出来事を切り取り、着想のやわらかさで、“物事を違う視点から見ることの楽しさ、面白さ”を教えてくれるのが、本書です。

    ひよこは誕生する前に、卵の中で、「外に出るにはどうしたらいいか」の説明書を読んでいる、とか、辞書が、自分とは何かの定義に悩み、自分の辞書を引く、というような、ほんのり笑えて、少し考えさせるエピソードがちりばめられています。

    佐藤さん得意のイラストと柔らかなポエティックな文章で、あっという間に読めてしまう本ですが、なんか、何度も読み返してみたくなる「するめ」的な面白さ、気付きの豊かさを併せ持っている、意外に深い本だと思います。

    まぁ、そこいらへんが、タイトルの「プチ哲学」なんでしょうね。

    昔からそうでしたが、佐藤雅彦という人の、「知的な遊び」というジャンルにおける存在感は、ちょっと抜きん出ている気がします。

    というか、他にこういう人いるんだろうか、って感じ。もしかして、オンリーワンなのかも。

    かなり憧れてしまいます。ワタシにとっての目標というか、理想の人かも知れません。

  • 絵本です。
    楽しんで読めます。

    ものごとを、違った側面から見てみると、
    いろいろなことが見えてくる。

    普段の思考が、
    いかに常識にとらわれているかを、
    気づかせてくれます。

    絵本なので、
    あっという間に読み終わってしまいますが、
    少ない文字の中から考えさせられる事は多いです。

  • 佐藤雅彦さんのイラスト入りの人生のルール本。そして私のバイブル。生きるための良いヒントになりそう!!「プッチンプリンの法則」が個人的に好き。確かに、ちょっと哲学することが楽しく感じそう。

  • 10分くらいで読める本です。飛行機乗る前に買いましたが離陸するまえに読み終わりました。 ちょっとだけ深く考えてみる―それがプチ哲学。書き下ろし「プチ哲学的日々」を加えた決定版。考えることは楽しいと思える、題名も形も小さな小さな一冊。 かわいらしい、ほのぼのする一冊。

  • “「考えることって,たのしいかも」まさにこのことを教えてくれるのが本書である.
    シンプルでかわいいイラストと,そこに添えられている文章に読めば読むほどはっとさせられる.読むたびに解釈が深まり,新たな発見が得られるそんな本である.日常生活を新たな視点で見てみよう,物事の見方を変えてみよう,考え方を広げてみようと思える.
    感性の研究のみならず,「研究」というものを進めて行く上で必要な物事の捉え方や柔軟な思考をつくるためにもおすすめしたい.”

    書籍紹介しなきゃならなかったので勝手に私の大好きなプチ哲学を偉そうにも紹介しちゃいました.
    何度読んでもあきない.

  • 笑われてもいい。
    感動した。

    生憎あたしは全くと言っていいほど哲学的な女じゃないが。
    だからこそ、紹介されてる小さなお話に感動した。
    この小さなお話たちを分析するなんて哀しいから、
    あたしはこのお話に出てくるみんなを愛するわ。

  • ----------------------------------------------
    ▼ 100文字感想 ▼ 
    ----------------------------------------------
    物事をわかりやく伝えることにおいてこの人の右に出る
    ものはいないだろう。広告を志して最も影響を受けた人
    の一人。私の広告思考のベースになっている。とにかく
    考えることって、たのしかもと思えるような、そんな一冊。


    ----------------------------------------------
    ▼ 5つの共感ポイント ▼ 
    ----------------------------------------------

    ■私たちがものを見ている時には、必ずある枠組みか
     らものを見ているということを知っていなければいけ
     ません

    ■最終結果(自分がどうしたいか)がはっきりイメージ
     できているとそこから逆算して、スタートの時点で何
     をしておけばいいのかがおのずとわかってきます。
     これを「プッチンプリンの法則」と呼んでいます

    ■同じ情報でも受け手の状態が違うと全く逆の価値を
     持つことさえあります

    ■最終的な「結果」が目的なのではなく、好きな人と
     一生過ごす過程や、念願のバナナをムシャムシャ
     思いっきり食べる、その過程が目的であったという
     ことです

    ■情報のやりとりをするときは、ただ一方的に送るの
     ではなく、まず「今から情報を送りますよ」といった
     合図が必要です

  • 軽い感じで読むことが出来る。超入門書のような感じ。物事の考え方を広げてくれる。見方の角度、思考や考察の角度を変えてくれる。
    他にある哲学書も読んでみたいと思った。

  • 「ちょっとだけ深く考えてみるーーーそれが、プチ哲学」

    巻頭に記されているように、日常で出会うさまざまな現象に対して、「ちょっとだけ深く考えてみる」面白さをするりと伝える一冊。一応、哲学入門書のようです。絵本といってもよいかもしれません。

    本書では日常を可愛いイラストとシンプルなことばで切り取って、「ちょっとだけ前向き」な世界へのヒントを示してくれています。

    個人的に一番気に入ったのは、この本の「余白」です。
    イラストも、文章も、書き込みすぎない。伝えたいことをシンプルに伝えるための余白がふんだんに使われています。
    そのおかげで本書は読み手の状態によって伝わってくるメッセージが変わる、リトマス紙のような働きをしてくれるように感じます。
    「ああ今日の自分はこのことばが染みるなあ」とか。何度読んでもじんわりと染み入る面白さがあります。

    あっという間に読めるので、日々のじぶん試験紙として、ぜひ手に取ってみてください。そして結果をお聞かせください。

    ちなみに、初読の今回は「想像力」についてが一番響きました。
    その理由は、丁度友人と加齢に伴うイマジネーションの喪失について危機感を覚えていて、イマジネーション回復の旅に出ようと心に決めていたから、だったりします。
    想像力はまさに余白が必要ですよね。スマホやら読書やらでせっせと余白を埋める日常を送ってしまっている自分に改めて気付かされました。そりゃあ想像力も欠如しましょう。

    (「余白」が気に入ったはずなのに、早速余白の欠片もないだらだらとしたレビューを書いてしまった。冗長も好きなんだよなあ。)

  • NHK教育『ピタゴラスイッチ』の監修者?考案者?佐藤氏による著書。
    4~5年振りの再読。

    ・短い文と、可愛いイラストによる手軽な読み物。
    ・哲学への序章、入門書的な本。
    ・偶発の出逢い、予想外の発見『serendipity』
    ・いろいろな事象に、まず思考を巡らせて、次に考察して、そしてアウトプットすることが大事。
    ・心は常にフラットに!

  • あっさりとでも気づかせてくれる本。わかりやすいので、さらっと読めるのでグット。読み返したくなる本です。

  • 349

    2016年では129冊

  • ちょっとだけ深く考えてみるーそれが、プチ哲学
    ピタゴラスイッチ的イラストを織り交ぜながらゆるゆるな内容でたまにはこういうのもいいと思う。

  • ちょっとだけ立ち止まって、視点を変えてみる。
    もしかしたら違う何かが見えてくるかも、と思わせてくれる本です。
    イラストもかわいい。

全335件中 1 - 25件を表示

プチ哲学 (中公文庫)に関連するまとめ

プチ哲学 (中公文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プチ哲学 (中公文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プチ哲学 (中公文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

プチ哲学 (中公文庫)の作品紹介

ちょっとだけ深く考えてみる。それがプチ哲学。

プチ哲学 (中公文庫)の単行本

ツイートする